「バオー来訪者」の感想!あらすじ!名言!やらいでかッ!『バオー』!!

目次

バオー来訪者とは

この前終わった進撃の巨人って漫画があるんですけど。
このタイトルを見たとき一番最初に思ったのが「バオー来訪者」みたいにタイトルが逆になってる漫画は隠れた名作になるね…!だった。
普通は「来訪者バオー」とか「巨人の進撃」とかなんだけど、あえて逆にするとすごいしっくり来るタイトルなんですよね。
まあ、バオーはジョジョの前の漫画として知る人ぞ知る的な地位で、進撃の巨人は化け物みたいに売れたので全然僕の予想を上回ってしまったのですが…。

そういえば、両作品ともタイトル回収してるんですよね。
今アニメ化したら案外かなりヒットするんじゃないかしら。
かなり読みやすいし、バルバルバルとかどう表現するのかも見てみたいところです。

バオー来訪者の登場人物紹介と名言・セリフ集

必殺技がカーズっぽい寄生虫「バオー」

霞の目博士が創りだした生物兵器かつ寄生虫。
これに取り憑かれるとバルバル!とウオオオ~ムしか喋れなくなるぞ。
見た目的にはミミズっぽい環形動物で火に弱い。
火に弱いらしいところはあまり描写されてない。
作中では育郎と犬畜生に寄生した。バオーは宿主に攻撃を加えられた時に武装現象「アームド・フェノメノン」が起きる。
アームドフェノメノンってなんだよメンズノンノとかの仲間か?と思われるが簡単に言えば変身のことである。
変身すると凶暴化し、身体能力が強化され、頭を吹っ飛ばされても死なないし、バルバルバル!とか言い出す。
要するに石仮面を被ったみたいな感じだが、WRRRYY!!じゃなくてバルバル!!とか言い出す。
生物の匂いを判断し、自分に「殺意を持っている」匂いがあるとバルバル言いながら相手をぶちころすぞ!
必殺技がカーズっぽく、見た目がスタープラチナっぽい。
ウオォォォ――――――――ム!!!!
これがッ!これがッ!これが『バオー』だッ!!
そいつに触れる事は“死”を意味するッ!! 武装現象ッ!!
『バオー』は思った! 《こいつらのにおいを消してやるッ!!》
ウォォ~~~~ム…… バル…… ウォォ~~~~ム…… バル……
バル バル バル バル バル バル!
ウオオオオ~ム バルバルバル!!
バオー・メルデッティン・パルム・現象(フェノメノン)…。――手のひらから出る特殊な液で物質を溶かす、バオーが持つ武装現象のひとつ。
『バオー』は男達の発する声にも嫌悪を感じた!『こいつらの全てを止めてやるッ!』
これが! バオー・リスキニハーデン・セイバー・フェノメノンだッ!!
動物は危険が迫ったり、ケガなどすると副腎髄質という内臓からアドレナリンという物質を分泌し、身体を緊張させる!
このアドレナリン量を脳に寄生する『バオー』が感知し……『寄生虫バオー』は宿主である橋沢育朗を生命の危機から守るべく、無敵の肉体に変身させるのだッ!
――――これがッ!! 『バオー武装現象(アームド・フェノメノン)』だッ!!
視覚も、聴覚も、嗅覚も『バオー』には関係ない!感覚は全て頭部の触覚でまかなうのだ!
『バオー』は思った… 『いるッ! まだいるッ! 何かが潜んでいるッ!!』
『バオー』が泣けるとしたら、彼は今間違いなく泣いていた!
彼の触覚は今、新たな『におい』を感じ取ったのだッ!
防衛の為の闘いもできずに、生きる事を止められた生き物の『悲しみのにおい』を!!
『バオー』の触覚はスミレの『におい』を嗅いだッ!スミレの生命危険信号の『におい』をッ!!
育朗の潜在意識と『寄生虫バオー』の命令が一致したッ!“『こいつらの『におい』を止めてやるッ』”!!
『バオー』の髪は硬質化し、抜けると物質の成分が変質して動物の体温で『自然発火』する!
これが『バオー・シューティングビースス・スティンガー・フェノメノン(BSSP)』だッ!
バオーは思った! 『違う! この男の『におい』ではないッ!!』彼の嫌いな『におい』はこの老人から発散されていない!
普通の人でも筋肉や神経は、すごく弱いが電気を作っている…もし!その筋肉細胞を乾電池を繋ぐように、一つ一つ直列状に繋ぎ合わせたとしたら…
ごく弱い電気は、何十万倍 何百万倍の細胞の数の電力となるはずだ!!
電気ウナギがそうやって発電するように、バオーの筋肉もそれができるのだ!!
ましてやバオーの筋肉細胞は一つ一つがものすごいパワーを持っている!高圧電流60000ボルトだ!!
これがッ!ブレイクダークサンダー・フェノメノン(BDTP)だッ!!

