クレイジーDの悪霊的失恋ノベル版ネタバレ感想!

クレイジーDの悪霊的失恋ノベル版ネタバレ感想!漫画と小説のアルティメットシィンガーな違い!

クレイジーDの悪霊的失恋ノベル版ネタバレ感想!

Last Updated on 2023年12月21日

目次

クレイジーDの悪霊的失恋の小説版と漫画版の違う所について

基本的に流れは漫画版と一緒で順番が違う。
例えば、漫画版では最初はホルホースがオウムの捜索依頼をババアにされて、世界一女に優しいホルホースは探す旅に出る。
しかし、小説版では最初は俺たちが元々知ってるシーンから始まる。
正確には、そういう出来事があったと知っているシーンから始まる。

ゲロを吐くぐらいこわがらなくてもいいじゃあないか…安心しろ…安心しろよ…花京院

この回想が出てくるのは、漫画版では8話なのに、冒頭で「友達になろう」とか言われているのだ。
いきなりこのシーンで始まると、表紙はホルホースと仗助なのに…なんで花京院とDIOから始まるんだろう。
オレこのシーン知ってるし、何かわからんが面白い気がする!という気持ちになるのだ。

ぶっちゃけ漫画版も最初は花京院のシーンから始めたほうがよかったんじゃないかとすら思ってしまう。
更に、この冒頭のDIOの「ゲロを吐くぐらいこわがらなくてもいいじゃあないか…」は肉の芽とかいうキモい物体を花京院が植え付けられて、その悲鳴で終わる。
それを見ていた女の子の回想から始まるのである。

さらに原作と似たような中盤の位置で、このすぐに終わってしまった回想を補足する形で肉の芽で「何か大事なものを失くした」花京院まで書かれる。
この小説版は、漫画版の雰囲気や流れをあまり変えないように、漫画版の補足をしてくれるのである。
ぶっちゃけてしまうと、漫画版より小説版のほうが好きだなぁ。

クレイジーDの悪霊的失恋の小説版は漫画版の補足をしてくれる

例えば最後のほう、良平おじいちゃんがトト神により自分の死期を悟った時、「そうだ!京都に行こう!」みたいなノリで「そうだ!ジョセフジョースター呼ぼう」ってなるんですよ。
漫画版もそうなんですけど、これ一言足してることで気づいたことがあります。

「遺産相続関係で連絡しなきゃならん」

良平も想定外だったんだろう。
あそこまでジョセフがヨボヨボになっていることは。
この連絡でジョースター家が混沌になるわけです。

スージーQがガチ切れしたのは良平のせいだったか…!
いや、全部浮気したジョセフが完全に悪いんだが。
でも別に特に会ったこと無いけど、かつて敵だったボインゴの漫画で、良平がジョセフを呼ぼうと思って、来たのが最強の男「空条承太郎」って流れはキレイに纏まってる感じがしますね。

仗助をサポートできるのは「ジョセフ・ジョースター」だと思ってた良平ですが、世代はすでに受け継がれてたわけですね。
承太郎が来なかったら吉良のバイツァダストで少なくとも終わりだったからなぁ。

こんな感じで漫画版を色々補足してくれます。
大きく補足してくれてるところもあれば、上記のように細かいセリフで、なるほどねぇ~と思わせてくれるところが多いですね。
小説版は読むのに時間かかるけど、細かい所を説明してくれるので新たな気づきが生まれるところがメリットなのだ。

クレイジーDの悪霊的失恋の「漫画版」より「小説版」がよかったところ

スピンオフはファンサービスでなければならない。
しかし、漫画版はそれが薄かったように思う。
序盤こそ、マライアとか出てきてワクワクしたが…。
何故かマライアと結婚ケニーGなんてクソどうでもいいやつまでいるし…。

これは色々出てきそうとワクワクしたものです。
だって第一話でこれですからね。
でも、出てきたのは物語に深く関わってた花京院とかダービー兄、何故か呪いのデーボとかである。

花京院涼子の名前を花京院ヘアーでホルホースが察する

実は漫画版では花京院涼子の名前をホル・ホースは聞いてない。
仗助は「先輩」としか呼んでないし、涼子も「私立極道高校生徒会副会長 花京院涼子!犯したる!」みたいな自己紹介してないので、ホルホースは気づいていない。
彼女が花京院典明の関係者と気づいていないのだ。

しかし、小説でも本人が「この髪型は花京院ヘアーよ(キリッ)」と言っているように、ホルホースが花京院ヘアーに気づかないなんてことあるだろうか?あんな変な髪型…。
いや、そもそもなんだ花京院ヘアーって。その前髪ドリルな髪型してる花京院の一族は絶対あいつしかいなかっただろ。
他の花京院一族を全員巻き込むんじゃあないッ!せめて典明ヘアーとかテンメイヘアーにしろ!

