「魔少年ビーティー」の感想!あらすじ!名言!くらわしてやらねばならん! 然るべき報いを!

目次

魔少年ビーティーとかいうディオっぽい見た目の主人公の漫画とは

魔少年ビーティーは、心理トリックや、手品のトリックを使った駆け引きや心理戦に全振りしている。
今や当たり前のスタンドやら波紋やら鉄球の回転やらの超常現象には広がらない話。
バオー来訪者、アイリンを経て、ジョジョと超常現象ありきのストーリーの前身として駆け引きや心理戦の面白さが垣間見える。
それが魔少年ビーティーなのだ!

60年後のビーティー!魔老紳士ビーティーの感想はこっち!

関連記事

ネタバレ注意!!魔老紳士BTは魔少年ビーティーの60年後の話!つ…つまりジジイ!ノッツォがいる!リスが成長してノッツォに!?そんな馬鹿な…アレはバオーと同じく研究で生み出された結[…]

魔少年BTのB.T.はイニシャルになってるわけだが、本名は寺沢武一?

それは まぎれもなくヤツさ。コブラの寺沢武一(てらさわぶいち)先生らしい。
昔は特定の人とか名前から取ったというわけではないと言っていたが、ツイッターで寺沢先生がぶっちゃけた。
むしろ魔少年BT単行本巻末に載っていた寺沢先生からの推薦文に書いてあった。

魔少年ビーティーの登場人物紹介と名言・セリフ集

悪魔的精神の精神貴族の魔少年「ビーティー」

13日の金曜日、13時13分に公一くんが出会った悪魔的精神を持つ少年。悪魔的精神ってなんだ。
恐ろしいことに精神的貴族に位置するぞ!精神的貴族ってなんだ。
そして、ディオに似てる。
特に喧嘩が強いわけではないが、自らの行動に罪悪感を一切感じない行動で相手に然るべき報いを食らわしてやる。
普通に化石とか盗むし、間接的に蜂で殺害したり、車に轢かれるように差し向けても罪悪感?なにそれうまいの?といった感じである。
荒木先生も言っていたが友情、努力、勝利とラッキーマンに出てくる三兄弟みたいな雑誌だった当時のジャンプに連載させるのはすごく苦労したらしい。
まあ綺麗なディオが主人公みたいなもんだし。
くらわしてやらねばならん! 然るべき報いを!
…おまえらに、ひとつだけはっきり言っておく!いいか! おまえらとぼくは精神的に身分がちがうのだ!ぼくは精神的貴族に位置する!
したがって、ぼくへの命令はゆるさんッ!おまえらのようなブタに、命令はされないし、かかわりも持たないッ!
なに? 砂糖をきらしてる?さがしてこい、それでも刑事か?
チューインガムかむかい?
ブタどもに信頼とか友情はないのさ
……といっただけさ……といっただけさ……といっただけさ……
イライラって言葉にするのをやめろよ
ルポライターは死んで当然の男だ!オレは彼女を無罪にすることに決めたぞ!
殺人がどうだというんだ! 問題は“無罪になるかどうか”だ!
でっちあげるさ…… どっかの誰かを無理矢理、身代りの犯人にしてやる…
賭けに乗る奴が悪いんだ イカサマは技術だぜ
かかったなッ! 拳銃を出した事によって、自分で自分の罪を全て認めた事になったんだッ!!
ぼくの両親が火事で死んだって事なら知ってるよ
なぜ全てを君に話したか、わかるかい?――あの時、君一人だけぼくを助けようとしてくれた…
他の奴はただ黙って見ていただけだったが…君は信用できる人間だ!今の事は誰にも言わないでくれるだろう?
いやね… ついでだからこのおじさんの持ってる金をいただいちまおうと思ってね…慰謝料 及び時計の修理代だな…お、見ろよ!ガッポリ持ってるぜ!お前と二人で山分けだな、財布は親切で返しておいてやろう…
怖いだって? どうかしているぞ、こんなに楽しいのに
何か用があるのか? ぼくらにはちっともないんだがね