バオーが寄生したイケメン「橋沢育郎」

本作の主人公で爽やかなイケメン。
歩いてるとキャーキャー言われるぞ。
だが、交通事故で入院している間に親を始末され、ドレスの実験体にされたというかなり重い過去を持つ17歳の少年である。
バオーの力を出している時は意識を無くしているが、心優しい性格は残っている。
後半、変身しなくてもバオーの力の一部を使えるようになる。
『ドレス』! 宣戦布告だ! いくぞ! おまえたちの所にッ!
ぼくは、おまえらにとって、脅威の来訪者となるだろう!
考えてみれば、いつまでも逃げきれるはずもなかったんだ。それに、ぼくの体には、なにか得体の知れない大きな力が宿っているらしい…ならば。
この力で…闘おう……「ドレス」と……せめてスミレだけは自由にしてやろう。
ぼくの体に宿る得体のしれない「力」 化け物の「力」 邪悪な「力」…!
今まではそうだった…… しかしこの「力」を逆手に取ろう!せめてスミレを自由にしてやるためにッ!!
ああ……! この「力」を自分の意思でコントロールできるなら……!
電気! ぼくの体から電気が発せられている。バオー・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノン!
アドレナリンの大量分泌ッ! しかしッ!育郎自身が攻撃されているわけではないッ!
「バオー」には変身できないッ!やれるかもしれないッ! やらなければならないッ!
さあ!ぼくの中の力よ!危険が迫っているぞッ!助けようとしないのかッ!!
化け物の「力」よ、出現してみろッ!出てみろッ!!
お前は人を殺すだけかッ! 現れろッ! 出てこいッ!! 出てみろ!怪物めッ!!
誰に誓った。この少女を助けると、自分に誓った! 望みは捨てない! 自分は最強の生命力を持った生物なのだ!
姿を消そう! 誰にも会わず、誰にも見られず…

未来予知ができる時代が時代ならスタンド使い「スミレ」

本作のヒロインの予知能力を持つ9歳の少女。
多分スタンド使いが彼女を見るとおでこに不機嫌そうなちっちゃい顔がついているはずである。
スミレ・エピタフである。
コンセントで敵の足を締めたり、監禁中に靴を飛ばして機械を壊したりするし、口が悪い。
ふーん 17歳…高校生? あたしは9さいよ もうすぐ10だから たった7つしか離れてないわよね……たいして離れてないわ
質問に答えてくれる用意はいいですか?
オッオッ オエ~~~~ッ!! 何すんのよッ!口ん中なめんだものッ! ゴキブリ食べてるくせにィ!!
あたしあんたが好きよ――だからいっしょにいるわ
あれはやっぱり育朗だわ! 『ドレス』に何かされて姿は変わっているけど、 あの優しい育朗だわ!だって今、あたしを助けてくれたもの…
あ… あんた達が育朗に何かしたんだわ! 大好きな優しい育朗にひどい事したの、許せないっ!あたし絶対許さないわ!
育朗~~~~! あんたと離れるのはいや~~~~~!!
育朗は生きている、眠っているだけ… ゆったりと…
それは映像を見たから… 地下洞窟の湖底に静かに眠っている少年の映像を…
目覚めるわ!きっと… 水の中から目覚めるわ…
それは私が17歳になった時、そして再び会える―――― それが私の映像、私の予知

ゴキブリとか食う「ノッツォ」

ドレスが創りだしたリスっぽい生物♀。
育郎達に割とすぐなついた。
ゴキブリが大好物なので一家に一匹いると助かるけどスキンシップはやめてほしい。

「アリガトゴザイマ――――ス!」とか言ってる畜生「オウム」

タバコ屋のババアが飼ってたオウム。
ドレスの下っ端のクズがババアをボコって帰った際に「アリガトゴザイマ――――ス!」とか言ってる畜生。
こいつを見て幽白のOPを思い出すか、鬼滅の謎のカラスを思い出すかで世代が分かれる。
アリガトゴザイマ――――ス!