そして、漫画版では節穴カウボーイ野郎だったホルホースも、小説版では一目見て気づいてしまう。
花京院ヘアーのおかげで涼子があの花京院の関係者と確信する。
ついでに言えば、仗助は涼子を「花京院先輩」と小説版では呼んでいるので、確定的に明らかである。
さらに小説版では察しがいい仗助は、「花京院」というワードを出し、ホルホースが涼子のヒーロー「花京院典明」の死に関係していることまで気づいてしまうのである。

漫画版では花京院の関係者出しといて、花京院を知っているホルホースが気づかないで終わるのはどうなの?って思ってたので、小説版のこの改変はとてもよかったです。

東方仗助、ホルホースに髪型を褒められて上機嫌

脳内では「ハンバーガー」とかスピードワゴンみたいに「おれはッ!!今までの人生で世界各国を放浪しいろんな物を見て来たッ!だがこんな変な髪型は見たこともねえッ!!」とか言いたい放題のホルホース。
当然仗助の頭に乗ってるハンバーグの話である。

しかし、「そのかっこいい髪型」と口では言ってしまうホルホース。
コイツのこういうところは本当に凄いと思う。
これがブチャラティなら汗舐めてアリアリだが、仗助は違う。

漫画版では褒められたからホルホースになついたわけではなかった。
「かっこいい」と言われているのに、何故か半ギレ風な仗助。
「そういう人目気にしないところがおめーなんやろーが」みたいなセリフに心撃たれて懐いていた。
ぶっちゃけもっと喜ぶところじゃないのか…と思っていた。

しかし、小説版では「かっこいい髪型」というワードに完全に上機嫌である。これ以上ないくらい嬉しそう。
思えば、原作だろうが小説だろうが、なんだろうが彼は髪型を褒められてない。
褒められて最高に上機嫌になる仗助が僕は見たかったのだ!サンキュー小説版!!

髪型けなされて有無を言わさずブチギレるなら、褒められたら有無を言わさず上機嫌だよな。ふつー。

小説版クレイジーDの悪霊的失恋では吉良吉影が登場してしまう

  • カメユーデパート杜王町支店で働いてる
  • ヴァレンチノのスーツ着てる
  • 影が薄そう
  • 胸とか顔とかじゃなくてずっと花京院涼子の手首見てくる

吉良吉影だこれーー!

名前は書かれなかったが、明らかに吉良吉影なサラリーマンが出てきた。
こんな奴は吉良以外いない。実は吉良の同僚とかもありえない。

でもよく涼子はヴァレンチノのスーツって見ただけでわかったな。
普通スーツの外見だけでブランド名わからないだろう…。
しかも、こんな高いスーツ来て上司に怒られないのか?とか目立つ気満々なんじゃねーのかコイツという俺たちが思ってることを平然と突っ込みやがる…。

出会ったのは涼子なので、原作とも矛盾がない。
仗助が会ってたら「あー!おめーあの時のサラリーマン!」ってなる可能性も考慮する必要があるからな。

カフェで花京院涼子と出会った吉良吉影。
明らかに涼子を爆破して手首とデートしたそうな吉良さんだったが、涼子が深爪してたことにご立腹である。
深爪!?ふざけんな!もう帰ゆ!と帰ってしまった。なんだコイツ。

その直後に涼子の元に来る東方仗助…。
こうして二人の邂逅は未来に持ち越されることになる。
こういう原作のジャマしないファンサービス大好きなんだよ。

しかし、ラスボスに二人も出くわすキャラクターはそうはいない…。
承太郎(3人)、ジョセフ(2人)、ポルナレフ(2人)に並んで花京院涼子(NEW)が追加されたのである…!

