呪術廻戦の宿儺が運良すぎて主人公補正すぎる!呪いの王の豪運をまとめよう!

Last Updated on 2024年5月24日

宿儺の檻である虎杖悠仁が宿儺の指を食べる

すごい偶然だと思うんですよ。
たまたま指を食ってくれたのが宿儺に耐性のある虎杖くんだったわけじゃないですか。
宿儺の指は猛毒中の猛毒なのに、たまたま食ったヤツが耐性あって余裕で耐えてるってヤバイ。

1000年間宿儺の指の毒に耐えられる人間はいなかったって、何億分の一の確率ですからね。
これはすごいことやと思うよ。

まあ、羂索とかいう頭メロンパンがわざわざそういうふうに虎杖を産んだみたいなんですけど。
虎杖くんが指食わなかったらアイツどうするつもりだったんですかね?

呪霊がお友達を襲うところまでは羂索が仕組んでるとしても、虎杖が指食うとは限らないわけじゃないですか。
もしヘタレに成長してたら余裕で逃げてたでしょう。
メタなことを言えば呪術廻戦がスタートしないので食うしかないわけですけど。

『呪術廻戦』をお得に読むならebook japanがおすすめです!70%引きで全巻購入できます。

初回ログインクーポンを使えば、6回までクーポンが使えるので全巻70%引きで買えます。(6冊じゃなくて2000円まで割引を6回使えるのでほぼ全巻クーポンで買える!)

ebook japanの詳細は下記の記事にまとめてます。

ebookjapanの詳細!新規登録手順!

ebookjapanの公式サイト

たまたま五条が遅れたせいで復活できた

たまたま五条悟が喜久福とか買ってたからよかったわけじゃないですか。
羂索が五条のスケジュールをどうこうしてるかもしれないですけど、アイツ瞬間移動できるから間に合わせようと思えばできたわけですよ。

もし五条が瞬間移動で飛んできてたら、伏黒が手こずってたクソ雑魚呪霊とか秒殺ですからね。
虎杖が指食わないで終わってたわけです。
っていうかここで伏黒が布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)してたほうが被害的にはマシだったかもしれない。

まあ、五条が1話で飛んできてたら呪術廻戦がスタートしないので遅刻してもらうしかないんですけどね。

虎杖に入ってたおかげで現代術師、主に五条悟の手の内知れた

たまたま虎杖が呪術高専に入ってくれたわけですよ。
羂索の中のストーリーではここまで確定だったのかもしれないですけど、これも虎杖がヘタれてたら逃走してるわけじゃないですか。
しかも、処刑される可能性も高かったわけです。

たまたま五条が処刑反対派だったから虎杖IN宿儺は消えずに済んでるわけですよ。
羂索の中では、乙骨の処刑回避という前例があったからなんとかなるやろの精神だったのかもしれません。

でも虎杖の前で手の内全部晒してるのは完全に運がいいですよね。
羂索的にも、虎杖の眼の前で虚式「茈」とか、無量空処とか使ってくれるところまではわからなかったわけですよ。
虎杖の眼の前では、火山と雑草に使ってますけど、ぶっちゃけ両方とも使う必要なかったですからね。

このおかげで、後々のタイマンが響いてくると思いますね。
五条の手の内知らなかったら宿儺負けてたと思うわ。

たまたま虎杖の仲間の伏黒が宿儺の受肉に耐性ある器で十種影法術持ってた

なんかやけに伏黒の限界オタクみたいになってると思ったら、後半でまさかの展開が…!
実は伏黒も宿儺の指に耐性がある事実…!
しかも宿儺が凄い惹かれる十種影法術を持ってる。
さらに、今入ってる小僧のお友達になってくれた。

魔虚羅までゲットできてしまえば、無下限に対抗する手段ゲットですからね。
伏黒に受肉しちゃえば、伏黒を生贄に無量空処キャンセルできるし、五条の術式全部適応できちゃうチートの完成なわけですよ。

ここに関してはもはや羂索関係ないからな。
完全に偶然アルティミット・シイング宿儺様になれた感じじゃないですか。
一応五条は飛行場で十種影法なくても負けてたかも…って言ってましたけど、斬撃とフーガだけじゃあ五条に宿儺は負けてたと思うわ。

なんか寝てたら宿儺の指15本食わせてくれた

お兄ちゃんにボコられて寝てた小僧。
宿儺はその間特に何もしてないのだが、なんか急にJKが指15本状態にしてくれたのである。
しかも虎杖は気絶中だから、その間やりたい放題できるぜ!

