掟上今日子の色見本のネタバレ感想と羽川翼の関係について考察しよう!

Last Updated on 2024年5月20日

掟上今日子は預かった。返して欲しければ、十億円用意しろ

掟上今日子は預かった。返して欲しければ、十億円用意しろ

(引用元:西尾維新著『掟上今日子の色見本』(講談社))

怪盗にされ、犯人にされ、今度は誘拐される今日子さんである。
そして、語り部は久しぶりの「親切守」と誘拐犯である。

あの今日子さんを誘拐したとか嘘乙、そんな感想を持つ訳にはいかない親切くん。
じゃあ警察に言ったほうがいいのか?
そもそも10億円ってなんだよ。大谷さんとかじゃなきゃ払えないだろ。
もしかしたら今日子さんならこのビルディングに10億くらい隠し持ってるかもしれない。

だが、2億円しかなかった。
…。
2億円!!?

2億円はあるんかい!!!

自分の家だと思って伸び伸び暮らしてくださいね。留守はお任せしますので、シャワーなどもご自由に使ってください。
ただし、私の寝室だけは絶対に這入らないでください。
這入ったらあなたを完全犯罪で殺害します。
(引用元:西尾維新著『掟上今日子の色見本』(講談社))

これが親切君が掟上探偵事務所に就職した際に今日子さんに言われた内容である。
完全に後半が物騒すぎて、前半は見逃しがちである。殺害するって…。

どうやら、シャワーが怪しい。
実際にシャワーに隠されていたメモから、親切くんにとって一番驚愕する場所に2億円が隠されていたのである。

そもそも2億円までたどり着けたのはあの前回「相棒」に昇格した男の活躍あってこそなのだ!

『忘却探偵シリーズ』をお得に読むならebook japanがおすすめです!

初回ログインクーポンを使えば、70%割引され、掟上今日子の忍法帖が1650円のところが495円になります。6回まで使えて1回2000円分までが割引されるので、10冊以上買えちゃいます。

ebook japanの詳細は下記の記事にまとめてます。

ebookjapanの詳細!新規登録手順!

ebookjapanの公式サイト

掟上今日子の色見本の隠館厄介は無能ストーカー

厄介とかいうヤツさぁ。
前回かっこよかったのに駄目なやつに戻ってる…。
こいつ主人公じゃないと輝けないタイプなのか?

前回の「裏表紙」では、掟上今日子の専門家として「相棒」の自覚を持った厄介。
最後に掟上探偵事務所に履歴書を持っていき、正式にワトソン君になる決意をしたのである。

却下されていた。

親切くんによると、あいつ今日子さんが好きすぎて履歴書まで持ってきた。まじやばい。キモい。みたいな印象であった。
数々の依頼人を見てきた親切くんは厄介をこの探偵事務所の最大の客であると同時に一番やべーやつだと思っていたのである。
そもそもこいつが誘拐犯なんじゃねーのか?とか言ってた。泣いた。

だが、厄介はこういうときこそ役に立つはずだ。
電話かけたろ!!

先に言っておくと厄介はマジで糞の役にも立たなかった。
2億円は見つける手助けになったが、警察に電話すんなとか言っている。
あと寝室に這入ったら殺されますよ!とかまるで1巻で体験したかのようなことを言っている。
レディの部屋に入るなんて紳士にあるまじき行為らしい。おまえじゃい!!
だが、この後警察に電話した親切のファインプレーにより物語は進展することになる。

なお、厄介は現在進行形で警察にもれなく冤罪で取り調べを受けているので誘拐犯ではなかった。
初めての親切と厄介の接触は電話越しで、「こいつこんなだから冤罪かけられんだよ」という親切くんの印象で終わったのだった。

掟上今日子の色見本で日怠井警部、再び

親切は警察を呼ぶしかないですねぇという結論に至る。
だが、適当に電話するのはどうだろうか。
今まで今日子さんは数々の警察の依頼をこなしてきているのだ。
警察にとってもお得意様の今日子さんにはファンクラブまでできてるという噂すらある。

つまり、厄介ほどストーカーみたいなヤツではなくても、今日子LOVEの警官に連絡するべきだ!!
これまで登場した数々の警官の依頼人の名前を読み上げる親切くん。
君に決めた!

そう、日怠井警部である。
記憶に新しい「掟上今日子の裏表紙」で今日子さんアンチの筆頭のような強面のおっさんである。なんでやねん。
だが、親切守の目的は日怠井警部ではない。
「裏表紙」で服を持ってきたり、警官のコスプレすることになったり、弁当持ってきたり…ファンがいる。
そのファンが現れたのがこの日怠井警部との今日子さん冤罪事件である。

その点を期待したのだが、日怠井警部はガチ有能だった。
前回してやられまくってたので、厄介よりも雑魚と思われた日怠井警部の有能さは今日子さんがいないからこそ発揮される。
厄介は今日子さんがいないと無能なので、真逆なのだ。

10億円?そんな漫画みたいな額、目的は金じゃないんじゃないの?

真相にめちゃくちゃ近づいてしまった。
要するに、犯人の目的は身代金ではない。
他にあるため、親切にあたふた金をかき集めさせるか、警察に電話してもらい「10億wからかってんのか?」とワーワーやってもらう。
そうやって時間を稼いでもらい、今日子さんからあることを聞き出すのが目的なのでは?