この流れで岸辺露伴も出るかと期待したが出なかった。
漫画と同じく噴上裕也は名前だけ出たってのに。

でも仗助がトト神見て「漫画ってなんか嫌いなんスよね~」とか言っててワロタ
これは出会う前から露伴の天敵ですわ。

ポルナレフとホルホースがDIO戦後に会っていた件

漫画版ではホルホースが自分で自分を撃ったので入院した病院から、ジョースターが負けたらDIOにぶっ殺されるので逃走するホルホースが描かれた。
その際に、ホルホースは最後のエメラルドスプラッシュを見て心が震えあがるのだが、その心境が小説版では細かく書かれていた。

そして、小説版ではさらにその後が書かれるのだ。
その後ぶっ倒れたホルホースが目覚めると、電柱が目の前にあった。
いや、コイツは「ポルナレフ」ッ!!

漫画版では影も形もなかったポルナレフがまさかのガッツリご登場!
ホルホースは最後のエメラルドスプラッシュを見たが、ポルナレフはあいつの最後が見れなかったことが悲しそうである。

「銃は剣より強しとか言ってたが今でもそう思うか?」

「オレの敗北だ」

「ちょっと見直したぜホルホース」

このくだり好き。
なんやかんやで、この二人は気が合いそうなんだよなぁ。
エンヤ婆のときのコンビっぷり最高だったもんな。

しかし、敗者のホルホースと違って、ポルナレフはすでに先を見ていた。
DIOを倒した直後に、すでにさらなる「悪」への敵意をイタリアというワードと共に向けていたのだった。

つまり、Jガイルへの復讐と同時に、ディアボロの件についてもすでに行動してたってこと?
そのあと承太郎に付き合ってもらって5部の回想に繋がるって感じですかね。
3部の頃のポルナレフはシェリーの仇と、その根源の打倒DIOだけ考えててほしかったから、これはちょっと蛇足だと思っちゃう。
DIO倒した後、なんでスタンド使い増やせたのかを調べててディアボロにたどり着いてほしかった。

ホルホースの助けた女が全員妊娠してた未来という運命を決定づけた補足

漫画版にもあった、「DIOを撃つ!」の後に、DIOの餌として捨てられてたが生きていた女を救い出すホルホース。
救い出したのはいいが、それで終わりだった。
原作を見てないと、ここいる?としか思わないシーンである。

原作を見てても「ひょっとして」とは思うが、明言されてないのでモヤモヤしていた。
小説版ではこの答え合わせが書かれている。

この女達はこの後入院しており、ホルホースは後日この病院を訪れる。
そして、すでにいなくなっていたが、衝撃的な事実が!
全員妊娠してた。

やっと明言されたのである。サンキュー小説版!!
漫画版では3人しか女が書かれてなかったが、小説版では人数が書かれてないので、脳内で4人いたことにできるぜ…!

ジョルノとウンガロ、リキエル、ヴェルサスはホルホースのおかげで爆誕したんだね。
ホルホースがいなければ、トリッシュは死んでたし、ブチャラティの心も生き返らない。
時も加速しなかったのだ!!

そう言われるとめちゃくちゃジョジョ5部と6部のキーマンみたいに見えるな。

ホルホースの過去についての謎が明かされる?

ホルホースに悲しい過去が…。
彼は何故、世界一女に優しい男になったのか?
何故カウボーイの格好をしているのか?
謎に包まれていたホルホースの過去が明らかになるぞ!!

言うほどじゃなかったし、カウボーイの件についてはしょーもなかったので逆にホルホースらしくていいと思う。

空条貞夫とかいう原作でも出てきてない名前が出てくる

まさかの空条貞夫。
上院議員の死亡後の話とか目ん玉からゲロ吐きてーのか!とか言ってた上院議員の運転手のその後とか、モブに関してもこの小説では語ってくれる。

しかし、まさかの空条貞夫。

承太郎ですら対して出てこないのに…原作では登場人物紹介でしか書かれてない…空条貞夫が!?
登場したわけではないんですけど、仙台のジャズフェスで伝説をのこしていたのが空条貞夫らしい。
さすが承太郎の親父だ…。
こいつ実在したのか…。

割とどうでもいいシーンではあるが、空条貞夫とかいw

テレンス・T・ダービーがエンヤ婆とどっちがDIO様の側近にふさわしいか張り合ってた設定

ダービー弟はDIO様の執事だよ風なことを言っておいて、序盤影も形もありあせんでしたからね。
エンヤ婆と実は張り合ってた設定はちょっと原作を脳内補完できるのでいいと思う。

