ジョジョリオン完結!最終巻27巻感想と考察とあらすじ!さようなら全てのジョジョリオン【ネタバレ注意】

Last Updated on 2024年6月6日

ジョジョリオンついに最終巻!!
その27巻のネタバレありの感想を書きます。
今巻のサブタイトルは「全ての呪いが解けるとき」。
呪いを解く物語であるジョジョリオンの最後にふさわしいサブタイトルとなっております。

ジョジョリオン最終巻27巻「全ての呪いが解けるとき」の「表紙」の感想

大地が隆起して生まれた世界、「杜王町」。
震災で崩壊した街に、定助は生きる。
時にシャボン玉を生み出し、時にゴービヨンドとなる奇跡の力、「スタンド」。
それはまた戦うための力でもあった。
スタンドを操る男達の物語が、今、終わる。
「ジョジョリオン」、9月17日金曜、最終巻
奴らの生き様を、その身に刻め。
全ての呪いが解けるときというサブタイトルにふさわしいデザインとなっております。
ジョジョリオン最終話が載ってるウルトラジャンプの表紙にクリソツですが、よく見ると背景が違う。
ウルジャンは★だけが背景になってるのに対して、シャボン玉の中に★がおる!
そしてエンブレムがある!
なによりエンブレムにくっついてるソフト&ウェットがかわいい。
最後だからソフト&ウェットも全身でお祝いを表現しているように見えますな。
あとボーン・ディス・ウェイの素顔がチラ見できますぞ。
なんで最後の最後でボーン・ディス・ウェイに目があることが判明してしまうのか。
いや、あるんだろうけど冷たい目をしてやがるぜ…!!
ところでウルジャンのときから思ってましたけどなんで石仮面が毎回いるんですかね?
石仮面の代わりにキラークイーンを書いてあげてほしい…。
『ジョジョの奇妙な冒険第8部 ジョジョリオン』をお得に読むならebook japanがおすすめです!

初回ログインクーポンを使えば、6回までクーポンが使えるので全巻70%引きで買えます。(6冊じゃなくて2000円まで割引を6回使える!)カラー版で購入も『可』能!

ebook japanの詳細は下記の記事にまとめてます。

ebookjapanの詳細!新規登録手順!

ebookjapanの公式サイト

107話感想:透龍VS東方花都は東方家の呪いに決着をつけた

真実を知ることが悲しみであれば、
騙されていることが幸せな時もある。
真実を知った女、東方花都。
彼女が東方邸で復讐を遂げるのは、クールでいなせなあの男。
厄災使いの、あの男。
まさか決着を透龍とつけるのが東方花都だったとは思いませんでしたね。
最後にプッチと決着をつけたエンポリオと同じ感じですか?
エンポリオは主人公から黄金の精神を受け継いで、クソ神父と決着をつけたわけですが…。
花都は特に主人公から受け継いでない…それどころかあんまり会話してないですね。
つまり定助からなにも受け継いでない上でのラスボスとの決着なのがちょっと「え?おまえ?」という感じになっちゃう気がします。
ただ、呪いとの決着は大きく二パターンあると思うんですよ。
東方家とジョースター家。後者は正確にはジョースター家の呪いじゃないですけどね。
ジョースター家の呪いはジョニィが絶対殺すマンと遺体の極悪コンボでなんとかしてるので。
ホリィさんのは運命というか岩人間の邪悪な呪いみたいなもんか。
関連記事

ジョジョリオン21話 カツアゲロードの秘密の謎常秀のスタンドが初登場したり、定助のキメ台詞「たっぷり」も登場し、さらには「ジョニィ・ジョースター」がジョジョリオンに登場する神回の初回購読時感想です。ジョニィは聖[…]

なので、花都はこの回で東方家の呪いのみと決着をつけたわけです。
明らかに最愛のムスッコを殺した東方家の敵である透龍に呪いを等価交換によりなすりつけたことでの決着というわけです。
透龍の呪いという意味合いではホリィさんのほうが決着をつけるべきなのでは?という感じはしますけど。
もっと詳細感想は個別の以下の記事で。
関連記事