広瀬康一感あるビーティーの親友「麦刈公一くん」

「広瀬康一」のモデルである。
かと言って康一くんみたいに覚醒したりはしない。
初期康一君を最後まで貫き通し、ビーティーの親友にいつの間にかなっていた少年。
ビーティーと一緒に居て、いつも割と激しめな事件に巻き込まれてる。
巻き込まれてるうえにビーティーより殴られてる。
でもBTと居てボコられてもビーティーとの友情を貫こうとする。
できすぎだ…と言って、お笑いになられるかもしれないが……
ぼくが初めてその少年に会ったのは、13日の金曜日、13時13分であった。
社会的ダイナマイト、一触即発的、良心罪悪感ゼロ的、猛毒セリフ的、悪魔的、計画頭脳的、今世紀最大的、犯罪少年の、身も心も凍りつくエピソードです。
ビーティーとは、「B・T」であり、かれのイニシャルです。とても本名はお教えできません。
ときどき考えるんですけど……お金ありますよね……大昔は貝がらとか、石ころだったそうですが。あれ…最初に考えたの誰なんでしょうか?
……ぼく思うんです……最初にペテン師がいて、「これ値うちがあるんだぜ」って……ペテン師が貝がらを使い始めた……ペテン師はけっして絶滅しませんね。
え?「耳なし芳一アメリカン」?
な…なんて恐ろしい少年だ!ま…魔少年……
自分は魔少年のくせに、冬子さんが悪女と知ったら… きっと…ビーティーとはそんな不可解な所のある少年なのだ…そして、ぼくの親友なのです

ビーティーの謎の家族「おばあちゃん」

ビーティーの祖母で海外にいる両親の代わりに一緒に暮らしている。
エリナおばあちゃんに似てる。
なんかフジコちゃんみたいな女に盗ませてデパートの悪事を暴いたりする謎のスーパーおばあちゃん。
これ…帽子をお忘れですぞ、忘れっぽいという事は命取りですぞ、気を付けなされ
コホン… 信じてもらわなくても結構ですけど…おたくのデパートの恐竜化石展に今… 泥棒が侵入しているはずですよ… さようなら

ナイフで刺されたほう「黒山」

「サマーキャンプ事件の巻」に登場したクソ野郎。
ドラえもんでいうジャイアンの立ち位置でジャイアリズムを発揮し、ビーティーを転ばした挙げ句に自分らのマキを運ばせようとするクソ野郎。
さらにビーティーに謎の精神的貴族マウントを取られ激高してビーティーをボコって然るべき報いを受けさせられた。
間接的にナイフで刺されたクソ野郎である。
起き上がれまい…フン! いいか、その痛さを忘れるなよビーティー!今度オレ達に逆らうと同じ目にあうぜ!

オオスズメバチに刺されたほう「赤川」

「サマーキャンプ事件の巻」に登場したクソ野郎その2。
ドラえもんでいうスネ夫の立ち位置で黒山と一緒にいる。
ビーティーに蜂をポケットに入れられてしまい、黒山がやったと思い込まされ、殺傷事件を起こしてしまった。
ブタどもに友情はないという落ちに使われてしまった哀れな男である。

ギャグがつまらない伊達男「伊達」

ボタンからシャツがとれた(すごくくだらないけど)
イタズラ死体事件で登場。
ビーティーの先輩で憧れの天妃子さんと仲良くしているのでビーティーに逆恨みされている。
ポール・マッカートニー並みの音楽センスを持ち、ハンサムでギャグがくそつまらない。
おじいちゃんの形見のお守りを持ち歩くおじいちゃんこな面もある。

ビーティーが憧れる先輩「天妃子(あいこ)さん」

イタズラ死体事件で登場。
ビーティーが憧れるパイセン。
読み切りで憧れてたパイセンと似たような顔の女なのでビーティーのセンスは丸わかりである。

ムカドタマ先輩「ニの森」

イタズラ死体事件で登場した、おどりゃクソ森先輩。
この事件ではめっちゃ仲がいいし、うっかり一回死亡して生き返ったある意味、空条承太郎である。
読み切りではめっちゃ仲が悪い。なにがあったのか。
イラッとするとムカドタマー!という謎の言語を発する。ある意味ウダラ先輩である。
いや、ムカドタマ先輩である。
ムカドタマ――――… 覚えてろ、伊達め~~
大丈夫だったら! すぐ実行するぜ、ムカドタマ――――! 伊達をギャフンと言わせてやるんだ!

