掟上今日子の忍法帖のネタバレ解説!ホワイトバーチ再登場で阿良々木暦と同一人物確定!?

       

Last Updated on 2024年7月7日

目次

掟上今日子の鑑札票とは?もうあの頃には戻れないだろ常識的に考えて…

これまでと違う点…。
いきなり海外である。それもニューヨーク。
かつておフランスに行ったことはあるが、あれは旅行である。
拠点が移ってる…!!

まあ前回爆破されて木っ端微塵になってしまったのです。
掟上今日子の鑑札票で、今日子さんの過去が戦争を失くそうとした国家的にヤベーやつだったことが明らかになり、
そのときの教え子というか、影武者に日本の住居を崩壊させられてしまった…。

掟上今日子の色見本で発見された2億円の財産も、警備員の親切守もぶっとんでしまったのでしょうか?
親切守は生きててほしいですが、2億円はもう諦めた方がいい。

今回は「リバルディ警部」、「キャステイズ警部補」という2人の新キャラが出てきます。
「キャステイズ警部補」が語り手ですね。
「キャステイズ警部補」が上司と名探偵に振り回されすぎてて可愛そうです。

そんな掟上今日子の鑑札票以前の展開が、ニューヨークで行われるだけかと思いきや、あの「ホワイトバーチ」やら日本からアメリカにハイジャックの冤罪をぶっこんで来た「隠館厄介」も出てきます。
そして、あのイカれた女「ホワイトホース」の影もチラつく。

つまり、もう以前の忘却探偵シリーズには戻れない。
ホワイトと名がつく人間が出てくると、もう掟上今日子が探偵してるだけの話には戻れないのである。
本人がのほほんとしてる間に、掟上今日子は過去に追われることになったのである。

多分、掟上今日子の設計図までが1部で、掟上今日子の鑑札票からが真実に迫る2部って感じなんでしょうか?

『忘却探偵シリーズ』をお得に読むならebook japanがおすすめです!

初回ログインクーポンを使えば、70%割引され、掟上今日子の忍法帖が1650円のところが495円になります。6回まで使えて1回2000円分までが割引されるので、10冊以上買えちゃいます。

ebook japanの詳細は下記の記事にまとめてます。

ebookjapanの詳細!新規登録手順!

ebookjapanの公式サイト

掟上今日子の手裏剣のあらすじネタバレ感想!ホワイトバーチ再登場!

発端は、セントラルパークで殺人事件が起きたこと。
新キャラのニューヨーク市警の「リバルディ警部」、「キャステイズ警部補」は謎の凶器に困惑していたのである。
それはジャパニーズ「SHINOBI」の暗器である「手裏剣」であった。

揚げ足を取ることに定評のあるリバルディ警部は、これは…暗殺集団「SHINOBI」の武器!
ジャパニーズによる犯行に違いないと推測したのである。
めんどくさい上司に日々頭を悩まされるキャステイズ警部補は、これは国際問題になるかもしれない…とさらに頭を悩まされるしか無い。

そんな中、容疑者第一候補として、毎日のようにセントラルパーク内に出没する白髪で眼鏡の若い女性があげられたのである。
どっかで聞いたことあるが、彼女は日本にいるはずなのでニューヨークにいるはずが…。
いたーッ!
掟上今日子の裏表紙以来の容疑者候補にあげられたのは掟上今日子であった。

だが、キョウコ・オキテガミの話だと、そもそもおめーらは「SHINOBI」が現在もいるというその認識が間違っていると指摘されてしまう。
日本人が「全米が泣いた」に弱いような国際的なギャップが存在する。
日本人が容疑者とかいうが、そもそも手裏剣なんて大体の現在の日本人は使用できないのである。ほとんどの人は本物を見たこともないだろう。

とんぼ返りするしかない2人。
しかし、ニューヨーク市警の前に予期せぬ来訪者が…。
なぜFBIが?やはり手裏剣は国際問題なのか?

しかし、そのFBIは殺人事件なんてどうでもよかったのである。
「リバルディ警部」と「キャステイズ警部補」が掟上今日子と接触したことについて、聞きたいことがあったのである。
前回から引き続きの出演である。
「ホワイト・バーチ」こそが、掟上今日子をニューヨークのボロいアパートに放り込んだその人であった。

掟上今日子推理を外す

「ホワイト・バーチ」によると、不法滞在してる白髪の名探偵はFBIに証人保護プログラムもどきをされていた。
なんかよくわかんないけど、掟上今日子は名探偵すぎて日本の拠点のビルディングが爆破されたらしい。
名探偵として有能すぎたからビルが爆破されたですませていいのか。

そして、路頭に迷うことになった名探偵をニューヨークに連れてきて、FBIや軍部の監視を受けながら探偵業を非合法に営んで暮らしているのである。
なお、日本では顧客がいっぱいいたキョウコ・オキテガミは、日々散歩して本読む隠居みたいな暮らしをしていたのである。
そして、ホワイトバーチは立ち上がる。
名探偵に職を与えろ!