一体何話かかったのか。あのスカした変な頭の男「透龍」に一撃かましてやるまでに…!!ついに俺たちの定助がかましてやった!かましてやった先に居た人間は以外な人物だった!?ここに来てもう二度と出てこないのではないかという疑惑すらあった[…]

108話感想:厄災に決着をつけた主人公東方定助

つるぎが、背負っていた呪いを解き放つ。
透龍が、ばら撒き続けた厄災を清算する。
その果てに、何があるのか。
何もありはしない。
ないからこそ、求める。
人は、求め続ける。
ジョジョリオンってなんなんだ?っていうのを急に康穂が解説してくれました。
最初ジョジョリオンと聞いたときはちょっと前に起きた「海老蔵襲撃事件」の犯人の伊藤リ○ンさんしか思いつけいませんでしたよ。

結局定助は最後の決着に現れてくれたわけですが、透龍と一回も対峙してないのがワロタ。

元カレ?ほーん。気に食わねえヤツやなみたいな反応しかしてない…。
徒歩で来たのかわかりませんけど、結局定助が葬ったのは院長だったなぁ!
あくまで東方家と康穂のラスボスが透龍。
豆と定助は豆親父とホリィさんの件で因縁ある院長があくまでラスボスって感じですかね。

院長はスタンドだったけど、口調が透龍と違うしもうキャラクターみたいなもんですよ。
どっちかっていうと院長のほうがラスボスの風格あったと個人的には思うくらいです。
あの場で避難訓練とかいう堂々とした態度はラスボスでしょ?もう。
ところで、つるぎが闇落ちしたみたいな憲助を運んでるシーンとの矛盾はジョジョリオン最大の矛盾になってしまったな…。
記憶の男はもう初期構想の吉良でも、夜露でも、ダモでも、仗世文の親父でももういいんだけど、これだけはなぁ!!
関連記事

ジョジョリオン5話 「soft & wet②」の謎初回購読時の感想です。まだ東方定助って名前すら出てない頃の感想なので僕が記憶喪失みたいになってます。吉良の家で謎のオージローと戦ってる最中、突如定助の脳裏に溢れ出す記憶の男。[…]

しいていうなら、厄災に襲われなかった場合の東方家を表現した…?
表現する意味がわからないけど、そのくらいしか思いつかない。
どのみち厄災に襲われなくても憲助は常敏じゃなくてつるぎが始末したよってこと?
厄災に襲われれば常敏が死ぬし、襲われなくても憲助が死ぬみたいな?
わかんね。

もっと詳細感想は個別の以下の記事で。

関連記事

現行のジョジョリオン最新話のネタバレ感想ッ!!![sitecard subtitle=関連記事 url=https://taokasu.com/jojolion-110-final-episode/ target=]ここにきてそ[…]

109話感想:ジョジョリオンの時間軸からいきなり過去に飛んで2部時間軸の世界

ルーシー・スティール。
SPW財団職員。
老練なる女。
その女の訪問が、文くんとの出会いによって、ガードレールの恐怖をさらけ出す。
迸るは、慟哭。
流れ出ずるは、血涙。
うっそだろおい!
ここで過去編に飛ぶなんて!!ぶっ飛んでるなジョジョリオン!
と思いましたが、一回やってますね。
5部の眠れる奴隷で。
でもあのときはジョルノとブチャラティが会う前にブチャラティの運命は決まってた話だったのであんまり違和感なかった。
いきなりルーシー!?しかもロリじゃなくて…バ…!!ババア!!
おっと失礼。御老体になられてますな。
めちゃくちゃ過去に飛んだなぁ。
でもめちゃくちゃおもしろかった。
この岸辺露伴は動かない感すごい面白い。
謎のガードレールの正体は岩生物なのはコミックスで確定!
ひょっとして歯型をつけてたのはコイツとか?110話で殺せてはいなそうだし。
関連記事

ジョジョリオン 第1話「壁の目」の男の謎ジョジョリオンの記念スべき1回目の初回購読時感層ですが、めちゃくちゃ適当に書いてますね…。まあ、ここで出てくる「歯型」について考察します。次項で。他の考察はこちら[…]

