リンゴォの名言セリフ集!日常で使えるジョジョの語録!ようこそ…『男の世界』へ…

Last Updated on 2024年5月27日

目次

リンゴォ・ロードアゲインの名言・セリフ

遅れましたが自己紹介させていただく……名は… 『リンゴ・ロードアゲイン』3年ほど前 砂漠で『能力』を身につけた『スタンド使い』… 能力名は『マンダム』そう認識していただきたい。

ドクロのあごひげを持つ、ダンディな男。
まさにうーん。マンダム。って感じである。

受け身の対応者であったジャイロに、「男の世界」に入門させた男の中の男である。
公正なる果し合いこそが自分を成長させてくれるものと信じており、果たし合いをさせるために自身のスタンドで道に迷わせまくる迷惑さを持つ。
そのスタンドはラスボスや主人公以外で初の時間操作系のスタンド。
6秒時間を巻き戻せるスタンドであった。

そんなリンゴォ・ロードアゲインの名言・セリフを解説しつつ、日常で使える場面を解説します!

『ジョジョの奇妙な冒険第7部 スティール・ボール・ラン』をお得に読むならebook japanがおすすめです!

初回ログインクーポンを使えば、6回までクーポンが使えるので全巻70%引きで買えます。(6冊じゃなくて2000円まで割引を6回使える!)カラー版で購入も『可』能!

ebook japanの詳細は下記の記事にまとめてます。

ebookjapanの詳細!新規登録手順!

ebookjapanの公式サイト

ようこそ……『男の世界』へ……

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
ようこそ……『男の世界』へ……

使用用途:凄みを出して男湯でつぶやく時

ジャイロに取って決着したリンゴォとの決闘は、男の価値観を決める決着となる。
『真の勝利への道』をジャイロが歩むことを確信し、公正な決闘で散ることができたリンゴォの死に際である。
リンゴォはジャイロが男の世界へ踏み込んだことを喜び、血を撒き散らし倒れたのだった。

改めて……よろしくお願い申し上げます

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
改めて……よろしくお願い申し上げます

使用用途:仕切り直す時

迷子のガウチョさんにブチギレられたリンゴォは、素直に表に出てきたのである。
しかも、なんてご丁寧な挨拶なんだ…。
何をよろしくしたいのかさっぱりわからないが逆に怖すぎる。

オレはウソつきではないが…別にそう呼びたければそれでもかまわない……だが正しい道はひとつだ

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
オレはウソつきではないが…別にそう呼びたければそれでもかまわない……だが正しい道はひとつだ

使用用途:嘘つき扱いされた時
ガウチョにウソつき野郎呼ばわりされて、気にしてるリンゴォ。
ウソつきじゃないけど、そう呼びたきゃ好きにすればいいじゃない!ということである。
しかし、真実は常にひとつ!
この森を出たいなら、道を教えるとかではなく、リンゴォを殺すしかないのだ!

ほんの6秒時間を巻き戻すことで、森を抜けることが出来ない。
ただ『走り終わった』…という『記憶』だけは残ので絶対に抜けることはできないぜ!
なんて嫌な嫌がらせだ!

感謝いたします

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
感謝いたします

使用用途:ありがとうと言いたい時
ガウチョとの一騎打ちに勝利したリンゴォ。
なんと始末した後に感謝してしまった。
リンゴォはフェアな果たし合いで高みに行こうと考えているのである。
ある意味ガウチョは通り魔にあったようなものだが、公正なる果たし合いだからしょうがないのである。

会話をするのは…ひとりずつにしたい どちらかひとりあそこの彼くらいまで後に下がってもらえないか…

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
会話をするのは…ひとりずつにしたい どちらかひとりあそこの彼くらいまで後に下がってもらえないか…

使用用途:なんか大人数で喋りかけられて何言ってるかわかんないとき
ジャイロとジョニィに「なんだァ?てめえ…」と話しかけられたリンゴォ。
しかし、二人はフェアではない。
どっちかジャマだから下がってほしいなぁ。

もしここで今からオレと撃ち合いになるとしたなら……だ…君はオレに勝てない

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
もしここで今からオレと撃ち合いになるとしたなら……だ…君はオレに勝てない