というわけで、手裏剣事件の協力者として掟上今日子さんが続投!
なお、当然有料である。

ホワイトバーチによると、掟上今日子の推理は「網羅推理」となる。
この推理がキャステイズ警部補を非常に悩ませることになる。
最近は大体一発で推理を見事的中させていた掟上今日子だが、あらゆる思い付きを片っ端から実験して、実行可能か調べていく手法は当然はずれを引くこともあるのだ。

この掟上今日子の忍法帖では基本外してから、別の日の今日子さんが正解を引き当てる流れである。
一回目の推理で、凧に捕まって寝てる犯人に上から手裏剣を落とす的な推理をした今日子さんに対して、別の日の今日子さんが、そんなわけないやろワロタァ!とか言い出す感じである。
これはキャステイズ警部補はキレていい。

死体現場の近くの池の中からの攻撃したんじゃねと推理した今日子さんだったが…。
実はもっとことは単純であった。
果たして本当のトリックは…?

掟上今日子の兵糧丸のあらすじネタバレ感想!ニューヨークで餓死!?

ニューヨークで餓死。
これほど似つかわしくない死亡動機が、ブロードウェイで発生する。
しかも、死亡したのはダンサーがステージ上でダンスしている最中であった。

なお、ダンサーはまだ下摘みである。
スターを目指して無理なダイエットをしたことが餓死の原因だったのだろうと結論付けられそうになる。
だが、何故か謎の「成分不明」の何かを飲み込んでいたことが判明する。
さらに、ステージ上以外では実は過去に3人餓死していた。

そして被害者たちに共通して残されていた「HYOROGAN」という単語。
手裏剣の次は「兵糧丸」である。
つまり、餓死ではなく「毒殺」なのではないか?

そのマニアックなSHINOBIの持ち物はなんなのか?
再び日本語が詳しい今日子さんに依頼する、「リバルディ警部」と「キャステイズ警部補」だったが…。

またまた網羅推理が「キャステイズ警部補」に襲いかかる。
ブロードウェイを案内させられた上に、被害者の口座を見ればわかるとのことであった。
なんか怪しい兵糧丸を定期的に買ってるなら支出があるはず…!

だが、ないのである。
しかし、「リバルディ警部」はKYOKOsanは「治験」と言っていたことを思い出す。
治験はバイトじゃないですか。
じゃあ逆に収入として振り込まれている…!?

確かに振り込まれているのだが、金額がバラバラ!
そして、これは日本円で収入が得られており、それをドルにしていたからタイミングによって振込額がバラバラだった。
つまり、日本人の今日子さんが再び容疑者に挙げられる形になるな…。

そして、この兵糧丸を特定するには!
忘却探偵の特殊能力と、イカれた行動力がすべてを解き明かすのである。
掟上今日子は現物の兵糧丸がアレば全てが明らかになると言っていた。
無毒性を確かめるため、彼女はその兵糧丸を飲み込んでしまい…?

つまり、兵糧丸を飲み1時間爆睡すれば、そんなことを忘れた今日子さんが誕生する。
もし、何も食べたくなくなるようなダイエットサプリならこの後ホットケーキを食べに行くなんて展開にはならないのであった。

冤罪王がアメリカにやってくる!ホワイトバーチが語るキングの恐怖!

一連の事件を聞いたホワイトバーチは、これはまずい傾向であると判断する。
危険を顧みないその感じはまずいらしい。
掟上今日子は世界的危険人物だったが、今死んでもらうのは困るのだ。

そして、「キャステイズ警部補」はまた掟上今日子と関わるだろうと真顔で予言する。

日本からあの男が来たのである。
ホワイトバーチほどのFBIを真顔にするキングがやってくる…。
冤罪王は飛行機をハイジャックする(冤罪)でやってきたのである。

あの掟上今日子を日本から追放した男が…!!

隠館厄介はそんなラスボスみたいなやつに一体いつなったんだ…。

掟上今日子の不忘術のあらすじネタバレ感想!掟上今日子、また容疑者に

掟上今日子はニューヨークに不法滞在している。
そのはずだった。
何故かナイアガラの滝で彼女が発見された!?