イカれたおっさん「所長(おじさんX)」

おじさんX事件で登場した。
ビーティー達が釣りしてたら急に現れた変質者のイカレポンチでR。
自分を強制捕虜収容所の所長だと思っているマジモンの精神異常者でR。
シュトロハイム変質者バージョンでR。
犬猫を虐待して遊んでいるというクズエピソードでは満足できなくなり、ビーティー達を虐待したろ!と登場したやべーやつでR。
なあーーに、ほんのつまらん賭けでRよ。
閣下と呼べッ!二度とおじさんと言うんじゃないこのカスみたいなチビが!
処刑しろーーッそのきたならしいチビをーーーーーッ!
貴様ら敵国のスパイだな――――ッ! 貴様らを捕虜にする!
私は強制捕虜収容所の所長なのだッ!!
やったぞッ! 次はブーツで気合を入れてやるッ!!

パワー系おっさん「曹長」

おじさんX事件で登場した。
所長の部下役になりきったパワー系。
さらに公一くんをかわいいとか言って性的に見てくるレベルの高い変質者だった。
ここまでキャラ付けをしてもおじさんXの変質者度がすごくてイマイチ影が薄い。

自称デパートの影の支配者のクレイジーサイコ警備員「西戸(さいこ)」

恐竜化石泥棒事件で登場した。
自分をデパートの影の支配者だと言っているただの警備員のおっさん。
支店長には川尻浩作のようにペコペコしている影の支配者(笑)である。
何故かチェーンを持っていて公一くんたちに襲いかかるやべーやつ。
デパートの影の支配者というよりもタルカスのほうが近いと言った点でやべーやつだということがわかる。
この街にまともなやつはいないのか。
なお、実は4部で銀行の警備員に転職しているがセリフはない。
どう見ても敏腕銀行員のオネエおじさんのほうがキャラ付けが上だからである。無念。
熊はな……土をガムみたいにかんで丸めて、冬眠するとき、虫が入ってこないように、その土ガムを尻の穴につめるんだぜ。
オレはこのデパートの影の支配者だ!悪さをするヤツはゆるさねえ!
ハハハー! どうした!?何を震えているんだい!?オレがお前の腕をひねくるとでも思っているのか――――? ハハハ――――ッ!!

おばあちゃんの部下「女スパイ」

恐竜化石泥棒事件で登場した。
ビーティー達の化石泥棒に乗じて、盗品疑惑のかけられた支店長の金庫を探っていた不二子ちゃん的地位の女怪盗。
こう書くとすごそうだがあまり登場してない。

家を家族で乗っ取り!そばかすの少年「マナブ」

そばかすの不気味少年事件で登場した。
公一のパパの車に轢かれたことから公一の家を乗っ取る侵略者ディオのような少年。
ビーティーとフュージョンしたらまんまディオになりそうである。
さらに公一の犬をビーティーとの賭けに勝ち奪い取り虐待しまくった。
どう見てもブサイクなディオだが、ビーティーに負けた際にあっさり敗北を認め、ビーティーを称賛する点でディオとは違う。(ディオは潔くない)
グッド!しかしきみはまだ自分の賭ける物を言ってないねェ!
しかし あいつなかなかスゴイヤツだった いつかまた会おう!
フフフ… ところでもう一つ… この家な、ぼく達家族はもうこの家を出ていかないぜ!
この家はすでにぼくの物だ! ぼくの家族はこのまま 住み着くのだ!!
お前ら家族は奴隷として飼ってやるのだ!!警察に言う? もう遅いぜ!お前のパパはビビっちまってるからな!!
一つ一つお前の過程をしばりあげていくのだ!!明日はここの住所で借金してくるというふうにな!破産するまでいるぜ!!
今までもそうしてきたんだ! これからもそうする!!
ビーティー! 殺人を犯す気か――――ッ!!??
アップルジュース! アップルジュースはお座りだろう! 言う事聞け!!

アップルジュースはお座り!公一の犬「タロー」

そばかす少年に奪われて虐待されてた犬

ビーティーの憧れの先輩「中川冬子」

読み切り版(有罪くずし事件)に登場したビーティーの憧れの上級生。
ロリコンに呼び出されて反撃したら殺害してしまった…とみせかけて生きてた…とみせかけて嘘の自供をしている?

