ジョジョランズ13話!ネタバレ感想!「その年わたしたちに起こった不条理な出来事」

       

Last Updated on 2024年6月21日

ドラゴナ・ジョースター虐められてた

最新話

ジョジョランズ14話の扉絵がレア表紙っぽくて好き最新話感想![sitecard subtitle=関連記事 url=https://taokasu.com/jojolands16/ target=]まさかの3連チャン…![…]

ついに明かされるジョースター兄弟の過去。
ドラゴナジョースターはのほほんと水中バレーをしていたのだ。
なかなかのかわい子ちゃんにうっかりボールを当ててしまったが、のほほんとした空気である。

だがそれが!かわい子ちゃんの逆鱗に触れたッ!!

ブッ殺すぞてめえッ!とか言われている…。

そしてスクールバスでは、この女のアイスを踏んづけた上に…。
あそこが本物と同じか確かめられようとしているではないかッ!!
うらやまs…けしからんッ!!

この女1話の変態警官とやってること一緒じゃねえか。
ひょっとして変態警官の娘かと思ったのだが、学校関係者でおえらいさんらしい。
なるほど、このパターンのキャラはあまり見たことがないな。

そして、実にミューミュー以来かもしれないビューラーでブラの絵を書いてくれるらしい。
くそ!なんだこのプレイは!!
だが、このドラゴナのピンチに現れたのは小学生であった。

何故かジョディオが後ろに立っていたのである。
そして、既にジョディオはスタンド使いであった。
この年でスタンドを使いこなしている!?
ジョルノでも片鱗しあ子供の頃は見せていなかったのに…ジョディオはスタンドの才能バッチリだね。

雨でまぶたをヤラれるいじめっ子女…。

だが、ジョディオの怒りはこんなもんじゃあ済まないぜ…。

『ジョジョランズ』をお得に読むならebook japanがおすすめです!

初回ログインクーポンを使えば、70%割引され、全巻買っても1700円が500円になります。

最新号のウルトラジャンプを一緒に買っても733円で4冊買えちゃいます。

ebook japanの詳細は下記の記事にまとめてます。

ebookjapanの詳細!新規登録手順!

ebookjapanの公式サイト

ジョディオ・ジョースターがサイコパス過ぎて引く

ここからがジョディオジョースターがサイコパスなところである。
このガキ…。
スクールバスごと燃やしおったわ。

だ、大惨事…。

主人公がやることじゃあねえ!
このブラコンやりやがった!

ドラゴナの味方してくれた男まで燃やしてる…。
それを無表情で見ているジョディオ・ジョースター。
鳥がいなければ確実に始末していただろう。
なるほど…初めて本当にサイコパスだと心で理解できたぜ!!

自分と兄さんに危害を加える者は誰だろうと許さないということ。
パコが止めなければチャーミングマンも100%殺してただろう。
そして、バスに入ってきた鳥は何も危害を加えてないから、ノーヴェンバー・レインで消火したということである。

いいのかこいつが主人公で…。

そして、ついにジョディオとドラゴナのパパが登場である。
そして、怒っているドラゴナ。
ジョディオが犯人と気づいているとは鋭い。
弟がサイコパスと理解しているのである。

理解している上で、ジョディオに感謝するしかない。
いじめられていたのは事実であり、よく眠れたのである。

こうして、二人の秘密「スムースオペレイターズ」と「ノーヴェンバー・レイン」はドラゴナによって命名されたのである。

だが、このジョディオの行動が、家族を危険にさらすことになる…。
実は彼らの父は保険会社に勤めていた。
そして、バスで燃やされた被害者のいじめっ子の女の親により多額の保険金を取られてしまったのだ。

これにより責任を取らされて、首になった父親は出ていってしまった…。
もうハワイに居られなくなった夫の代わりに働く決心をするバーバラアンだったが…。

「不条理」

母親のバーバラ・アンは仕事と子育ての過労で病弱に…。
電話料金や納税の催促まで…。
そしてギャング度もに目をつけられたジョースター兄弟を救ったのが…メリル・メイ校長だったのである。

メリル・メイってひょっとして、敵にならないのかもしれない。
めちゃくちゃいい奴やんけ。
でも、裏切るんだろうな。
ジョディオとメリルどっちが裏切るのかはわからないが…

ジョディオジョースターが不条理を許さないことだけは確かである。

次なる敵はインフラ警備会社「HOWLER(ハウラー)」!?