しかもそこで死亡した女性がおり、その容疑者として掟上今日子さんがあがっている。
なんでニューヨークからカナダとアメリカの国境まで足を運ばなければならないのか。
どうやら掟上今日子は死んでいた女性のに蘇生術を施していたらしい。
なんで蘇生させようとしたのにヒーローじゃなくて殺人の容疑者やねんとご立腹である。

異常なのは死んでいた女性の左腕に無数の傷痕があることである。
だが、白髪の名探偵はこれを「FUBO」と判断する。
「不忘術」は傷をつけておくことで、その傷と一緒に忘れないように脳裏に焼き付ける備忘録。
今日子さんとどこか通じるものがある。
なお、NARUTOをジャンプで読んでた僕でも「不忘術」なんて知りませんでした。

だが、この推理は大外れだった。
そのきっかけは、またもやホワイトバーチから依頼されて「あのキング」に会いに行ったことであった。
ついに冤罪王がアメリカの地に姿を現したのである…!

冤罪王の語るホワイトホースの恐怖と掟上今日子の敗北

なんでキャステイズ警部補がこんな目に…。
犯罪王だか冤罪王だかしらないが、絶対やばいやつである。
ほらやっぱり…!日本人らしくないどころかアメリカ人よりもデカい…オワタ!!

しかしこの冤罪王。開口一番にこれである。

「探偵を呼ばせてくださいませ」

英語が怪しい。
ホワイトバーチの事前情報によると、数々のありとあらゆる犯罪を探偵を呼ぶことで冤罪に塗りつぶした男…!
それが冤罪王なのだ!!

しかも、ホワイトホースが今日子さんのビルを破壊したとかわけのわからないことを言ってるではないか。
どうやら今日子さんはかつて教師であり、その生徒が元の職場に戻そうと大暴れしてるらしい。
彼女を崇拝している人物はみんなホワイトを名乗るとか言っている。

じゃあ厄介もホワイトつけたらいいじゃんと提案したら、ホワイトハイエナを名乗ることにしたのである。
果たして真犯人は厄介の言う通りホワイトホースなのか!?

実は今日子さんの推理は外れており…。
ホワイトホースが犯人のほうがまだ近かった。

掟上今日子はナイアガラに着く前にスヤスヤしていた。
つまり、被害者は依頼者だったのではないか?
記憶を失った今日子さんは依頼者を忘れてるので会えるわけ無いじゃん。

しかし、それは「リバルディ警部」が珍しく名推理をした。
意外ッ!それは包帯!
今日子さんはずっと包帯をしており、それが依頼者へのメッセージだったのではないか。

その何も書かれていない、今日子さんの肌にも書かれていない包帯は…。
被害者の傷だらけの腕につけることで恐ろしい新事実が発覚する。

だが、掟上今日子はそんなメッセージにまったく興味を示さないのであった。
そんなことよりも推理で出し抜かれた今日子さんは、アメリカ滞在を勝つまで決意するのだった。
負けず嫌いだった。
敗北を認めない!敗北を知りたい!

隠館厄介が登場を増すごとに怪異どころかスタンド使いも超越してる…。

掟上今日子の忍法帖から見るホワイト・バーチが阿良々木暦である疑惑!

前巻の掟上今日子の鑑札票に引き続きあの男、再びッ!!
疑惑の男、ホワイトバーチがまた出てきた。
今回は前回以上に阿良々木暦じゃんこれというセリフを残して行ったのである。

っていうか掟上今日子と違って、自ら阿良々木暦っぽい情報をすごく残してくれる。

あのセリフをほぼそのまんま言うなんて…これもう確定だろ。
むしろ、これで阿良々木暦じゃないほうがおかしくなってきた。
絶対に何でもはしらないけど、そのセリフを知ってるだけだったよね?

ホワイトバーチの目の色は金眼

素顔が見えると、益々若い――童顔と言ってもいい。
ただ、驚いたのは、そのベビーフェイスよりも、髪と同じ金色の瞳だった――
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 キャステイズ警部補 p47】

つばさスリーピングでは、囮物語とかいうラスボスのせいで阿良々木暦は吸血鬼に近くなっていた。
その影響で、傷物語で阿良々木暦(吸血鬼の姿)に治療してもらった羽川翼は金髪、金眼の吸血鬼状態になったことがある。

そして戦物語では、妻の会社が恐慌の影響を受けた際に、何か禁じ手を使ったらしい。
この時点の阿良々木暦の禁じ手というと、吸血鬼化である。
吸血鬼化したら臥煙さんやら影縫さんやらにぶっ殺されかねない。

その状況でアイツやったんじゃないかと掟上今日子の鑑札票でも書いた。
ブロンドの髪の話でかきましたが、金眼もこれが原因なのでは?