使用用途:唐突にマウント取る時
ジャイロから「いいからさっさと答えろや」的なことを言われてしまたリンゴォ。
そんなジャイロにいきなりレスバで勝利目前なのである。
おめーじゃオラには勝てねえ…とカカロットみたいなことを言い出したぞ…。
これは戦闘民族…。

悪い事は言わない…君は下がれ

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
『左の彼』なら可能性はある だから君が後に下がれ 会話をするのは『左の彼』とだけだ 悪い事は言わない…君は下がれ

使用用途:下っ端っぽいやつを後ろに下げる時
なぜかジャイロは相手にならないので下がれと言うリンゴォ。
ジョニィなら可能性はあるらしい。
おいおい。じゃあ何か?ジャイロはガウチョ以下だって言いたいのか?

左の彼にはいざという時 オレを殺しにかかる『漆黒の意思』が心の中にある…だが君はそうではない…そういう『性(さが)』

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
左の彼にはいざという時 オレを殺しにかかる『漆黒の意思』が心の中にある…だが君はそうではない…そういう『性(さが)』 だから下がれ それが理由だ

使用用途:左のやつがサイコパスな時
この時初めてジョニィが今までの主人公とは別格の『漆黒の意思』があることが判明する。
黄金の精神?そんなものジョニィにはないよ。

マジかよ。どっちかっていうとこれまでの経緯的にジャイロのほうがありそうだったが。
ポークパイハットのときなんて明らかになさそうだったのに。
このレースがジョニィの内なる『漆黒の意思』…殺意の波動に目覚めたジョニィ・ジョースターに進化させようとしているのか…。

君はオレが攻撃したらそれに『対応』しようとしている それが心体にこびりついている

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
君はオレが攻撃したらそれに『対応』しようとしている それが心体にこびりついている

使用用途:パワハラを受け流された時
ジャイロは先に攻撃されてから、それに答えようとする精神テンションであった。
それではこの一騎打ちでは話にならない。
対応したのではリンゴォに勝てないのである。
しかし、ジョニィは絶対殺すマンの才能があるので、有無を言わさず先手ブッコロさ!

『才能』ではすぐれたものがあるのかもしれないが こびりついた『正当なる防衛』ではオレを殺す事は決して出来ない

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
『才能』ではすぐれたものがあるのかもしれないが こびりついた『正当なる防衛』ではオレを殺す事は決して出来ない

使用用途:パワハラを訴えられそうなとき
どんなにジャイロが鉄球の才能があっても、戦闘が強くても、相手が手を出さなければ攻撃しないのでは勝てない。
正当防衛とかでぶん殴るとかいう精神ではだめなのだ。

受け身の『対応者』はここでは必要なし

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
受け身の『対応者』はここでは必要なし

使用用途:自分で考えろと言いたい時
ジョニィのように、推定無罪だが即始末する精神がこの場では必要!
受け身の対応者などここには不要であると知れ!
男の世界が怖すぎる!

ほんの『6秒』 それ以上長くもなく短くもなく キッカリ『6秒』だけ『時』を戻す事ができる それが『能力』

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
ほんの『6秒』 それ以上長くもなく短くもなく キッカリ『6秒』だけ『時』を戻す事ができる それが『能力』

使用用途:やり直したい時
まさかの時間操作系能力者…!!
これまでラスボスとか主人公しか持ち合わせなかった時間操作するスタンドだと!?
まさかこんな中盤にはいったくらいの段階でこんなヤツが出てくるとはさすがに思わなかったのである。
ミセスロビンスンとかいうスタンドですらないやつからそんなに時が経過してないにも関わらずだ!