クレイジーDの悪霊的失恋の「小説版」より「漫画版」がよかったところ

蛇足という言葉がある。
小説版は漫画版を補足してくれてはいるのだが…それいる?ってのも当然あった。
もっと言えば、せっかく補足してるんだからやってほしかったこともある。
その辺の個人的感想を書いてみます。

仗助のヒーローがいた過去が嘘という解釈はさすがにどうかと思う

これが正史!とかいうやつが出てくるかもしれないからこれはやめてほしかったなぁ。

花京院涼子は自分のヒーローである「花京院典明」にあこがれてこの「花京院ヘアー」にしてるのよ。
この言葉に仗助は、「それ…いいね!」である。

嫌な予感がしたのである。

この涼子の言葉で、仗助は「高熱出した雪の日にこの髪型したヒーローに助けてもらった」設定を思いついた!
ホルホースには最初「特にこの髪型の意味はねえ」だったのだ、上記の設定を語りだしてる。
そして母親の朋子が言うには良平じいちゃんとのやり取りでロン毛からこのハンバーグに変えただけだという話が…。

おいおいおいおいおいおい!!
これはだめだ!絶対に駄目だ!!だめだ!ふ、ふざけるなぁ…!

仗助と言えばこのヒーローに助けられたことで憧れてあの人と同じ髪型にしてるストーリーでしょ。
ジョルノと同じ感じで憧れてる何かがいるからこそのあのキャラクターなのよ。
別に良平でもいいけどさぁ、適当すぎるんよ。いや、適当じゃなくてもよくねえよ!!
もし特に理由がないっていうなら露伴を再起不能にした仗助が完全にヤベーやつじゃないか。ヤベーやつだけど。

俺たちは永遠に「あれは仗助本人」とか「あれは仗助とは関係ない一般人」とか「そんなのあったね(笑)」とか言ってたいの!!
これなら仗助がスタンド攻撃で過去に飛んだ仗助と決めつけたザ・ブックの設定のほうがマシやで!!

まあジョセフの息子って感じでいけば、この適当さは順当かもしれないが…。
この過去だけは「嘘」にしてほしくなかった。

ホルホースが東方朋子にまで会っておいて、仗助の親父の正体に気づけ無いもどかしさ

最後に知ってもよかったんじゃないの?
「くそっ…じれってーな オレちょっとホルホースに仗助の親父の名前教えて来ます!」って気分にされてもどかしい。
仗助の甥の名前はこの時点では無理があるとして…せっかく仗助の親父の名前というホルホースがびっくりして腰抜かすネタがあるんだから、最後のオチで知るって感じでもよかったのでは?

漫画版では最後までジョセフはおろか、涼子と花京院の関係もホルホースは知らなかったので、小説版はマシと言えばマシなのだが…。
やっぱりジョセフが仗助の親父だって事実は知って終わってほしかった。
それがオチってもんだろう!
失恋の伏線回収より大事だよ!

仗助がホル・ホースを兄貴と呼ばない

漫画版ではホルホースのことを「兄貴」って呼んでるんですよね。
これが一人っ子の仗助が「兄貴」扱いしてるって感じでエモかったんですが。
小説版では「ホルホース」である。
せめて「さん」をつけてやれよ。

兄貴に慣れすぎたのか、呼び捨てに最後まで違和感が拭えなかった。

【悲報】仮頼谷一樹さん、アルティメットシンガーとかいう謎の概念だった

仮頼谷一樹とかいう自分以外カスだと思ってるけど特にナンバー1でもない男がラスボスである。
ディオとは違い、実力は大したことないゲス野郎。
つまり間田がラスボスみたいなもんだな。

そんなところは漫画とは何も変わってない。
変わったのはここである。

ア ル テ ィ メ ッ ト シ ィ ン ガ ー

シィング♪シィング♪アルティメット・シィンガー♪とか謎の歌を歌う仮頼谷は、自らをアルティメットシィンガーと思っている精神異常者だった。
漫画版と同じだが、彼の祖父は本物のアルティミットシイングを見ている。
爺さんがカーズ様の異名を孫に教えたのかなんなのか知らないが、アルティメット・シィンガーになってしまった。
おまえのような雑魚なカーズがいるか!