ゲスなドレスのハゲ博士「霞の目博士」

寄生虫バオーを創りだしたドレスの博士のハゲ。
普段は住職をしている生臭坊主である。
解説が長いことに定評がある。
バオー以外にも数々の新生物を創った。
バオーもバオーの敵も作ったのはこのハゲなので大体コイツのせい。
研究所が崩壊する際に一人だけ脱出手段を用意してたクソハゲだったが、最期だけ妙に潔かったので憎めないやつだ。
「バオー」は、自分の身に攻撃を加えられた時!最大の破壊力を発現させるのだッ!
な… 何て事だ!『バオー』を目覚めさせてしまった!我が組織が作り出した恐るべき生物兵器『バオー』をッ!!
忘れるなッ! 間違いなく死体は焼却するのだッ! ガソリンで焼くのだ、灰になるまでッ!! 抹殺(エリミネート)しろッ!!!
少女は今、危機を感じ取ったのだ! それも橋沢育朗に迫るであろう、重大な危機を!『バオー』と闘う…… 地上最強の超能力者、彼の名は“ウォーケン”!!
「バオー」は、この少女の「におい」をかぐ!サメが数キロ先から、血をかぎつけるように!
『ネペンテス液』を入れろ!
熱帯地方の食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)の消化酵素を強化した液体だッ!タンパク質 ――――つまり“肉体だけを溶かす”ッ!!
ウォーケンは、アメリカ・インディアンの、今は滅びた一族、スクークム族の最後の生き残り。
あれは、戦士の決闘の化粧!あの血模様には、闘う相手への「尊敬」と「礼儀」……
そして「死」の意味がこめられているという…ウォーケンは、バオーを真の戦士とみとめたのか…!!
諸君! いよいよ我々最後の切り札だ! 決断する!
今より15分後にこの研究所全体を爆破する!!
バオーは閉じ込めた!この研究所もろとも吹き飛ばす!
持ち場を離れ、速やかに半径1km以上外に出る事!  ――――幸運を祈る!
残念だが諸君! この脱出用ポッドは一人用だ… 無事を願う…
この神秘的な洞窟こそ、わしらの墓場にふさわしかろう! さらば『バオー』! さらば少年よ!!

グラサンがイカスおっさん「22番の男」

ドレスの殺し屋のメガネ。
ご自慢のナイフで育郎を殺そうとしたが、ナイフごときでバオーの力に目覚めた育郎に勝てるわけなかった。
まだ若いのにかわいそうだがこれがおれの仕事なんだ

マンドリル「マーチン」

戦闘用に改良したマンドリルである。
バオーと同じく新生物である。一言で言えば化け物である。
口から無味無臭の臭そうな毒ガスや臭そうワイヤーを出したりする。
OVAではリストラされた雑魚。

ドッゲエーッ マーチーン!「調教師」

マーチンを鞭の音で操りムチで攻撃するドレスの刺客。
マーチンを訓練中に顔面をメチャクチャにされたのに愛でているドSでドMでケモナーのド変態なのに名前のない男。
バオーのメルテッディンなんとか髪の毛アタックを喰らった際には、「ドッゲエーッ マーチーン!」とよくわからない悲鳴をあげた。
ドッゲエーッ マーチーン!
その花… どこでついたかわかるか!? 車をぶつけた瞬間に私がつけたのだ!
貴様を試してみたのだ! 隙だらけだ!お前の闘いは幼稚だ! パワーだけだッ!!
『バオー』よ! お前はまだ生まれたばかりで学習が無い!訓練されていないッ!訓練がなくては生き延びる事はできんッ!!
マーチンを訓練中、ちょいとこいつにじゃれつかれ 触られただけで顔面はご覧の通りメチャメチャさ!しかしカワイイ奴よ…
フン、ちょろいもんだ!よくやったマーチン!!
毒ガスが効いているぞ! 奴は動きが全然鈍いッ!!