公正なる『果し合い』は自分自身を人間的に成長させてくれる

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
公正なる『果し合い』は自分自身を人間的に成長させてくれる 卑劣さはどこにもなく…漆黒なる意志による殺人は 人として未熟なこのオレを聖なる領域へと高めてくれる

使用用途:フェアにいきたいとき
ジョニィ達を迷わせるのは何が目的なのか?
これまでの敵みたいな卑劣さがないことが逆に疑問である。
しかし、迷わせることでリンゴォを殺しに来てほしいらしい。
ドMなのかと思ってしまうが、リンゴォは公正なる『果し合い』で漆黒の意志の殺人により成長したいのだ。

乗り越えなくてはならないものがある 『神聖さ』は『修行』だ

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
乗り越えなくてはならないものがある 『神聖さ』は『修行』だ

使用用途:まじめだねえと言われた時
卑劣のない決闘!
そうウェカピポの妹の夫のような決闘がしたいとういうこと。
あいつはクズだが、決闘に関してはフェアだった。
奴はウェカピポと同じ鉄球同士なので、ある意味リンゴォ以上の公正さだ。
リンゴォとウェカピポの妹の夫は同じ『神聖さ』と言える…いや、リンゴォが目指す男の世界こそウェカピポの妹の夫なのだ!(錯乱)

よろしくお願い申し上げます どうする?決めるのは君たちだ…

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
よろしくお願い申し上げます どうする?決めるのは君たちだ…

使用用途:メルカリで値下げ交渉されたが下げる気がないとき
リンゴォの今までの敵とは違う圧倒的な世界観にどうするのか!?
ジョニィもこいつマジでか!?という困惑を隠せないのだ。
決めるのは君たちと言われても、リンゴォのせいで先に進めないしなぁ。

これが『男の世界』……反社会的と言いたいか?今の時代……価値観が『甘ったれた方向』へ変わって来てはいるようだがな…

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
これが『男の世界』……反社会的と言いたいか?今の時代……価値観が『甘ったれた方向』へ変わって来てはいるようだがな…

使用用途:昭和の親父なとき

これが『男の世界』……。甘ったれ以前だが、仁義を持った決闘ってやつだろうか。
公正さが重要なんて漢っぷりを見せる敵は、下手したらワムウ以来なのではないか。

だが帰る。

付き合ってられねえので帰ろうとしたジャイロ達の不意打ち!!
的確には隠れてたホットパンツの攻撃!
うおおおおお!公正さの長話を聞いてたのかてめえらァ!

『公正(フェア)』にだ……すでに公正にそれは話した

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
『公正(フェア)』にだ……すでに公正にそれは話した

使用用途:すでに説明したことを蒸し返された時
しかし、リンゴォに浅はかな不意打ちなど通じない。
なかったことになってしまうのだ。
6秒戻す。
しかも公正にスデにネタバレされていたのに…おまえらの負けや…。

おまえは『対応者』にすぎないッ!

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
やはり…おまえは…ジャイロ・ツェペリといったか……おまえは『対応者』にすぎないッ!

使用用途:毎回飲みに誘ってるのが自分の時
うおおおおお!!ジョニィが死んだ!
ジャイロの怒りの鉄球だが、リンゴォのコルトが勝利したのである。
さらにジョニィが撃たれてから本気出したジャイロを対応者煽りするのだった。

汚らわしいぞッ!そんなのではオレを殺す事は出来ないッ!

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
友を失ったからその『鉄球』を放りやがって……汚らわしいぞッ!そんなのではオレを殺す事は出来ないッ!

使用用途:暴言を言われた時
友を失った怒りの鉄球…。
リンゴォが求めているのはそんな感情による復讐の鉄球ではない。
当然!決闘だ!公正なる決闘を望むリンゴォには、怒りの友情パゥワーなど汚らわしいのである。

オレが仕とめるのは『漆黒の意思』でオレの息の根を止めようとかかってくる者だけだ

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
オレが仕とめるのは『漆黒の意思』でオレの息の根を止めようとかかってくる者だけだ おまえなんかにはとどめを刺さない……決めるのはおまえ自身だ

使用用途:質問はあるか?と聞いて、誰も質問してくれないので煽る時
『漆黒の意思』で向かってきたジョニィに対しては、きっちり撃ってやったわけである。
しかし、ジャイロみたいに漆黒の意志皆無の怒り任せなどリンゴォは相手にしないのである。
ジャイロは漆黒の意志を持ちリンゴォと再び対峙することができるのか!?

まだいたのか…おまえの行為などもう何事でもない 既に言った筈だ

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
まだいたのか…おまえの行為などもう何事でもない 既に言った筈だ

使用用途:失せろと言ったのにまだいたとき
まだジョニィは死んでねえ!正義の心が宿ったジャイロは漆黒の意志に再度向き合うのである。
『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!