少なくとも金眼なんて聞いたこと無い。
忍野忍かキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード、もしくはエピソードみたいな吸血鬼に関わる者のみが金眼なのである。

ホワイトバーチは掟上今日子に接近禁止命令が出てる。阿良々木暦は羽川翼に接近禁止命令が出てる

私は接近禁止命令が出てるからね
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p50】

ホワイト・バーチが掟上今日子に会ったらどうなるんだろう。
掟上今日子は17歳まで記憶が巻き戻るらしい(掟上今日子の婚姻届にて書かれてる)
17歳といえば、傷物語~は18歳のはずなので、阿良々木暦と仲良くなる前まで記憶が戻るってことですかね。

じゃあ別に会ってもいいんじゃないの?
そう思われるが、実は結物語で阿良々木暦はツバサ・ハネカワに接触禁止命令が出ている。
まあ、結物語でハネカワに会ってたけど、あれは向こうが勝手に来たし、影武者という答えを阿良々木くんが出したのでセーフ。

というわけで、結物語から今現在も接触禁止命令が出ているのかもしれない。
なんでも知ってるお姉さんを怒らせるとFBIでも殺されかねないのである。
そうなると掟上今日子=羽川翼説の信憑性がまた上がってしまうのである。

ホワイトバーチはキョウコ・オキテガミの専門家

あくまで私は、キョウコ・オキテガミの専門家というだけだ
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p52】

もうセリフがストーカーで、きもいんだが、ホワイトバーチはキョウコ・オキテガミの専門家らしい。
隠館厄介と同じことを言っている。
掟上今日子の専門家度合いで言えばストーカーの隠館厄介のほうが上な気がする。

でももし、羽川翼の専門家という意味合いで言えば、羽川翼の家庭環境まで知っていて、そのヤバさも怪異も知っていて、恩人で告白を断っていて、おっぱいまで揉んでる阿良々木暦が専門家にふさわしいかと思う。ストーカーよりやべえ。

あと専門家って単語は物語シリーズでめちゃくちゃ出てくる。
余物語だと、怪異の専門家は駄目な大人扱いしてるが、最後の方では臥煙伊豆湖さんのこととか「これが大人かぁ」みたいに感心してた。
その余物語の羽川翼のセリフは以下である。

「私は阿良々木くんを助ける専門家だよ?」
僕を助ける専門家って……、とんだ専門職もあったもんだ。
(引用元:西尾維新著(講談社))【余物語 羽川翼&阿良々木暦】

このことを覚えていた阿良々木暦が、今度は俺の番だと逆に専門家を名乗ってるのかもしれない。

ホワイトバーチの笑い方が「かかっ」で忍野忍と同じ

もう私からのメッセージなど必要ないということかな。かかっ
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p52】

メッセージというのは、掟上今日子の備忘録で明らかになった、掟上ビルディングの寝室の天井の文字だろう。

お前は今日から掟上今日子。探偵として生きていく

これを背が低いのに、日本語がわかるのが自分だけだったから書いたのがホワイトバーチである。(掟上今日子の鑑札票にて判明)
そのビルはホワイトホースに木っ端微塵に爆破されたので、もう存在しない。
でも、そのメッセージがなくても元気にお散歩とかしてるので、メッセージなんてもういらないくらいに体験を詰んだと解釈してるのだろう。
記憶と体験は違うとこの本でも語られている。

そんなことよりも、ホワイト・バーチの笑い方である。

「かかっ」というこの特徴的な笑い方をするのは一人しか居ない。
忍野忍である。

この笑い方が移ったのかなんなのかは知らんが、阿良々木暦であるならばこの笑い方をしても違和感はない。
どの物語シリーズか忘れたけど、なんか阿良々木くんもこの笑い方してた記憶がある。記憶違いかもしれない。

ホワイトバーチは妻と幼女に英語を教わった

「私も英語を習得するのは簡単じゃなかった。
妻とヨウジョからレクチャーを受けて、ようやく日常会話ができるようになったくらいだ」
幼女?いや、養女と言ったのか?
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ & キャステイズ警部補p54】