精神的貴族の江戸っ子親父「六助じいさん」

山に住んでいる田舎もんなのに江戸っ子ジジイ。
育郎の紳士的態度を気に入り家に泊めた散弾銃の使い手である。
この漫画最大の精神的貴族であり、ビーティーはこのジジイを見習うべきである。
やかまし――――っ!! わしはこの若者が気に入ったぞっ! 態度や言葉遣いが紳士じゃ!娘の方はどうしようもないが… 泊めるつーたら泊めるんじゃあっ!!
おっと!もうおねむかい!? 相当疲れとうようだのォ… バアさん!布団しいとくれ――――ッ!!
テメ――――ッ! 変な動きをするんじゃねぇ!!
おじょうちゃん、もう泣くのはおよし わしは味方じゃよ……じゃが、銃をぶっぱなすから離れておいで!
バータレッ! この子達はわしの客じゃい!!
少年は確かに得体のしれん病気にかかっているかもしれん!…しかし!わしが招待した客じゃあ――――っ!!
自分が気に入った客は自分の土地の中では最高の友情と“もてなし”を与えるんじゃ!!この山の猟師… 先祖代々そうしてきた!わしもそうするんじゃッ!!
わしは好かんぞ! こんなかわいい子供を困らせるよーな奴は好かんッ!!それにわしを憑き物憑きにしたのもお前じゃな――――ッ!!
てやんでぇ!
――よくわからんが、この子は得体のしれん病気に“させられた”んじゃ
そして女の子がさらわれた! そんな少年にお前は『出ていけ』と言ったんじゃぞ!
どんな人間だろうが、彼に『出ていけ』と言えるもんじゃねぇ!
お前さんが誰で、あの子が誰で 誰に連れ去られたのか、わしらには何もわからんし何もしてやれん
でもな、全ての問題が片付いたら またわしらの家においで……

実はいい人「おばあさん」

六助じいさんと一緒に住んでいる婆さん。
三人息子がいるが連絡をよこさないため若者不信になっている。
もしラインがあっても既読スルーされそうである。
終始、育郎とスミレに冷たかったが出ていく育郎に着替えとおむすびとへそくりを渡し、ワイはイイやつだって知ってたぞと皆手のひらを返す音必死なのである。
この人に触らないでッ!早く出ておいきッ! もうこれ以上揉め事はごめんよ、疫病神!!
着替えと、おむすびと… 少ないけど私のへそくりが入ってるわ 必要でしょ…
さっきは悪かったわね… ただ、ジイさんが心配だったので、つい…
さあ、お行き… あの子のために、自分の為に
将来この子はきっと幸せになるわ……

今…… 殺しの時だ!!無能な働き者「ドルド中佐」

催眠術やアロマバット作戦を繰り出し、スミレを誘拐する功績を残したが全く評価されなかった残念なドレスの特殊工作部門のサイボーグ。
しかも、単独行動で育郎を狙撃して抹殺しようとするも失敗する無能な働き者でもあり、おかげで育郎の行方が分からなくなってしまう功績を残した。
ドレスはブラック企業なので失敗は許されずウォーケンに始末されてしまった。
だが彼の「今…… 殺しの時だ!!」はなんか口に出したくなる名言であり、管理人はバオー来訪者における最大の名言だと思っている。
おっと! 首からオイルがもれてきた…
エキスプロッシブ弾薬!弾丸の先端に爆薬が仕込んである炸裂弾だ。
この弾丸の前では、おまえの頭は血のつまった風せん(バルーン)だ!爆裂するッ!
戦場で2500人も殺したおれに向かって無能だと!?
霞の目め!仕留めればいいんだろう、あの『バオー』を!! やれるとも!やってやるとも!!
この屈辱!橋沢育朗に必ず償わせてくれる!!
今…… 殺しの時だ!!
げぇぇ――――っ! あ あいつ『バオー』の力を出した!!変身もしていないのに『武装現象』が出現しているぞッ!!
な… なんてことだ!一日一日奴の体は確実に進化しているんだ!無敵… 奴はあと数日で無敵になるぞ! お…恐ろしい!!