なんか死んでたおっさん「ルポライター」

読み切り版(有罪くずし事件)に登場したロリコン(故人)

お前かよ「警部補」

読み切り版(有罪くずし事件)に登場し、冬子をルポライター殺害容疑で逮捕した。
実は、暴力団から賄賂を受け取っていたところをルポライターに撮影され、それをネタにゆすられていたのだ。
ビーティーは真犯人は警部補やで!と言っていたが真偽は不明である。
やれやれ、カスみたいな小僧のカスみたいな戯言は聞いておれんな! 疲れる…

魔少年ビーティー「サマーキャンプ事件」のあらすじ

サマーシーズン到来!
公一くんは初めてこのサマーキャンプでビーティーの恐ろしさを知ることとなる。
社会的ダイナマイト、一触即発的、良心罪悪感ゼロ的、猛毒セリフ的、悪魔的、計画頭脳的、今世紀最大的、犯罪少年の、身も心も凍りつくエピソードである。
黒山と赤川とかいうジャイアンとスネ夫にボコられたビーティーの怒りの復讐劇!それがサマーキャンプ事件!

くらわしてやらねばならん! 然るべき報いを!

ビーティーの復讐は蜂をポケットに入れてやることであった。
麻酔で蜂は眠らせてあり、怒りの友人(蜂)が目覚めたら大変なことになるぜェ!
蜂を麻酔で射つ小学生か…。

しかし、蜂が入っていたのは赤川のポケットであった。
ビーティーが復習しようとしたのは黒山だ!人違い…!人違いだ!いきなりやっちまったのかビーティー!
しかし、その晩ナイフで刺された黒山の姿が…!!?
刺したのは赤川だった?

ビーティーはわざと赤川のポッケに蜂を入れたのだった。
そして、赤川に黒山が君のポケットに蜂を入れたよと囁いただけ!
これが!これが!これが!魔少年だ!

魔少年ビーティー「サマーキャンプ事件」の感想

この話は信頼関係がない2人であることを見抜いていたビーティの復讐方法が面白い。
黒山は赤川に対してそこに友情などなかったし、逆もまた然りだった。
そこをビーティーに見抜かれて、蜂をポケットに入れて「黒山がやったんやで」と言ったのである。
それだけで、ナイフの殺傷事件にまで発展させる…。これが精神的貴族の悪魔的精神攻撃だ!
主人公がやることじゃない気がするけど、本当にスカッとする。

この爽快感がビーティーを好きな理由のひとつなんですよね。
これが綺麗事を言って復讐しない主人公だったら最悪なんですよ。
ビーティーはこういう精神的な醜さにを突いていく、「心の弱さ」を攻撃していくジョジョの原点なところが大好きですね。

魔少年ビーティー「サマーキャンプ事件」のジョジョの元ネタ要素

  • 最初のほうのページのモブのTシャツがREOである。
    REOスピードワゴン、スピードワゴン財団の起源はこのモブだったんだね!
  • ビーティーとおばあちゃんの初登場シーンの擬音が「ドジャーン」
    ドジャーンといえば今やヴァレンタイン大統領の持ちネタみたいだが、元祖はビーティである。
  • スズメバチといえばジョジョリオンのクワガタバトルや透龍の唯一の思い出が記憶に新しい。
    しかし、元祖はビーティーである。
    ナイフとスズメバチといえばサマーキャンプ事件!
  • サマーキャンプといえば、吉良吉影が行きたくもないのに行かされたり、康穂が透龍(ロリコン)と出会ったイベントである。
    が、タイトルにまでなってるビーティーが一番サマーキャンプシーンズン到来してるのだ。

魔少年ビーティー「イタズラ死体事件」のあらすじ

恋! そのすてきな好奇心がビーティーを行動させたッ!
天妃子(あいこ)さんに恋するビーティーは仲良くしている上級生の伊達が気に食わない。
なんか馬鹿にしてくるし…。
くそが。然るべき報いを食らわしてやる!…おい!そんな理由で!

ビーティーは二の森パイセンに死んだふりを謎の腹話術を活用し頼むことに。
うまいこと伊達の攻撃で死んだふりをする二の森と焦りまくる伊達。
これにより、天妃子(あいこ)さんに近づかなくさせてやったぜ!