アメリカ人にヨウジョって言うな。
そしてキャステイズ警部補も、幼女を理解するな。

阿良々木暦の妻は戦物語(結物語)で戦場ヶ原ひたぎになった。
そして戦物語で、忍野忍は2人の娘となる。
さらに戦場ヶ原さんは戦物語結物語で、海外勤務していることも明らかになっている。

だからガハラさんは英語がすごい。
ついでに忍も伊達に600年生きてないので英語すごい。
ホワイトバーチが阿良々木暦でも、妻と幼女に教わっても何も違和感がない。

むしろこんな限定的な条件阿良々木暦じゃねーか。
英語のエキスパートにめちゃくちゃ教わって英語が日常会話レベルなのも阿良々木暦っぽい。

ヨウジョが忍を指しているとすると、幼女でも、養女でもどちらでも意味が通るところも阿良々木暦感すごい。
でも、多分幼女のほうの意味で言ってると何故か確信できる。

なんでも答えるが、なんでもは知らないさ。知っていることだけだ

なんでも答えるが、なんでもは知らないさ。知っていることだけだ――
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p56】

なんでもは知らないわよ 知ってることだけ。

これは、羽川翼が阿良々木暦にだけ言う返しである。
八九寺真宵の「噛みました」と同じくらいかそれ以上に使用されている。
物語シリーズ見てる人は絶対に知ってるセリフである。

なんでもは知らないさ。知っていることだけだ

前回似たようなことを隠館厄介が言ってたが、ついにホワイト・バーチの口から似たようなセリフが出てしまった。
明らかに決め台詞で言ってる。キメ顔でそう言ってる。思い入れがすごそうである。

なお、キャステイズ警部補もこの後似たようなこのセリフの改変版を言う。

こちらとしては「なんでもは知りませんよ、知っていることだけです」と答えるしかない。
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 キャステイズ警部補 p167】

やりすぎだわ。
逆に今日子さんが言わないのが、あれは阿良々木暦専用だから言わないとしか思えない。
もうここまでくると羽川翼=掟上今日子で確定にしか思えないが、やりすぎてしまっており、一周回ってミスリードな気すらしてきたわ。
もういっそホワイトバーチと掟上今日子は本当の名前言えよ。言ってるようなもんだろ。モヤるわー。

ホワイトバーチはヨーロッパの古城に住んでいたことがあるらしい

ああ、一時はヨーロッパの古城に住んでいたよ。それは冗談だが、
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p60】

冗談らしいが、阿良々木暦は冗談じゃなく一時的にヨーロッパの古城に住んでいたことがある。
住んでたっていうか、泊まってたという意味合いのほうが強いから冗談扱いなのかもしれない。

物語シリーズの死物語(上)で、忍の唐突な提案でアセロラ城にスーサイドマスターに会いに行ったときのことである。
アセロラ城っていうか死体城に泊まってた。

さらに言うとホワイトバーチのこのセリフはメフィストで2021年秋に書かれている。
死物語(上)は2021年夏に発行されてるのでメタ的にもこのネタはタイムリーなのである。

もっというと死物語はリアルタイムで話題だったコロナが出てくるが、掟上今日子の時系列では、同じタイミングで書かれたこの忍法帖でもコロナのコの字も出てこないのが、死物語よりも未来の時系列である可能性が高い。

ホワイトバーチのワイフはオズの魔法使いに憧れる

私のワイフは、いつかカンザス州に住みたいと言っている。
『オズの魔法使い』が好きなようでね……
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイトバーチ p332】

ホワイトバーチのワイフが戦場ヶ原ひたぎだとして、そんなこと物語シリーズで言ってたかな?
そう思ったのだが、当時私はやってないが当時の上司がめっちゃはまってた。
物語シリーズのぷくぷくとかいうスマホゲーがあった。
今あるのかは知らない。

その2019年のイベントでオズの魔法使いにあこがれてスマホゲーで戦場ヶ原さんがオズの魔法使いそのものになっちゃってるじゃん。

掟上今日子の忍法帖から見る掟上今日子=羽川翼疑惑

当然ホワイトバーチだけじゃなくてそもそもの疑惑の掟上今日子さんも羽川翼疑惑があるので書きます。

掟上今日子は戦争は嫌いだが軍人さんは尊敬する

戦争は嫌いですが、軍人さんは尊敬します
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 掟上今日子 p33】