やらいでかッ!「ウォーケン」

インディアンの滅びた一族スクークム族の生き残りでタルカス感があるが卑怯者ではない。
綺麗なタルカスと言っても過言ではない。
彼の能力は物質の分子を振動させ物質を沸騰させ塵にするというスピードキングレクイエムみたいな能力を使う。
ヘッドホンで能力を制御しており、なくなると「オレ バオー コロス」みたいな感じの殺人狂に変貌する。
作中で「ようこそ来訪者!」と言った際には、おぉ!という気分にさせてくれた。
ようこそ来訪者!
熱いコーヒーはないのか!
少年よ… 私自身はお前に怨みも怒りもない! だが私は戦士! 戦いこそが全て… 殺戮こそが生きがい…
殺らいでかッ! 『バオー』!!
無駄だ… 私に近づくもの! 生物! あらゆる物質! 全て塵に変える… いくぞ! 分子地動波ッ!!
少年よ、ある種の事柄は死ぬ事より恐ろしい…お前の『肉体』や私の『能力』がそれだ… 私もお前も同じだ… 『化け物』だ!
この手で直接闇の彼方へ沈めてやろう、苦しみはもう… 無い
私の生み出した『バオー』… よくぞここまで闘い、生き残りしぞ!
だが、お前の命運もこれまで!我々最後の切り札で雌雄を決してくれる!
『バオー』…… 奴と闘う! 奴を討つ…… 奴を葬る……
この全身の血流れ尽くすとも、お前を地獄へ叩き込んでやる!!

ジョジョ1部の最後の方で見た「ケイン、ブラッディ」

ドレスの工作員で急に現れて名前を名乗って瞬殺された雑魚。
なんかスト様にやられたレッド・ツェッペリンゾンビを思い出させてくれるのでやけにインパクトはある。
『おれの名はケイン!』 『ブラッディ!』

クズオブクズ「白沢くん」

作中最高のクズ。
綾ちゃんを追っかけ回しストーカーしつつセクハラをし、線路に挟まったら目の前にある緊急停止ボタンを押さずにテンパって逃走したカスである。
クズすぎてウォーケンとかにぶん殴ってほしかったが逃走後二度と出てこなかった。
バオー来訪者最大の汚物である。
なんてダセーバイクなんだ おして歩いてるなんてガソリンがもったいねーのかよ アイツ
手… 手ーぐらいつないだっていいだろ!
お… おれ―― 知らねェー!!

イケメンに惚れるモブ美少女「綾ちゃん」

白沢くんに付きまとわれて、線路で死にかけたかわいこちゃん。
しかし、育郎に救われ完全に惚れてしまった。
目がハートになってた。
なんかいつの間にかフェードアウトしてたが、白沢のボケは一発グーパンすべき。
白沢君… 何?この手 何のつもり 離して

バオー来訪者のあらすじ

予知能力のある9歳の少女スミレは、秘密機関ドレスの貨物列車に捕らわれていたが貨車からの脱走を試みる!
追手の女から逃走するスミレは偶然、積み荷の中に水の入った大きなカプセルを発見した!
つい
バルブをひねりカプセルから水を抜いたところ中から「バオー」がめを覚ましてしまう。
バオーは恐ろしい生物兵器にして寄生虫である。
そんなやべーものに寄生された橋沢育郎とスミレは行動をともにするのだった。
だが、育郎たちに秘密組織ドレスの追手が襲いかかる!
イカれたハゲの刺客のメンバーを紹介するぜ!
イカしたまんまるグラサンのナイフ使い!22番の男!
バオーと同じ扱いだったがただの獣!OVAではリストラさ!マーチン!
ドッゲエーッ マーチーン!でお馴染みの調教師!
戦場で2500人も殺した無能!トルド中佐!
ラスボスの風格を持つ熱いコーヒーを飲んどる場合かーーッ!ウォーケン!
以上だ。あとなんかハゲ博士がいる。
そんなハゲの刺客達を育郎たちは、ときにスミレを救い。
ときに江戸っ子爺さん達の暖かさに触れ。
ときに白鳥とかいうクズに煽られ。
ときに綾ちゃんに惚れられ、危機を脱していくのだった。バルバル!

