ジョジョリオン10話 東方大弥の異常な愛情③ 感想

Last Updated on 2024年5月13日

大弥に追い詰められる定助の元に康穂帰還!

『この女に勝たなくては』……!!
『オレは進むべき道を進めなくなる!』

お買い物に行こうとする大弥を倒す決心をする定助。
大事なのは前に進もうとする意思なのだ!

そして…。広瀬康穂ちゃんが戻ってきたぜ!
やはりあの電話で定助と気づいたのか…。
しかも胸がドキドキしている展開。8部はマジでラブコメ路線なのか?
これが三角関係…。
あの有名な夏の大三角形のように…。

アレガデネブアルタイルベガ、君が指さす夏の大三角
アレガ 。
/ \
/    \
/       \
デネブ  。          。 ベガ
\         /
\       /
\     /
\   /
\ /
アルタイル   °

ここから、康穂の活躍が始まるのかと思ったら…。

門に大弥が体当たり!
いきなりバトルが勃発か!!

そして、怪訝な表情をする定助。
それもそのはず!彼には康穂の記憶がないのだ!
それにしても見てるだけで怒りすぎだろww
そして、自転車で二人乗りで出かける二人。
通報しました。

っていうか目が見えないのに自転車に乗れる大弥ちゃんグレートっす。
でも二人乗りか…じゃあ見えなくても後ろに乗るなら…。と思ったら大弥が前かよッ!!

そして、このソフトアンドウェット…。
声をシャボンに記憶させておいて、破裂したらその声を再生までできるという。
なんだこの汎用性。

なんか、フーゴの小説にこんなスタンドいたな。

だが、そんな彼の機転も「後ろからあたしをギュッと抱きしめて」といううれしい言葉に敗北するのでした。

そして奪われる「ソフト&ウエット」ッ!!

スタンドの記憶がなければスタンドは使えない…。
このままじゃ6部の承太郎みたいな植物人間になっちまう。

もうだめだ。第8部完!…と、ここから、大逆転するのがジョジョなわけですな。

記憶を失う前に隠した大弥の携帯電話。それが急になりだすッ!!

記憶はないけど「誰か大切な人」に電話をした記憶はある定助。

『大切な人』というフレーズに激昂する大弥。
ソフト&ウェットがあああああああああ!!破壊されるーー!!

そして、ここから大弥のハイパー嫉妬ヤンデレタイムが始まるのでした。

「もし この今のコール音が…「康穂ちゃん」からの折り返しのコール音だったら…もうただじゃあおかない…絶対に…」

完全にチェスをぶっ壊す気の大弥。
当然電話の主は康穂。さらば定助…。

定助「いや待てッ 踏んでるぞ」

以外ッ!それは冷蔵庫!!

暗い部屋で冷蔵庫を開けたため、影ができ、それを踏んでいた。

さすが主人公。大勝利だぜ。

そしてあのマークの本を発見した定助。
我々はこの著者を知っている! いや! このスティルボールランレースを知っている!

スティールボールランレース全記録 

ノリスケヒガシカタきたあああああああああ!!
っつってもあいつ、あんまり遺体には関わってなかったよな。
普通にレースの記録が書いてあるわけでもないだろうし…。

帰りの船でジョニィに何かを聞いたのか?
壁の目と悪魔の手のひらと遺体の関係は?
面白くなってきたぜ!!