そして、時は現代に戻る…。
溶岩の秘密を知ったメリル・メイ。
そして、紹介されるチャーミングマン。

そして、1話以来の携帯の電源を「切って♪」コールである。
しかも今回はチャーミングマン以外全員でのコールだった。
見て!ジョディオくんもコールしてるよ!

仲良しかよ。

なお、パコがチャーミングマンを紹介する際に、ナイフの使い方がヘタクソなのでいい奴と解説していた。
なんでそこにずっと拘るんだよ。
ナイフの使い方がうまい奴になんか嫌な思い出でも在るのか。

そして、岸辺露伴の実験を含めて語るチャーミングマン。
ついでに2個あったのに1個壊れたことも報告されていた。
チャーミングマンは優しいので誰がやったか言わないのである。

だが、他の3バカのわざとらしい咳でメリルメイにバレてそうである。
そこで新たにわかったのは「HOWLER(ハウラー)」という会社が所有している土地に溶岩があるということである。
しかもこんなちっさいのだけでなく、もっとでかいのもあるっぽい。

そして、弟を探そうとすると社会的な邪魔が入る。
明らかに不条理…何かあるに違いない。

良し(グッド)

ギャンブラーみたいなセリフを言ったメリルの次なる司令は…。
インフラ警備会社「HOWLER(ハウラー)」がある山ごと全部頂くことである。
「権利」を溶岩で奪うッ!!

500億ドルの大仕事になったぞ。
まずは溶岩を「近づけ」にだけ行くことになるのだ!!

なんだ…今回はフアラライ山を買い占めたわけじゃなかったんだな岸辺露伴…。
六壁坂とはレベルが違ったか…。

ジョジョランズ14話以降を予想する考察!社畜のリーマンが敵なのか?

ついにジョディオの過去が明かされましたが、サイコパス度が増しまくっただけでしたね。
なんで二人はスタンド使いになったかは解明されないのでしょうか?
一応、7部も8部も何かあったんだがなぁ。
悪魔の手のひらとか壁の目とか。
途中からなんかよくわかんないけどスタンド使いにみんななってたが。

このいじめっ子の女はビジュアルがいいのにクソのような性格なのがいいですね。
8部だと常敏もつるぎも同級生女子のビジュアルがアレだったので…。
9部だとモブ女子はビジュアルがイイ。
男はレオ君とか更に興奮してきたおっさんとかですが…。

その辺の漫画だと、このいじめっ子女子がスタンドに目覚めて、ジョディオかドラゴナのせいと気づいて復讐に来るものですが…。
そういう展開はあるんでしょうか?
オージローのときみたいに後半唐突に敵として立ちふさがる展開もありえないとは言い切れないとおもうのですが。
でも火傷まみれで志々雄真実みたいな感じで登場する可能性もあるのか…。

そして、物語の第二部といったところでしょうか。
明らかにこの「HOWLER(ハウラー)」にスタンド使いわんさかいそうだな。
今回はここの社員が敵になるのか?

吉良吉影みたいなヤツが出てくるんでしょうか。
敵がリーマンの社畜とかワクワクしてくっぞ。

保険金が入って生活してるウサギですが、実はジョディオの親父の会社から貰ってたりして…つながりはあるんですかね?
バスで燃やされたんじゃなくて、轢かれたらしいですが。
そのジョディオのパパはどこに行ったのか?
パッと見でジョジョリオン最大の謎の記憶の男ではなさそうだな?
記憶の男だったらいいのに。

ジョジョランズの関連リンクッ!!

サイトマップ

ジョジョランズ本誌感想第16話 感想第15話 感想第14話 感想第13話 感想第12話 感想第11話 感想第10話 感想第9話 感想第8話 感想第7話 感想第6話 感想第5話 感想[…]