しかし、無能のトルドの功績により、スミレはドレス研究所本部に捕らわれ拷問を受けてしまう。
そこで、スミレの生命の危機の匂いをたどりついに橋沢育朗ことバオーがハゲ研究所の本部へとご登場である。
ネペンテス液とかいう臭そうな液体をも退けたバオーはその圧倒的なパゥワーでスミレの元へと向かう。
しかし、地上最強の超能力者ウォーケンが彼に立ちふさがる。

「ようこそ 来訪者」

ついにウォーケンの頭をぶった切り、倒したバオー…。
追い詰められたハゲは部下たちの健闘を祈りながら研究所を自爆するのだった。
しかし、ハゲだけちゃっかり脱出経路を確保しているクズ上司の鑑だった。

一方、レーザーによって負傷してしまったスミレ。
しかし育朗はバオーの血液を与えて回復させることに成功。やったぜ。
脱出をはかるバオー達だったが、ヘッドホンを無くして暴走状態になったウォーケンが立ちふさがる。
その圧倒的パゥワーになす術内バオーは
研究所の地下深く、鍾乳洞まで落とされてしまう。
育朗はスミレを逃がすため、洞窟の奥へ奥へとウォーケンを誘い込むのだった。
そして「バオー・ブレイク・ダーク・サンダー」の発電により、ウォーケンに勝利するのだった。
あとなんかハゲも死んだ。

数か月後、江戸っ子ジジイの家で暮らしているスミレは夢の中である予知を見たという。
彼女が17歳になったとき地下洞窟の湖底で静かに眠る少年と再開する夢を…。

そんな彼女を見て婆さんは「将来 この娘きっと幸せになるわ…」と思った。完

バオー来訪者の感想 バオーは打ち切りではなく完結!続編は不要!

荒木先生も知力のビーティー、パゥワーのバオーということで、主に肉体面に振られたバオー来訪者。
ジョジョの前にこの完璧なストーリー展開を完璧なオチでやってたってしゅごい。
本来なら、バオーの方が一般人にとっては迷惑なんだけど生物兵器というダークヒーローをあの年代でやってのけるってのもしゅごい。
そしてダークヒーローと思わせて正義漢の変身ヒーローでシンプルにカッコいい
溶解液とかマニアックな攻撃方法が多いのだけど、子供の頃の気持ちを思い出させてくれるなぁ。
士郎…僕は仮面ライダーBLACKRXになりたかったんだ…。


もし打ち切られなければジョジョ5部みたいに刺客達を倒しつつ、ハゲのさらに上のボスまで倒してたのだろうか。
でも正直そこまでしなくても、オチがすごい綺麗にまとまっている。
荒木先生もバオーはこれで完結しておりジョジョに受け継いだと言ってるし、僕も続きはいらないと思う。

育朗とスミレの旅の途中で出会う江戸っ子おじさんや、マンドリルに顔面崩壊させられたおじさんや、戦場で2500人も殺した無能おじさんの魅力的なキャラクター達。
そしてバオーのヒロインを守りつつ、ウォーケンとの己を賭けたバトル。最高やね。
ちゃんとバオー来訪者の魂は、「ジョジョ」にも受け継がれていることが言葉でなく心で理解できる。
だが白沢、テメーはダメだ

バオーを怒らせるためだけに惨殺された親子で悲しい気持ちになりそうなのを謎の「不三家nilkyチョコレート」のブッサイクなぺこちゃんでふふっとさせてくれるのも最高なのだ。

というわけでバオー来訪者を見てて気になったところを自己完結します。

バオー来訪者評価1 育郎はそのへんの少年なのになんでいきなりジョジョキャラ並の覚悟を持ってるのか

育郎は普通の一般人の青年である。
ごく普通の人生を歩んできたとしか思えない。
そんな少年になぜここまでの覚悟があるんだろう?

後半は明らかにスミレを救おうとしてるけど、じゃあ育郎はスミレに惚れてるのかと言われると別にそうでもない気がする。
育郎はどっかのマウンテンなティムとか大統領と違ってロリコンじゃないのだ。

理由づけとしては、ドレスに両親を殺されたことを覚えているってのもあるだろうけど、復讐とは違う。
復讐だったらもっと「許さねえぞハゲ!」とブチギレてるはずである。

一般人だった彼が突然超人的な能力を持ってしまい、目の前には悪の組織がいる。
そして悪の組織は自分の身近な人物にも襲い来る。
そんな状況下で過ごしているうちにおそらく彼に黄金の精神が宿ったのだろう。
やはりジョジョに受け継がれている…。