掟上今日子は戦争が嫌いらしい。
これは過去に戦争をなくそうとした経緯がホワイトホースから語られてるのが要因にあると思われる。

結物語で語られている内容として、23歳になる頃の羽川翼は、革命家「ツバサ・ハネカワ」として世界的に知られていた。
現代のジャンヌ・ダルクとまで言われている。

彼女は、世界中の紛争地域にふらっと現れては片っ端から和平協定を結ばせ、何十本もの国境線を消している。
まるで探偵が殺人事件を掟上今日子の乗車券みたいに、営業に行って解決するように戦争を解決している。
そのため、世界の救世主と呼ばれていたのである。

掟上今日子の虎の尾を踏んだ?いや、猫の尾です

「俺達は、知らず知らずの間に、虎の尾を踏んでしまったようだが――」
「猫の尾をと言ったほうが正確だろうね。もっとも、キョウコ・オキテガミに出すような尻尾はないが」
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 リバルディ警部 & ホワイト・バーチ p55】

リバルディ警部は掟上今日子に関わったせいで、FBIまで出向いてきてしまうカオスな状況を嘆いている。
その際に、この出来事の比喩として、虎の尾を踏むと表現している。
英語にそんなことわざねーだろと思ってしまうが、意味としては「非常に危険な状況やリスクの高い行動に自らを置くことを意味する。」
文字通りに、虎の尾を踏むという行為は非常に危険であり、虎が反応して攻撃する可能性があるためである。

しかし、ホワイトバーチは虎の尾じゃなく「猫の尾」とわざわざ訂正している。
もちろんそんなことわざはジャパンにもない。

これは掟上今日子が猫であると言っているようなものである。
そして猫といえば触り猫に魅入られた羽川翼である。

なお、羽川翼は苛虎という虎の怪異も自ら生み出しているが、阿良々木くんとしてはそこまで苦しめられてない。
阿良々木くんが地獄のGWとして、深く脳裏に刻まれているのはブラック羽川こと、猫の怪異のほうである。
なので、虎よりも猫のほうがやべー認識になっているのかもしれない。(ホワイトバーチが阿良々木暦ならば)

いつまでも散歩と読書に勤しんでいられても困るんだ、地域猫じゃないんだから。
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p59】

なお、別の表現でも猫扱いしている。

掟上今日子はなんでもは知らないわよ。知ってることだけ

どうかな。キョウコ・オキテガミもまた、なんでも知ってるわけではないからね――
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p58】

掟上今日子は名探偵だが、ホワイトバーチは「なんでもは知らない」と注意喚起している。
わざわざ、名探偵でも「知ってることだけ」だぞと、注意喚起したのは何故か?

羽川翼とアホほどこのやり取りをした記憶が蘇って、つい言ってしまったように見える。

掟上今日子は同じ服を二度着ないが、制服は例外である

てっきり同じ服を二度と着用しない主義なのかと思っていたが、どうやら『制服』は例外らしい
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 キャステイズ警部補 p138】

同じ服を二度着ないという掟上今日子はアメリカンSTYLEでも健在である。
しかし、これまでにない情報が出てきた。
「制服」は例外らしい。

掟上今日子の設計図では、昔私服を持ってなかったので、今それが爆発してるようなことを言っていた。
ゲームを子供の頃禁止されてたせいで、おとなになってゲームしまくる現象と一緒である。

もし、掟上今日子が羽川翼だと、彼女は直江津高校の制服が私服状態になっていた。
そして、17歳までの記憶はあるっぽい。
制服なら別に何度着てもいいと思っているのはこの出来事からの可能性がある。

もっというと羽川翼が阿良々木暦の前で私服姿を披露した余物語では、登山服で登場した。
だが、よく見ると軍服であることが判明する。
このときですら私服じゃなくて、制服だったのである。

掟上今日子の仇名は「ホワイトキャット」

WELCOME BACK, WHITE CAT.

これはこの掟上今日子の忍法帖の第3話の被害者かつ犯人のメッセージである。
どうやら掟上今日子を呼び出した犯人は過去の掟上今日子の教え子こと同士であったらしい。
そして、彼女を戦場に呼びたいタイプの教え子であった。
しかし、呼び戻したくないタイプの教え子により始末されている。

この「おかえりなさい。ホワイトキャット」のホワイトキャットは誰を示しているのか?

ホワイトキャットは、教え子ではなく、教師の仇名だ。
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p326】

ホワイトバーチによると、ホワイトキャットは掟上今日子の教え子ではない。
教師の仇名だと言う。
つまり掟上今日子の仇名がホワイトキャット。

ホワイトキャットと言われると連想されるのは適当に考えてもいくつかある。

  1. 猫物語(白)
  2. ブラック羽川の髪の色
  3. 猫の怪異
  4. 触り猫
  5. 猫のお姉ちゃん(斧乃木余接が羽川翼につけた仇名)
  6. つばさキャット

もう羽川翼しか連想されないのである。

掟上今日子の忍法帖で未解決の謎

掟上今日子の忍法帖でもよくわかってない謎は残っていますね。

ホワイトバーチは冤罪王「隠館厄介」をなぜ危険視してるのか?