こうして、何もしてないのに完全体にめちゃくちゃ近づいたのである。
まあ、これがなかったらあのメンツでは誰も勝てなかった漏瑚をどうにもできなかったと思われるのですが。

でもよく考えたら、これは羂索の計画通りなのかもしれない。
ミミナナをめちゃくちゃ煽ったら、宿儺の指勝手に食わせてくれるところまで予想してたのかも。
運ゲー要素強いな。
宿儺の運がいいというか、宿儺と羂索の運が良すぎる気がしてきた。

宿儺の天敵の天使が受肉した先が偶然宿儺が受肉した先の伏黒LOVEだった

こんな宿儺様は見たくなかったランキング第一位かもしれない。
だが、手段を選ばないところがまた邪悪…呪いの王にふさわしいのかもしれない。

ここから怒涛の豪運と言っていいだろう。
まず第一弾は、伏黒に受肉した際に、宿儺の最大の天敵である天使が受肉した先である。
来栖華は、伏黒に恋しちゃっていたのである。

そんな華ちゃんは宿儺に伏黒が乗っ取られガチギレの怒りのラッパ攻撃である。
邪去侮の梯子により、いまだかつて無い顔芸を披露する宿儺様。
めちゃくちゃ死にそうである。

だが、たまたま伏黒に惚れていたので、まさかのハニートラップである。
伏黒の声で正気を取り戻したかのように装い、華ちゃんに致命傷を与えることができたのだった。

いくらなんでも運がよすぎるだろ。
これ、たまたま天使の受肉先が女で、しかも伏黒LOVEじゃなかったらここで宿儺はご退場されていたのである。

偶然宿儺LOVEの万さんが伏黒の姉に受肉してた

さらに偶然、伏黒が最も大事にしている姉「伏黒津美紀」に受肉していた相手である。
というか、羂索がマーキングしてくれてたおかげで、伏黒の精神的ダメージを上げることができたのだ!
そのおかげで乙骨戦に大貢献することになる。

それどころか、この後別のメリットが発生してしまう。

もし万(よろず)じゃない別の誰かが受肉していただけで、乙骨戦までいかずに宿儺は敗北していたのである。

置き土産とかいって万さんが宿儺の武器くれた

たまたま津美紀に万が受肉してくれたのである。
万は宿儺のストーカーであった。
ストーカーな上にちょっと頭がおかしかった。

そして、自分を殺した宿儺に自分だと思って大事にして欲しいものをプレゼントしてくれたのである。
怖い。

怖いのだが、彼女の術式は構築術式である。
銃弾1個構築しただけでへばったりする、真依ちゃんとはレベルが違う。
つまり、平安時代に宿儺が使用していた神武解(かむとけ)をプレゼントされたのだ!

だが、これを手にしたタイミングでの相手は鹿紫雲さんだった。
ピカチュウみたいな電気タイプの鹿紫雲にはぶっちゃけ無力…。
なんだこの呪具は…思わせぶりだったのに糞の役にも立たねーじゃねーかと思われたが…?

呪具持ってたらジャッジマンに術式没収されなかった

そんなんありか?
鹿紫雲がやられた後は、日車さんの裁判が開始である。
うまくいけば術式没収な上に処刑人の剣で一撃必殺…!!
これはもう勝ち確定の最高の手段である…!