しかし、「まだいたのかよ」みたいにめちゃくちゃ下に見られてしまっている。
鉄球の攻撃も、6秒戻されてしまったが、スデにジャイロはスキャンしていた。
左鎖骨の位置に古傷があるのを見つけていた。
古傷への衝撃は左半身を麻痺させるのだ!これがジャイロのレッキングボール!

少しいい『眼光』になったッ!!だが所詮まだおまえは『対応者』に過ぎない!

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
おもしろいぞジャイロ・ツェペリ 少しいい『眼光』になったッ!!だが所詮まだおまえは『対応者』に過ぎない!

使用用途:部下が成長した時
リンゴォの銃弾でジャイロを即死させるも、リンゴォも鉄球により左鎖骨を砕くことで致命傷のダメージである。
中途半端に即死を免れたリンゴォは銃弾でギリギリ時を戻したのだった。
で…どうする?『再び』か? 再びかァァー――ッ!!

さすがのリンゴォもジャイロの評価がよくなってきたが、まだ対応者扱いなのだった。

『一手』オレはしくじったってわけか…

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
見事だ…ジャイロ・ツェペリ 『一手』オレはしくじったってわけか…

使用用途:一手しくじったとき
今度は左鎖骨を守ればいいだけのリンゴォ。
しかし、マンダムの弱点は戻す前の時間軸も記憶にあることである。
ジャイロは空中に飛び散っていた『木の破片』を覚えていた。
ガードしたはずの左手を貫いて木の破片が鎖骨に突き刺ってしまう痛恨のミス…!
一手リンゴォの上をジャイロはいったのである。

『光の道』を見ろ…… 進むべき『輝ける道』を……

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
だから対応者だと言うのだ!『光の道』を見ろ…… 進むべき『輝ける道』を……

使用用途:若者には未来があると言いたげなとき
すでに致命傷のリンゴォを見て、二発目なんか撃つ気がないジャイロ。
そんな対応者の精神を見て、リンゴォは進むべき『輝ける道』を見ろと助言したのである。
ジャイロは納得したが、リンゴォは納得していない。漆黒の意志でとどめをさせ!

『社会的な価値観』がある そして『男の価値』がある 昔は一致していたがその『2つ』は現代では必ずしも一致してない 『男』と『社会』はかなりズレた価値観になっている……

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
『社会的な価値観』がある そして『男の価値』がある 昔は一致していたがその『2つ』は現代では必ずしも一致してない 『男』と『社会』はかなりズレた価値観になっている……

使用用途:昭和の頑固おやじを語る時
『男の世界』とは!厳しい道を乗り越える覚悟を持つ事である。
そのためには漆黒の意志と、公正さを持った真の決闘における勝利が必要なのだ。
現代の価値観のような『甘ったれた方向』ではなしとげられない世界観…。

『真の勝利への道』には『男の価値』が必要だ…おまえにもそれがもう見える筈だ… レースを進んでそれを確認しろ…『光輝く道』を…オレはそれを祈っているぞ そして感謝する

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
『真の勝利への道』には『男の価値』が必要だ…おまえにもそれがもう見える筈だ… レースを進んでそれを確認しろ…『光輝く道』を…オレはそれを祈っているぞ そして感謝する

使用用途:真の勝利への道を祈る時
真の勝利の道を指し示したリンゴォはジャイロの光り輝く道を祈り、この決闘に感謝したのである。
こうして漢は散ったのだった。

ジョジョ関連リンク

ジャイロ・ツェペリ

ジョニィ・ジョースター

ホット・パンツ

ガウチョ

関連記事

ジョジョ名言ジョジョの暴言・悪口集ジョジョ1部名言集ジョジョ2部名言集ジョジョ3部名言集ジョジョ4部名言集ジョジョ5部名言集ジョジョ6部名言集ジョジョ6部のジャンプの煽り集[…]

関連記事

ジョジョ7部名言ジョニィ・ジョースターの名言ジャイロ・ツェペリの名言ファニー・ヴァレンタインの名言ディエゴ・ブランドー(スケアリー・モンスターズ)の名言ディエゴ・ブランドー(THE WORLD)の名言[…]