今にして思うとSBRからジョジョリオンまでいきなり100年以上飛んでますからね。
その間何があったのかは家系図の名前を見て想像するしかなかった。
ジョセフはカーズと戦ってたのかとか。
戦ってないんだけどさ。そもそもカーズってまだ宇宙にいるのか?一巡してるけど。
ジョージ・ジョースター(小説)では帰ってきた?
ジョージ・ジョースター(小説)ってなんだっけ?全然しらなぁぁ~い!なによそれェェーーーッ!ヤッダァーーッ!スゴイ変!飛んでるうーッ!クールだわあーーッ
関連記事

『JORGE JOESTAR』を読み終わりましたよ。なんかとんでもないボリュームでした。とりあえず、感想書きますが…。ちょっと壮大すぎて、よく舞城王太郎先生はこんなのまとめましたね^^;到底、僕ごときにまとめられるとは思[…]

その保管を最後にしてくれたと考えると急に飛んでもまあアリですな。
面白かったし。

もっと詳細感想は個別の以下の記事で。

関連記事

ついに明負悟をスタンドに持つ岩人間、透龍くんを撃破した定助(花都)。康穂とのラブラブゴービヨンドによりついに杜王町に平和がもたらされた!つるぎ…いや、東方家の呪いも解け全てがもう解決だ!まて…!ホリーさんは!?ホリーさん用の新ロ[…]

110話感想:最終回の最後の常秀のシーン好き

嗚呼、もはや何も言うまい。
語るべき言葉、ここにあらず。
話すべき過去、ここにおらず。
男、ただ前を向き、ただ上を目指す。
ただ、前を向き、ただ上を目指す。
いきなり一巡前における二部時点みたいな話をしてどう収集つけるのかワクワクしたんですが、さすが荒木先生…。
考えうる上でかなりまとまって終わった。

「柔らかくないし濡れてもいない」って夜露も昔そんなことを言ってましたが…。
「柔らかくて濡れている」ってソフト&ウェットと対極にいたんですよね。岩人間。
「あんなに硬くないし乾いてもいないッ!!」って文くんのセリフで思い出しました。

個別の記事では書くの忘れてたんですが、夜露は常敏の大学時代の友人だったらしいんですけど、スタジアムで会ったとき初対面っぽくなかったです?
新築の依頼承ってるってことは2010年のちょい前でしょ?常敏大学卒業してるよな…
お互い友人なのによそよそしいけど、友人とは言え夜露はあくまでビジネストークしてて常敏はそれに合わせてたと考えれば…ギリいけるか?
くそ!最後の最後に気になってしまった!
関連記事

ジョジョリオン第26話 「地下室の住人」の謎初回購読時の感想です。いきなり現れた目からサランラップ男を岩人間と予測できるわけがない。目からサランラップの謎についての考察は次項で!他の考察はこちら![…]

最後に何度でも言うけど、常秀が「定助 選べよひとつ」って言うシーンすごい好き。
ジョジョリオンの中でも3本の指に入るくらい好き。
多分最後の最後で認めてくれたんだなぁ。家族として。
腕が絶望的になっててウケるけど一生家族として認めないであろう人間が、
たとえどうしようもないクズゲス野郎だとしても最終回で認めてくれる展開って結構好きなんですよね。

もっと詳細感想は個別の以下の記事で。

関連記事

いきなり過去編!?久々にスティール・ボール・ランのヒロインがご登場かい!ルーシー・スティールが杜王町に登場!そして現れた謎の好青年「文くん」!2人はラヂオ・ガガ事件が起きたガードレールに襲われた!どうなるのか!そして定助[…]

最後に全部のジョジョリオン全巻読んだ総まとめ感想

110話の記事で大絶賛したので、全話感想書いた上での今度は

気になった点を書いてみます。

最初SBRで疲れたから杜王町で落ち着きたいみたいな話があったので4部みたいな流れになるんだろうなと思ってたんですよね。
おそらく故郷で震災があったってのもあって、途中で荒木先生の心境の変化があったのか4部っぽくはなかったなぁっていうのがまず気になった点の感想ですね。

8部は岩人間とか最初は設定になかったようにみえます。
途中で思いついた設定を足していったイメージ。
まあ、それは他の部でも多分途中で足したと思われる展開があるので何一つ問題ない。
ただ、今回はさすがに10年は長すぎたのか、初期と中期以降で色々と矛盾が生じてしまったと思われる。
(この辺は編集のせいもかなりあると思うけど)