しかし、本当にムカドタマ先輩は死んでいた?!こんなアホみたいな理由で死ぬな二の森ーー!!
さらに仲間を連れて戻ってきた伊達は犯人はビーティーたちやで!ワイは悪くないで!と騒ぎ出す。大体あってる。

しかしビーティーは伊達のおじいちゃんの形見のお守りを活用し「殺したのは伊達 ゆるさない」と腕に表示し勝利するのだった。
こうして下級生に罪を着せるなんてサイテー!と伊達は振られた。めでたしめでたし。
あとどうでもいいけど二の森は生きてた。

魔少年ビーティー「イタズラ死体事件」の感想

この話は完全に嫉妬であり、他の話とはわけが違う。
完全に逆恨みである。
もう復讐ですらないが、一回死亡しているやつまで出る恐ろしい展開である。
しかも死んでるの嫉妬対象じゃないのがひどい話である。

精神的に身分がちがうのだ!とか言ってたビーティーも人並みに嫉妬するんだ…と少し親近感が生まれる回でしたね。
これはジョジョの主人公も別にヒーローしてるわけじゃなくて、気に食わねえやつには結構シビアなところが引き継がれてますよね。
ジョナサンとかいう紳士は置いておいて、ジョセフとか結構私怨でヤルからな…。

魔少年ビーティー「イタズラ死体事件」のジョジョの元ネタ要素

  • 「殺したのは伊達 ゆるさない」とビーティーがトリックで腕に印字させた件は、花京院が「BABY STAND」と傷つけたシーンに似てる。
    ただ、トリックで呪いを信じさせたビーティーに対して、頭がイカれちまったと思われた花京院の差はなんだったのか…。
    花京院は変な髪型だったからだろうか…。

魔少年ビーティー「おじさんX事件」のあらすじ

入学祝いで買ってもらったマウンテン・バイク この光り輝くなめらかな回転のリム・スポーク! やっぱり新品は楽しいね… しばらくバス通学はできないでーす!と言わんばかりに自転車で釣りに来た2人。
そんなほんわかした日常にいきなりガイキチが登場だ!

なんと自分を強制捕虜収容所の所長だと思っているマジモンの精神異常者でR所長のご登場だ!
いきなり自転車を破壊されるわ、ムチでしばかれるわもう大変な騒ぎだ。
さらに所長は急に賭けを始める。
そのへんに停まっていた車は左へ行くか?右へ行くか?賭けを勝手に始めた。
オラオラをしてやりたい。

しかしビーティーはナンバープレートからどっちに行くかすでに見抜いていた!
賭けに勝ったビーティーだったが、解放してくれない。
それどころかビーティーの親友に危害を加えられ、怒るビーティー。
ビーティーはトリックを駆使しておっさんズを撃退したのだった。
ついでに慰謝料として金を頂いたぜ!

魔少年ビーティー「おじさんX事件」の感想

ジョジョでも奇妙に登場する頭おかしい敵キャラ達。
まさにその元祖というような頭のおかしいおっさん2人のご登場って感じでしたね。
ジョジョで慣れてるはずなのに、何度見てもこのおっさん2人は頭おかしい。
つまり荒木先生の作品の中でもかなりランクの高い頭のおかしさで最高である。

頭のおかしさのレベルで言ったら…そうだなポークパイハット小僧くらいかな…。
賭けが登場するのもグッド!

魔少年ビーティー「おじさんX事件」のジョジョの元ネタ要素

  • 車は右に行くか?左に行くか?の賭けのシーンは、ダービー兄とポルナレフが賭けたどっちの肉を食うかのシーンに似てる。
    3部のほうはダービーのコイツは私の猫さという謎理論で敗北してしまったが、ビーティーは悪魔的頭脳で切り抜けてしまったぜ!
  • 元祖ロープマジックが登場する。
    ジョセフのやってたのよりは大分単純だったけど、ビーティーのキャラってジョセフ+ディオって感じがある気がする。

魔少年ビーティー「恐竜化石泥棒事件」のあらすじ

化石を盗もう!
頭おかしい発言につきあわされることになった公一くん。
化石が展示してあったデパートの立入禁止部屋で喋っていたところ「自称デパートの影の支配者」である西戸が現れる。
名前の通りサイコなこの男はいきなり公一を何かを盗もうとして侵入したなバカヤロー!とビートたけし顔負けのバカヤローで恫喝するのだった。

その後、本当に化石を盗もうとするビーティー達。
警備に来た西戸に見つかってしまう!
タルカス並にチェーンをぶん回してくるやべー警備員の西戸だったが、ビーティーの消化器アタックを食らって目に深刻なダメージを負ってしまうのだった。