バオー来訪者評価2 霞の目博士はなんでネペンテス液にプラスして蜘蛛をいれてしまったのか…

あのハゲはアホなんか?
なんで蜘蛛を入れてしまったのか…。
蜘蛛を自慢したかっただけなのか。
あんな余計なことしなければバオーに勝てたはずなのに。

ネペンテス液を入れた時点で、バオーはなすすべ無かった。
仮に生き残っても溶けて大ダメージを受けているはずである。
なのに液効かない蜘蛛入れたせいで、蜘蛛の中に逃れてしまった…。アホや。
そもそもネペンテス液を全開まで、もう天井まで入れればバオー詰みだったのに。アホや。
そもそもハゲはちゃんと室内をモニターしろや。

僕が霞の目博士をハゲ扱いしてしまうのは、自分だけ脱出するゲス野郎なところのせいではない。
こういう残念なところがハゲなのだ。

バオー来訪者評価3 バオー来訪者の作中の日数はジョジョ5部並にハードスケジュール?

ジョジョ5部はめちゃくちゃタイトスケジュールなことで有名だがひょっとしてバオーも負けず劣らずなのでは?
そう思ってちょっと書いてみた。

1日目:ジョルノがブラック・サバスを倒すまで
2日目:ジョルノがアバッキオの飲尿新人歓迎会されるまで
3日目:トリッシュの護衛を引き受けるまで
4日目:ペリーコロさんが死んでしまうのを見るまで
5日目:トリッシュがぶっ壊れた飛行機で「よし!クソ野郎!」とか言うまで
8日目:ポルナレフが死んで鎮魂歌が静かに奏で出すまで
9日目:ディアボロが死に続け出すまで
1日目:ドレスの秘密列車から脱走するまで
2日目:第22の男をぶっ倒すまで
3日目:特殊工作部隊とマーチンをぶっ倒すまで
4日目:江戸っ子爺さん宅に泊まってドルド襲撃1回目まで
5日目:白沢のカスから綾ちゃんを助けてドルド襲撃2回目まで
6日目:ドレスの監視から60時間逃れてる
7?8?日目:ウォーケンと対決

巻数がバオーは2巻とはいえ、こっちもかなりタイトですね。

バオー来訪者評価4 育郎が目覚めたときバオーはどうなってるのか

通常なら百数十日で成虫になって産卵して、孵化した幼虫が体を食い破るらしいバオー(寄生虫)。
しかし、育郎は地下洞窟の湖底で静かに眠っている。
そしてスミレが17歳になった時再開するらしい。
え?寄生虫が暴れだして育郎死んじゃわないのか?

つまり、育朗の中のバオーも仮死状態中に何とかなって産卵によって死んだりせずに普通に目覚めて上手く収まるってことなんですかね?
スミレも予知について悲観的になってないってことはなんかうまいこといったのだろう。

つまり、バオーとの共生関係が成功し、バオー自体が新しい進化をして人間との共存を選んだ超ハッピーエンド。
これが!これが!これが!バオー来訪者だ!

短編集感想

関連記事

ネタバレ注意!!魔老紳士BTは魔少年ビーティーの60年後の話!つ…つまりジジイ!ノッツォがいる!リスが成長してノッツォに!?そんな馬鹿な…アレはバオーと同じく研究で生み出された結[…]

関連記事

ゴージャス★アイリンはジョジョ6部の空条徐倫以外で唯一の女性主人公ゴージャスアイリンほど今の絵で短編として見たい荒木先生作品はない。正直、ジョジョリオンが終わったらたまにこれを書いてくれるだけでもオレは満足。そ[…]

関連記事

魔少年ビーティーとかいうディオっぽい見た目の主人公の漫画とは魔少年ビーティーは、心理トリックや、手品のトリックを使った駆け引きや心理戦に全振りしている。今や当たり前のスタンドやら波紋やら鉄球の回転やらの超常現象[…]

関連記事

バージニアによろしくは「退屈」が題材の完成された読切である人は暇すぎると駄目になるとはよく聞きます。暇が大好きで仕事したくない僕でも大した娯楽がない状態でほっぽりだされたら、この僕ですら仕事してたほうがマシだと[…]