実際当たっていた。
日怠井警部がいなかったら詰んでたな。

掟上今日子の色見本の親切守が有能すぎる

親切守くんは、語り部だと脳内でごちゃごちゃ言ってるので無能そうに見えるが…。
この男、結果だけ見るととんでもなく有能である。
彼が今日子さんと出会ったのは、「掟上今日子の推薦文」で、毎日同じ美術品を見に来ていた今日子さんが気になったからである。

犯人はそれを狙ったのではないか?
同じルーチンをする今日子さんを観察した。
そして、その日でないといけない理由があった。
あの美術品はもう「掟上今日子の推薦文」で消滅してるのでありえない。

しかし、今日子さんは記憶がリセットされるがゆえに、「同じ本」を何度も繰り返し読む習慣がある。
とあるシリーズを読み始める日を狙ったと推測する親切守。
そして、親切は抜けがある本を発見し、電子書籍で読破したのだった。
そのシリーズに共通して出てくるのは「車」である。

冒頭で犯人はその小説にでてくる「クラシックカー」で今日子さんの興味を引き、誘拐したのである。
ビンゴすぎる。
確かに小説とか漫画を読んでる最中に現実にそれが現れたら運命的なものを感じるだろう。
行動力の化け物の今日子さんならのんきに乗りかねないのである。

さらにそこから親切くんはナンバープレートを特定する必要がある。
SNS!!
旧車好きによる画像晒しという糞のような行動が、事件を解決に導く!
見つかったナンバーは3つ。
日怠井警部から聞いた容疑者は3人…。

うーん。これは一人確実に女性がいるなぁ。
ナンパをあしらってる今日子さんがしらねー男の車に自ら乗るなんてないんじゃね?
じゃあこの女「高中たか子」に違いないね。

掟上今日子の色見本の誘拐犯、高中たか子ちゃんはドジっ子かわいい

高中たか子ちゃんはドジっ子かわいい。
親切守くんは誘拐犯はとんでもなく頭がいいと推測するが、今日子さんに手のひらコロコロされすぎて頭がいいというよりもアホかわいくなっている。

日怠井警部の推測通り、彼女の目的は10億円ではない。
今日子さんの頭脳であった。
今日子さんが今まで解いた事件の詳細…これは10億の価値があると踏んでいたのである。

だが、ただの警備員がいきなり二億円かき集めてる…ヤバい。
今日子さんには渾身のファッションをプレゼントしたら「ダサすぎて脱ぎたい。飯いらないから服ほしい」と、プライドずたずたにされてしまう。
さらに寝たと思ってた今日子さんは実は狸寝入りしてるし。
バリツさながらの豪快な蹴りを食らうし…。

挙げ句の果てには、問題集として渡した今日子さんの過去の事件の詳細をテストで解かせてみたら、全然わかんねーとか言われてしまう。
一回解いたのだから記憶がなくても別に解けると思っていたのである。
しかし、全然わかんないらしい。
記念スべき「掟上今日子の備忘録」の一回目の厄介の冤罪事件に至っては、この

隠館厄介とか言うやつが犯人に違いないとか言ってて草。
目的が!果たせない!!

このままではただ無意味に誘拐して、ファッションセンスがないことに気付かされて、蹴り食らっただけである。
しかも、車買ったり、今日子さんの監禁場所にめちゃくちゃ金かけただけである。

さらに、親切に電話したら「高中たか子」という名前がバレてるーー!?
すべてが駄目な方向に言ってる高中たか子ちゃんを応援したくなってしまうのがこの小説の醍醐味である。

掟上今日子の色見本の感想まとめ!色見本とかいうやべー暗号を作れるのはあの人しかいないだろ…

ここまで色見本なんてでてなかったじゃないかと思われるが、まさかの解決法である。
ようやく電話越しで今日子さんと話せた親切は、服を用意しろと言われるのである。

しかし、言ってることがターコイズブルーのオーバードライブみたいな何言ってんのかわからん要望であった。
カタカナが多すぎる。
むしろ録音なしで、色をすべて覚えていた親切のファインプレーだろう。

今日子さんは最後のヒントとして、家のどこかに「色見本」があるからそれを参考にしろと言うのだった。

その色見本は実は…?

実はとか書いたが、これは今日子さんじゃなきゃできない手段だった。
オレがやれと言われてもできない。
というか、こんな頭のおかしいことをティーンエイジャーの頃に実行したらしい。
こんな狂ったことをする10代で、西尾維新のキャラは一人しか思い浮かばいなぁ。
今日子さんじゃなきゃというか、別作品のあの人しかできないイメージである。

果たして、犯人はどうなったのか。
今日子さんはどこにいるのか。
親切が出した答えは最後の最後で豪快に間違えていたのだった。

掟上今日子の色見本から見る羽川翼の疑惑要素

最後の「色見本」でどう考えても羽川さんにしか見えない。

  1. 今日子さん渾身の「色見本」は紛争地域ももれなく旅しないと作れない世界地図
    色見本を確認した親切守は色のサンプルで世界地図を作っていることに驚愕する。
    どう考えても紛争地域まで旅していなければ作成できないと推測した。
    羽川翼は直江津高校卒業後、紛争地域を旅しまくっている。
  2. 今日子さんが色見本の世界地図暗号を生み出したのはティーンエイジャーの頃
    掟上今日子は10代の記憶があるらしい。
    その頃に色見本で居場所を暗号化する手段を生み出していたことを覚えている。
    それ以降の記憶がなくても、自分はどこかに暗号を残していると確信していた。
    こんなことができる10代のJKは羽川翼くらいしか思いつかないのである。
    というか、この頃の記憶があるということは…もし羽川さんなら阿良々木暦とか怪異の存在は覚えてることになるのでは…?
関連記事

物語シリーズ 小説感想ファミリーシーズン戦物語モンスターシーズン死物語(下)死物語(上)扇物語余物語宵物語忍物語オフシーズン結物語撫物語業物語愚物語[…]