ホワイトバーチが掟上今日子の忍法帖でキャステイズ警部補に語った隠館厄介の正体は以下である。

  1. 厄介な男である
  2. ニューヨークにかつてない波乱と混乱を巻き起こすだろう
  3. 夜間外出禁止令が出る
  4. SHINOBIの頭領どころか王
  5. 連邦政府としては全力でアメリカへの入国を阻止したかった
  6. 飛行機を既にハイジャックしやがった
  7. 忘却探偵を日本から追放した男
  8. 罪状コンプリートの冤罪王(キング)
  9. 豪華な鉄格子のついたリムジンの用意を忘れるな
  10. 名前からして呪われている
  11. 実に忌まわしい凶悪犯罪者
  12. 入国時、大統領が戒厳令を出す直前まで話が進んだ
  13. 日本政府との犯罪人引渡条約が機能しない
  14. CIAとタッグを組んで処遇について検討会を開催した
  15. サウザンド・アイランドの島を借り切って冤罪王専用の刑務所「冤罪刑務所」を急ピッチで建設した
  16. 歴史上類を見ない悪党
  17. 予算が許せば宇宙ステーションに刑務所を作りたかった
  18. 冤罪王の容疑を晴らし続けた結果忘却探偵は日本に居られなくなった
  19. 厄介と今日子さんが接点を再び持つのはアメリカの危機ではなく、世界の危機
  20. 第3話の事件の犯人も冤罪王なんじゃね
  21. 冤罪王は探偵を呼ぶためだけに戦争を引き起こすことも辞さない
  22. 既に5つの州から死刑を求刑されている
  23. そのうちのひとつは死刑制度が廃止されている
  24. アメリカの州法を網羅している。網羅犯罪である。
  25. 真っ当な裁判手続きを踏んでしまうと、南極の氷が溶けるのが先になる
  26. あらゆる罪を冤罪に変える錬金術師
  27. 触れた法すべてを無効化する
  28. 面会相手を人質に取って脱獄するのは冤罪王にとっては初歩の初歩である

言いすぎだろ!
ホワイトバーチが阿良々木暦だとして、貝木とかにもここまで言ってない。
どう見てもいくつか嘘が混じってるようにしか見えない。
5つの州から既に死刑を求刑されてて、そのうちの一個は死刑制度撤廃されてるってなんやねん。

そもそもホワイトバーチは、隠館厄介に「掟上今日子の鑑札票」でこう言っている。

冤罪はつらいものだ。私もかつては友人からチャイルドマレイスター扱いされたから、きみの気持ちはわかる
「それと一緒にされたくないな…」
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の鑑札票 P115】

どっちかっていうとチャイルドマレイスターのほうがヤバいし、気持わかるとか抜かしているのである。

つまり、よっぽど掟上今日子と会わせたくないらしい。
確かに前巻でも亡命しろって言って、掟上今日子ともう会わせないようにさせてた。

亡命しなかったら、ホワイトホースと接触するわ、今日子さんがホワイトホースの対処するわで危険になったのである。
まあ、今日子さんが勝手に来たので冤罪なんだが。

ホワイトバーチは掟上今日子に関わる仕事しかFBIでしてないらしいが、権力がやばすぎる。
キャステイズ警部補の見立てでは、よっぽど上のほうか、特殊な部署のFBIらしいが…。
特殊…日本で阿良々木暦は特殊な警察の部署にいたことがあるので、それと同じなんでしょうか?

なんで隠館厄介と掟上今日子を会わせたくないかは、今日子さんにいずれ自分の過去を認識させかねないからですかね?
思い出されると困る何かがあるのでしょうか?

なぜホワイトバーチは掟上今日子に死なれては困るのか?