問題は仮頼谷の名前がいつの間にか「アルティメット・シィンガー」になっているのである。
最終決戦という一番の盛り上がりの場面で、「アルティメットシンィガーはぶっ飛んだ」とかアルティメットシィンガーがひたすら連呼されてて流石にワロタ。
これは、不満点じゃないのかもしれない。意味不明すぎてクソワロタので。
でも最後にアルティメットシンィガーで笑わせにくるのはやめろ!!
アルティメットシィンガーしか頭に残らない!!
アルティメットシィンガーwwww

エンヤ婆がスタンドの名前つけたってのはさすがに無理があるだろ

ホルホースがなんで皇帝なのか?
そこに着目するのはいいと思う。
でも、ホルホースもデーボもJガイルも皆…スタンド名なかったからエンヤ婆がつけたは無理があるだろう。

4部以降みんな好き勝手名前つけてるじゃん。
ホルホースも生まれつきのスタンド使いなのに、名前つけてなかったは無理があるんじゃない?
むりやりDIOが統一感出したいから名前変えさせたとかならまだわかるけどさぁ。

まあ、たしかになんで全員序盤の部下がタロットで統一されてんだ…とか、一人くらい星とかぶるんじゃないのか…とか色々疑問はあったが。
すでに原作から無理があるが…。

テレンス・T・ダービーがスタンドの名前つけたのはもっと無理があるだろ

テレンスもエンヤ婆に張り合って、スタンド名つけたのである。
そこでトト神である。

ボインゴは、なんか本がトトって喋るという話をテレンスに伝えた所、トト神っていたなぁとなったのである。
自分をアトゥム神とかちょっといい感じのにして、あいつはオシリスでいいやとか適当に決めてて草。

エンヤ婆もそうですけど、DIOがむりやり名前変えさしたのほうがしっくりくるんだよなぁ。
統一感ありすぎだし、スタンドの名前つけてないやつがこんなにいるわけねえ。

ヴァニラ・アイスとケニーGだけDIOが気に入ってるから名前変えさせられなかったってほうがよかった気がする。
ヴァニラのスタンドは洒落にならねえし。
ケニーGはDIOの館を広くしてくれるからな。

ツェペリさんがトンペティに送った手紙のくだりいる?

絶対いらないだろこのくだり。
なんかむりやり色んな部を混ぜたかったようにしか見えない

結局クレイジーDの悪霊的失恋とは誰が失恋したのか?

漫画版では、仗助が涼子に唐突にフラレて終わるので、これが失恋?という感じだった。
花京院涼子が花京院典明への思いを断ち切るというのが失恋とも読み取れたが…。
結局答えは明確になってない。

じゃあ小説版で教えてくれるのではないだろうか!!
答え合わせをさせてくれ!

させてくれなかった。
結局誰の失恋だったのか。
涼子に振られた仗助?テンメイの思いを断ち切った涼子?冒頭で日本人に振られたオインゴ?

その答えはみんなの心のなかにあるのだ!!
マジでわからないからこれしか言えない。
多分涼子と花京院の話が失恋要素なんだと思うけど、答えは明らかにしてほしかったなぁ。

関連記事

The Bookはジョジョのスタンドだからハードカバーで読んだ方がいいきみはこんな気分をあじわったことがないか?よくできた漫画や小説を読んだとき、登場人物の痛みが、自分のことのように感じられるんだ。これはこの小説における作中の岸[…]

ジョジョ4部後日談The Bookネタバレ感想
関連記事

テュルプ博士の解剖学講義とは!2002年「読むジャンプ」とかいうナルト表紙の雑誌に載ってたレア小説!ジョジョで乙一先生が書いた小説、しかも4部の小説といえば「The Book」なのはもはや周知の事実である。だが、実はThe […]

テュルプ博士の解剖学講義とはジョジョの奇妙な冒険の乙一の幻の小説

クレイジーDの悪霊的失恋感想リンク

関連記事

ジョジョについてこの10年くらいこのブログで語りましたが、色々散在しててわけわからん。というわけで、ジョジョのキャラクター、名バトル、名言、考察など10年書いてきた記事をまとめてみました。だいたいジョジョリオンが始まったくらいから書[…]

関連記事

クレイジーDの悪霊的失恋の小説版と漫画版の違う所について基本的に流れは漫画版と一緒で順番が違う。例えば、漫画版では最初はホルホースがオウムの捜索依頼をババアにされて、世界一女に優しいホルホースは探す旅に出る。しかし、小説版では最[…]