関連記事

武装ポーカーは手塚賞だけあって読み切りとして見本のような作品である一見ただのポーカー勝負に見えて勝負に意識を集中させといて結末はドンデン返しで終わるという読み切りとして完成されている。ジョジョ3部でいったら、承[…]

関連記事

デッドマンズQの読み方はデッドマンズクエスチョンズ幽霊とはルールに縛られてないというイメージを見事に覆された。そんな漫画がこのデッドマンズQ。デッドマンズQのQはクエスチョンズ。「幽霊も生前と同じか[…]

関連記事

死刑執行中脱獄進行中は個人的にジョジョ一切関係ない短編で一番面白いジョジョに一切関係ない短編ではこれが一番好きかもしれない。畳み掛けるように処刑されつつも脱獄もする。まさにタイトルどおり。語呂もいい。[…]

関連記事

ドルチは荒木先生が愛猫と遭難したら人間の本性はこうなるだろうと考えた問題作であるA wrecked yacht in the midst of the ocean -(海の真っ只中にある難破したヨット)Th[…]

関連記事

ウィンチェスター・ミステリーハウスは実在するアルティメットお化け屋敷ウィンチェスター・ミステリー・ハウスは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼにある屋敷である。この屋敷はその謎や噂から世界で最も有名な幽霊屋[…]

関連記事

変人偏屈列伝「腸チフスのメアリー」の登場人物紹介と名言・セリフ集メアリー・マロンメアリーは幼い頃に「いい料理さえ作れば『女』は幸せになれる」という言葉を信じた。そして彼女は賄い婦の仕事を始めたのだが、行く先[…]

荒木先生関連の短編感想

※横にスライドできます

ジョジョ記事リンク集

ジョジョリオン今までの感想

今までのジョジョリオン感想のリンクです。
110話で完結のジョジョリオンを一気読みする人も多いと思います。
10年分のジョジョリオンの感想リンクを補助にしてくださいm(_ _)m
※横にスライドできます

※横にスライドできます

ジョジョ記事まとめ

関連記事

ジョジョについてこの10年くらいこのブログで語りましたが、色々散在しててわけわからん。というわけで、ジョジョのキャラクター、名バトル、名言、考察など10年書いてきた記事をまとめてみました。だいたいジョジョリオンが始まったくらいから書[…]

ジョジョリオンの謎、疑問点の考察はこちら!

関連記事

ジョジョの奇妙な冒険第8部「ジョジョリオン」は伏線と謎が多いミステリー漫画。とはいえ謎が明かされずに放置されてる出来事も多い。ジョジョリオンは今までのジョジョの奇妙な冒険と比べて矛盾点や謎が多いと言われています。[…]

ジョジョ9部予想

関連記事

ジョジョリオン最終回感想はここ[sitecard subtitle=関連記事 url=https://taokasu.com/55009/ target=]ジョジョ9部予想…っていうかそもそも9部ってあ[…]

ジョジョ各部死亡シーン集

※横にスライドできます

ジョジョ各部モブキャラ

※横にスライドできます

ジョジョ名言

※横にスライドできます

ジョジョ特集記事

※横にスライドできます

ジョジョキャラ紹介

※横にスライドできます

承太郎徐倫プッチ神父透龍くんエルメェスアナスイヴァニラDIOジョセフ露伴
ヴェルサスキャラcキャラdキャラeキャラfキャラgキャラhキャラiキャラjキャラk
キャラlキャラmキャラnキャラoキャラpキャラqキャラrキャラsキャラtキャラu
キャラvキャラwキャラxキャラyキャラzキャラ1キャラ2キャラ3キャラ4キャラ5

岸辺露伴は動かない

※横にスライドできます

ジョジョ小説感想

※横にスライドできます

ジョジョアニメ

6部

関連記事

ジョジョ6部のアニメ化決定!!ストーンオーシャンに期待されること6部はなんか原作があまり人気ない風習なんですよね。リアタイでジャンプで見てた僕も、4部と5部のほうがいいとか当時言ってました。しかし、今では何[…]

5部(工事中)※横にスライドできます

1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話36話37話38話39話

1部
※横にスライドできます

2部
※横にスライドできます

3部
※横にスライドできます

4部
※横にスライドできます

ジョジョ展レポ

※横にスライドできます

荒木先生関連、フィギュア、グッズ

※横にスライドできます