彼女はかつて世界的な脅威だったが、だからと言って死なれちゃあ困るんだ
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の忍法帖 ホワイト・バーチ p222】

ホワイトバーチとしては掟上今日子に死んでもらっては困るらしい。
彼は掟上今日子のファンらしいので死んでもらってはファンとして嫌だとも取れる。
だが、「世界的な脅威だったが」という前置きをしてから言ってるので、他に理由があるのかもしれない。

わざわざ、忘却探偵にしたのは、今は亡き掟上ビルディングの寝室に以下の文をホワイトバーチが書いたからである。

お前は今日から掟上今日子。探偵として生きていく

そして、ニューヨークに来て散歩しかしてない今日子さんに、探偵として働いてくんないと困るっぽかった。
ホワイトバーチとしては今日子さんに探偵として何かをしてほしいことがあるのかもしれない。

もしくは、結物語を見て読者も「羽川はこんな未来なのかよ…。阿良々木が振ったせいで…」みたいな気持ちになったことだろう。
阿良々木くんもそう思って、第二の人生として忘却探偵して穏やかに過ごして欲しいのかもしれない。

ホワイトホースって記憶失ったんじゃないのか?

冤罪王によると、ホワイトホースが冤罪刑務所以外のアメリカのどこかに既にいるらしい。
だが、こいつは適当なことを言うので本当にいるかは不明である。

ただ、ホワイトバーチも、ホワイトには3つの勢力がいると考えている。

  1. 掟上今日子をむりやり戦場に呼び戻したい勢力
  2. 掟上今日子を戦場に呼び戻すのは反対な勢力
  3. マンハッタン島を破壊するところから始めるホワイトホース

3がとびっきり頭がおかしいが、①も今日子さんを騙して依頼人を装ったりする。
②も、①を止めるためなら殺人も辞さないことが第三話でわかった。

ここに厄介な冤罪王が現れると、さすがのホワイトバーチも収集つかないのかもしれない。

で、ホワイトホースって掟上今日子の鑑札票で記憶失いませんでしたっけ?

真犯人の白馬さんは脳への酸素供給が足らず、気絶から目覚めたときには、記憶喪失になっていたそうですから
(引用元:西尾維新著(講談社))【掟上今日子の鑑札票 掟上今日子 p238】

さらにFBIの捜査官に引き渡されたらしいが、今日子さんはすぐに野に放たれることになると言っている。
冤罪王も、あの影武者は檻にいれるよりも監視したほうがいいと思っている。

ってことは記憶喪失は一時的なものなのか?
それとも日本に来た部分とかが記憶喪失なのか?

再登場してくれないとよくわからないですね。

おい、親切守さんは?マジで放置する気か?

前回、ビルが爆破された際に、そのビルの警備員である親切守に何も触れなかった。
さすがにこの忍法帖で触れるかと思ったら、またもや誰も何も触れない。

スマン。二巻から出てるメインキャラなんだが?

まあ、焼け野原にされてそのまま死にましたとかちょっとありえないんで、休暇で遊びに行ってたとかそういうことだろう。
じゃなきゃあ今日子さんが忘却探偵じゃなくなった時点で出てくるはずだもんな。

でもニューヨークに雇い主が来ちゃったし、親切守が警備するビルもなくなっちゃったからアイツ首かなぁ。
こんなフェードアウトあるんか?

掟上今日子の忍法帖の感想まとめ!物語シリーズと同時進行する?

正直、掟上今日子の設計図あたりまでは、物語シリーズと同じ世界観のわけないじゃん。
怪異出てきたら推理もクソもなくなってこの小説破綻するわ!
そう思ってたんですが…。

これ、もう物語シリーズのファミリーシーズンあたりの時系列なんじゃないのって気持ちのほうが強くなってきた。

戦物語時点で阿良々木暦は24歳のはずなので、掟上今日子が本当に25歳だとすると…。
掟上今日子が25歳じゃなくても、26歳の冤罪王と変わらなそうな見た目らしい。
ホワイトバーチも偉そうなのに若いと言われてる。
つまり、もうほとんど年代が変わらない。至近距離すぎる。

もしかしたら、あくまで羽川翼=掟上今日子や、ホワイトバーチ=阿良々木暦と名言しないで、どう見てもこの2つの小説同じ世界線だよね?って感じで進んでくのかもしれない。

物語シリーズは怪異あり。
忘却探偵シリーズは怪異なし。

こういう感じで表と裏みたいな感じで進んでくのかもしれない。
同じ世界線とバラすのは最終回か、もしくは明言しない気なのでは。

ただ、物語シリーズでは傾物語から見るに、パラレルワールドの概念が存在するので、そういうことなのかもしれないパターンもありえる。

この小説の感想をまとめると、最後のオチが忍法帖こと「MAKIMONO」で終わったのが綺麗に終わってて好きです。

関連記事

物語シリーズ 小説感想ファミリーシーズン戦物語モンスターシーズン死物語(下)死物語(上)扇物語余物語宵物語忍物語オフシーズン結物語撫物語業物語愚物語[…]