クレイジーDの悪霊的失恋ノベル版ネタバレ感想!
関連

この巻のつづきはここ![sitecard subtitle=関連記事 url=https://taokasu.com/crazy-d-demonic-heartbreak6/ target=]最終話感想![sitec[…]

クレイジーダイヤモンドの悪霊的失恋1巻

※横にスライドできます

リンク一覧
1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話16話(完)小説版18話19話20話
21話22話23話24話25話26話27話28話29話30話

クレイジーD悪霊的失恋の登場人物リンク

東方仗助

関連記事

東方仗助はジョジョじゃない?なぜジョジョ?ウダラ先輩のおかげで主人公になれたおしゃれな男東方仗助は、ジョセフ・ジョースターを父に持ち、東方朋子を母に持つジョースター家の高校一年生である。さらにジョジョ初のスピンオフ漫画「クレイジーD[…]

ジョジョ4部の東方仗助の髪型のけなし集
関連記事

東方仗助の名言・セリフジョジョ4部の主人公で、ジョセフの隠し子。つまり年下なのに承太郎の叔父。スタンドは「治す」スタンドであり、スタープラチナに匹敵するパワーとスピードを誇る「クレイジーダイヤモンド」である。「アトム」、[…]

東方仗助の名言セリフ集

ホルホース

関連記事

ホルホースとかいうナンバー1よりナンバー2の女たらしとは[itemlink post_id="61932"]ホルホースは、エキセントリック少年ボウイの松本も言ってたが「敵かな?味方かな?」といった地位にいるおいしいポジションを確[…]

ジョジョ3部ホルホースの謎
関連記事

ホル・ホースの名言・セリフ世界中に彼女がおり、自称世界一女に優しい男。さらに、「一番よりNo.2!」を人生哲学にしており、コンビを組まないと雑魚だと理解している。最初はJガイルと組んでいたが、ボインゴとも組んでいる。そん[…]

ホル・ホースの名言セリフ集

花京院典明

関連記事

ジョジョ3部の花京院典明は変な前髪のイケメン[itemlink post_id="60232"]花京院典明とは、3部に登場した変な前髪のイケメンである。3部のイケメン代表は空条承太郎だが、その取り巻きから花京院くんもイケメン[…]

ジョジョ3部花京院典明の謎の考察
関連記事

花京院典明の名言・セリフ承太郎の学校への転校生だが、転校生要素があまり取り入れられていない。クールな男と見せかけてポルナレフのパンツー丸見えに乗ってやったり、のほほのほーとか言い出すおちゃめなところがある。スタンドはハイエロ[…]

花京院典明の名言セリフ集

東方良平

関連記事

東方良平の名言・セリフ東方仗助の祖父で東方朋子の父である。承太郎で言えばジョセフのポジションだが、めちゃくちゃ早い段階で退場してしまった。杜王町を守る警察官である。仗助同様ブランド好きらしい。かつてアンジェロとかいう[…]

東方良平の名言セリフ集

ボインゴ

関連記事

ボインゴの名言・セリフ兄以外の人間とは口を利けないほどの内気な性格のスタンド使い。予言を行う漫画本「トト神」を使用するも、勝手に予言するので操作はできてない。ただのトト神の解説役で、100%当たると主張することしかできないのであ[…]

ボインゴの名言セリフ集

DIO

関連記事

ジョジョに登場するディオとdioとDIOとDioとディエゴの違いってなんやねんこの記事ではDIOについて書くのですが、1部と7部は?とかバイクの記事じゃねえのかよ!とか俺はHRのディオが聞きてえんだよとかグレートで[…]

DIO様とスティールボールランのディエゴやディオとの違いを考察
関連記事

DIO(3部)の名言・セリフ100年後に復活した「カリスマ」!能力的にあまりにチート過ぎたためか、性格は100年前以上に驕りが高くなっておりさらに小物感あるセリフが多い。顔隠してた時は大物感すごかったがチャックも全開になってる。[…]

DIO様の名言セリフ集

ポルナレフ

関連記事

ジャン・ピエール・ポルナレフ(3部)の名言・セリフ性格は直情、単純で情に厚い。それでいてムードメーカー。トイレの生まれ変わりかもしれないほどトイレに縁がある。それがポルナレフである。スタンドは銀の戦車(シルバーチャリ[…]