まあ、この矛盾点についてはこんな感じで無理やり自分を納得させたからいいとして…
むしろ考えるのが楽しいまであったので全然いいんだけど。

関連記事

ジョジョの奇妙な冒険第8部「ジョジョリオン」は伏線と謎が多いミステリー漫画。とはいえ謎が明かされずに放置されてる出来事も多い。ジョジョリオンは今までのジョジョの奇妙な冒険と比べて矛盾点や謎が多いと言われています。しかし、説明を省いて[…]

面白くないかと言えば間違いなくそれはない。
読み返すと…クワガタバトルとか最高なんですよね。あんなの荒木先生しか書けないでしょ!
最初はあんな感じのエピソードが連なった新4部みたいなの想像してたし。
他にも、ダモカンからの過去編とか、オージロー再来とか、密葉さんの能力最高とか最後のガードレールとか色々面白いんですよ。
間違いなく単体の話では面白いねん。
ただ、つなげるとどうしても「ん?」ってなるところが出てしまう。
そこが「もやっと」してしまうのはたしかにあった。

そして、同じ杜王町が舞台の4部に比べて何が足りないかって考えてみましたが、吉良吉影とか岸辺露伴みたいな本当にヤベーキャラがいなかったことかなと思います。
田最とかかなりいい線言ってるんですけどアイツ中ボスなんですよね…。
吉良にはなれなかった…。
8部の吉良とか仗世文もかなりいいキャラしてるけど、もう死んでる(等価交換してる)からあくまで過去・回想にしか出せなかったし…。
ダモとか夜露は5部で言うプロシュートとかリゾット的な立ち位置の魅力的なキャラだった。

じゃあプロシュートジョジョリオンは5部になれたかというと、それも微妙。
定助単体で決着のエピソードが多すぎた。
3,5部はチームだったから色々なキャラの対戦や決着が見れたんだけど、康穂と離れっぱなしだったし定助が大体勝負決めるってのが多すぎたかなぁと思いました。
ナット・キング・コールとか最初は定助のスタンドだったっぽいし、やはり常秀を相方にしてほしかった…。
常秀にもっと活躍してほしかった。
それどころか、ママの乳揉ませろとか康穂と一緒になるなりーとか言ってるレベルまで落ちぶれてしまった…。
いや、それはそれで面白いんですけど、待望の相方の豆は出てくるの遅かったし。

あと、もうちょっと他の東方家の戦いが見たかったってのはありますなぁ。
鳩とかチャリオッツみたいにシンプルなスタンドだし、案外ミスタ、ポルナレフの地位になれたかもしれない。
大弥のスタンドも透龍のチートを突破する役割を果たせたかもしれない。
カルフォルニアキングベッドちゃんってスタンドの記憶とか奪ってるんですよね。
ワンダーオブUの記憶を奪うことを期待してしまった。
あとは密葉さんのスタンドとかデザインも能力も歴代トップ10に入るくらい好きだからもっと見たかったなぁって感じです。
常敏の能力しょぼくね?からのあの格好良さ(オージロー戦)を見るに、この辺のキャラも化けてくれたはず。

やはり定助が大体全部持ってったところがなぁ。惜しかったなぁ。
気づいたら能力最初と全然違う感じにでなんでもありになってた気がする…。つるぎと康穂もだけど。
いや、そもそも定助は最初っから摩擦とか水分奪っててやばかったけど…。

というわけでジョジョランズではチーム…はもしかしたら厳しいかもしれないけど、SBRみたいなコンビで見たいなぁと思いました。
8部は面白かったんだけど…惜しかったなぁというのが個人的な総まとめですね!

関連記事

ジョジョの奇妙な冒険第8部「ジョジョリオン」は伏線と謎が多いミステリー漫画。とはいえ謎が明かされずに放置されてる出来事も多い。ジョジョリオンは今までのジョジョの奇妙な冒険と比べて矛盾点や謎が多いと言われています。しかし、説明を省いて[…]

関連記事

ジョジョ8部名言東方定助の名言広瀬康穂の名言透龍の名言明負悟の名言空条仗世文の名言吉良吉影の名言豆銑礼の名言東方常秀の名言東方常敏の名言東方憲助の名言東方つ[…]