だが、まさかの展開が襲ってしまう。
ぶっちゃけ読者どころか、自分の術式の日車もビックリである。
宿儺が有罪になっても、呪具持ってたら術式じゃなくて、呪具没収という謎の裏ルールが発動してしまう。

正直宿儺も、処刑人の剣が見たいから術式くらいくれてやってもいい風であった。
さすが呪いの王…器がでかい。
しかし、何故か術式没収されてなくてとりあえず斬撃撃ってた宿儺様がそこには居た。

たまたま呪具もってたから、術式没収セーフって…運がいい以外の何者でもないですよ…。

乙骨のヤコブの梯子を食らったが伏黒がヘタレててセーフ

そして日車戦の後は満を持しての乙骨の領域展開が炸裂!!
これにより剣を抜いてはコピーした術式をぶちかます乙骨くん。
極めつけは、天使の術式である。

そう、あの宿儺の顔面を崩壊させて断末魔をあげさせた唯一の術式である。
ヤコブの梯子を喰らってる間に、伏黒の意識を取り戻せば…伏黒IN!宿儺OUT!!
そして、大団円だ…!!

だが、伏黒は「もういいんだ」と何がいいのかさっぱわりわからないが、復活を拒否…!!
これにより乙骨はぶった切られてしまったのだった。

津美紀に受肉していたがために、自ら姉を殺してしまい精神を病んだ伏黒…。
しかも無量空処を喰らいまくって、五条先生まで始末してしまった…。
精神どん底なのはわかるが、これで心がドリトライのように心が強えんだ…ってしてたらこれで終わっていたのである。

日下部でも割と避けれた次元斬を五条が棒立ちで喰らってくれた

五条悟との戦いを経て、覚醒する宿儺の術式。
マコラのおかげで、次元を断つ斬撃をゲットできたのである。
まあこれは伏黒に受肉できたところが運がいいと言えるだろう。

問題は、何故か棒立ちで五条がこの唯一無下限を突き破る斬撃を喰らってるのである。
五条の死体は完全に棒立ちであった。
つまりなんかよくわからんが、特に何も防御も警戒もせずに喰らってくれたのだ。

これは宿儺でもこの一回に限り、伏魔御廚子と同様に閻魔天の掌因なしで詠唱だけで発動できたらしい。
なので、このとき片手だった宿儺の次元斬は、五条が避けれれば勝てたと思われる。

なお、次元斬は割と真希とか日下部ですら避けてる。
なんで五条が避けれないのか…。慢心、環境の違い…。

ぶっちゃけ次元斬は所見だったので、普通の斬撃なら無下限で防げると五条は余裕こいちゃったんだろうけど…。
それでも避けられなかったのは運がよすぎると思っちゃいますね。

狙って出せない黒閃が厄介な真希さんに二回入る

黒閃は狙って出せないのだが、宿儺がめちゃくちゃ警戒してる真希さんにだけ何故か二回も黒閃が入ってしまう。
これが日下部とかに入ってればまだいいんだけど、よくはないんだけど。
真希によりにもよって二回も入るのは運がいいと思いますね。

もう真希さんが黒閃製造機みたいになってるじゃん。

宿儺に主人公補正が入ってるとしか思えない…

というわけで、いくらなんでも運がよすぎる箇所が多すぎる。
呪いの王なのに、実力外のところで運がよすぎる。
普通の漫画だと、これは主人公が言われる内容である。

属に言う「主人公補正」って奴ですね。
これが「ラスボス補正」になっている。
聞いたこと無いパターンである。

実は重面春太の術式を宿儺がいつの間にか手に入れてるって言われたほうが納得が行くレベルで運がいい。
誰だか忘れた人のために言うと、サイドポニーテールのすごく嫌なヤツである。
渋谷で新田ちゃんをボコって、ナナミンにボコられて、ボロボロの伏黒いじめてたらマコーラだされて、宿儺に始末されたヤツ。

アイツの術式は運がよくなるのだ。
宿儺がこの術式をなんか知らんが貰ってる可能性はないだろうか?
ないですね。乙骨の術式ならできると思うけど、宿儺はそんなことできないはず。

というわけで、この運がよすぎる呪いの王を倒すには、同じく主人公補正を持つ虎杖悠仁しかいないんだけど…。
主人公補正どころか、主人公いじめみたいに運が悪い虎杖くんで勝てるのだろうか?
ぜひあの豪運を倒して欲しい。
ニヤけづらを止めて欲しい…そう思って止まないのである。