ポルナレフの名言セリフ集

ジョセフ・ジョースター

関連記事

ジョセフ・ジョースターとかいう死亡しないジョースター家の例外とは[itemlink post_id="60272"][itemlink post_id="63869"]ジョースター家は色々と共通点がある。[…]

ジョセフ・ジョースターは死亡しない
関連記事

ジョセフ・ジョースター(2部)の名言・セリフジョジョ第2部、戦闘潮流の主人公であり、ジョナサン・ジョースターの孫であるジョセフは生まれながら波紋が使用できる。ちょっとした挑発にもすぐに暴力的に対応するそのチンピラ感は祖父の紳士っぷり[…]

ジョセフ・ジョースターの名言セリフ集!

吉良吉影

関連記事

吉良吉影は有能なサラリーマンだが殺人鬼なのが致命的である吉良吉影は ジョジョ4部「ダイヤモンドは砕けない」のラスボスである。なお、デッドマンズQという短編の主人公でも在る。杜王町で何年も気づかれ殺人しまくった吉良吉影はもはや[…]

ジョジョ4部の吉良吉影の謎!バイツァダスト
関連記事

吉良吉影の名言・セリフ吉良吉影は ジョジョ4部「ダイヤモンドは砕けない」のラスボスである。スタンドは触ったものを爆弾に変えるキラークイーン。左手から発射される自動追跡爆弾「シアーハートアタック」である。植物のように暮らす[…]

吉良吉影の名言セリフ集

噴上裕也

関連記事

噴上裕也がかっこいい!まずそのビジュアルを語れ!噴上裕也は4部ではまだガタイがデカかったり、謎の低身長キャラが出没する流行りの中点平均的な身長とスリムな体格の青年である。要するに四部におけるイケメンキャラである。しかし、噴上[…]

ジョジョ4部の噴上裕也はかっこいい
関連記事

噴上裕也の名言・セリフ噴上裕也は謎の低身長キャラが出没する中、平均的な身長とスリムな体格の青年である。要するに四部におけるイケメンキャラである。早く怪我を治したい噴上裕也は、スタンドハイウェイスターを使って、無防備な人々から[…]

噴上裕也の名言セリフ集

岸辺露伴

関連記事

ジョジョ屈指の変人。岸辺露伴とは※荒木先生がモデルじゃない[itemlink post_id="60743"]モデルじゃないとは言ってない。岸辺露伴とは漫画家としての完成形である。人類か漫画家の[…]

岸辺露伴はリアリティを追求するやばいわがまま男
関連記事

岸辺露伴の名言・セリフ岸辺露伴とは漫画家としての完成形である。人類か漫画家のどちらが岸辺露伴を識別する指標かといえば「漫画家」になってしまうであろう男である。露伴は漫画のネタのためなら自分がボコられても、破産しても構わない。[…]

岸辺露伴の名言セリフ集

ツェペリさん

関連記事

ウィル・A・ツェペリの名言ツェペリはイタリア出身の波紋マスターであり、石仮面を見つけて破壊することを生涯の使命としている。ディオ・ブランドーのことを知り、ジョナサン・ジョースターの師匠となり、波紋の術を教え、彼と一緒にディオのゾンビ[…]

ツェペリさんの名言セリフ集

トンペティ

関連記事

トンペティの名言ダイアーさんとストレイツォの師匠であり、ツェペリさんの師匠でもあるのでジョナサンの師匠の師匠であるハゲ。ツェペリさんの死を予言するという役に立ったのか立ってないのか、回避方法は特に教えなかったハゲ。なんか大物そう[…]

トンペティの名言セリフ集

空条承太郎

関連記事

空条承太郎が死亡したという衝撃!命日は2012年3月21日だが3部でボインゴに予言されていた?無敵のスタープラチナでなんとかしてくださいよーーッ!!という状況…ジャイロのようにタフなセリフを吐きたい…。加速神父に対抗するには「スター[…]

空条承太郎は死亡は3部で予知されていた
関連記事

空条承太郎(3部)の名言・セリフ幼い頃は素直でかわいい子どもだったが立派なヤクザ顔負けの不良に成長した。ジョジョ3部の主人公。イケメンで帽子が一体化しており、高校生とは思えない凄みを持つ。最強のスタンドスタープラチナを持つ。[…]

空条承太郎の名言セリフ集