だが復活した西戸のチェーン首絞め攻撃で気絶する公一くん。
コイツこんなんばっかでかわいそう。
しかし、ビーティーのブラフによりなんとか脱出するのだった。

この揉め事の間にビーティーのおばあちゃんは女スパイに盗品宝石売買の証拠を掴ませていたのだった。
おばあちゃんはなんなんだ…。

魔少年ビーティー「恐竜化石泥棒事件」の感想

西戸とかいうサイコ野郎の登場回ですが、今までで一番強敵でしたね。
警備員なのにデパートの影の支配者とかいってチェーンをぶん回してくるって…すげー発想だな。
現実でもここまでやべーやつはそんないないだろうし、居たらそれだけですぐ事件だよ。

公一とビーティーってジョジョで言う康一と露伴みたいな関係だなぁと思わせてくれた回でもありましたね。
ビーティーのピンチを公一の機転で救うシーンがあるんですけど、やっぱり君は親友だ!みたいなことを言ってるシーンがチープトリックで康一が助けに来てくれたところを思い出させてくれる。
わがままで公一を振り回すビーティーなんだけど、頼りにしてる関係はいいですね。
自分の目に狂いはなかったぜ!とか言ってるのも露伴っぽい。

そしておばあちゃんが黒幕でビーティーの上を言っているっていうのが、底が見えない凄さを感じさせてくれて面白い。

魔少年ビーティー「恐竜化石泥棒事件」のジョジョの元ネタ要素

  • 「チューインガム噛むかい?」がポルナレフが唐突に言っていた「ガム噛むかい?」を思い出させてくれる。
  • 西戸が4部の銀行の警備員でも出てくる。
  • チェーンデスマッチとかしてくるタルカスみたいにチェーンで首絞めてくる。
    アイツと同レベルのサイコかよ…。

魔少年ビーティー「そばかすの不気味少年事件」のあらすじ

公一の父が起こした交通事故の被害者として、公一の家を侵略するそばかすの少年。
次第に態度を大きくしていく彼に、公一の家族はジョナサンみたいに精神ダメージが貯蓄していってしまう。
さらに、そばかすの少年はビーティーに賭けを持ちかけ、イカサマで勝った少年は公一の愛犬を自分のものにしてしまう!

それどころか少年の家族が「バビーン」とポーズを決めて登場!
今度は少年の家族が丸ごと公一の家に上がりこみ侵略し出してしまう!
ディオよりひでえ!!

彼らは最初から公一の家を乗っ取るつもりだったのだ。
だが、それがビーティーの逆鱗に触れたッ!!

その夜、公一の家で刺身を食い散らすそばかす一家。
実はビーティーが持ってきた刺し身で、それはフグの刺身だと告げるのだった。
その直後、苦しむ出すクソッタレファミリー!
なぜかそばかす少年だけ無事だった!?
当然!復讐だ!それが流儀ィィとばかりにビーティーを探す少年だったが、ビーティーの指示で動く犬に釣られて、車道に飛び出し轢かれてしまった。

これにはそばかす少年もビーティーを認めざるを得ないのだった。

魔少年ビーティー「そばかすの不気味少年事件」の感想

バレなきゃイカサマじゃあないんだぜというセリフを思い出させてくれる。
知能戦というよりもギャンブルのバトル、ビーティーザ・ギャンブラーって感じな回でした。
騙して勝利することが勝利条件。シンプルだが面白い。

そして、ディオのように徐々に家を乗っ取ってくる感じが生々しくてディオよりもムカつくw
家族がみんなダリオブランドーの精神なの地獄みたいな一家だなぁ。

あとお姉ちゃんクールすぎるし、兄はグラサンかけて寝てるし、家族が登場してくるときのバビーンのポーズがシュール。

魔少年ビーティー「そばかすの不気味少年事件」のジョジョの元ネタ要素

  • ビーティーが賭けに乗ったときのマナブのセリフが「グッド!」でダービー、ジャンケン小僧、ミラションの賭け狂いスタンド使い達の元祖
  • そばかす少年マナブが徐々に公一の家を侵略してくる図がディオ感ある
  • 公一の犬がひどい目にあってるのがジョジョの犬の末路の元祖って感じ。
    ビーティがディオに似てるせいかダニー感がすごい。
    いや、ビーティーはむしろ犬を守ってる側なんだけど…。

魔少年ビーティー「有罪くずし事件(読切)」のあらすじ

ビーティーの憧れの上級生「中川冬子」は、ルポライターに落とした生徒手帳をネタに呼び出され、乱暴されそうになったので抵抗した際にルポライターを誤ってハサミを突き立て殺害した、という事を自供して逮捕・連行されてしまった。
それを聞いたビーティーは無罪にすることを決定する。

暴力団から賄賂を受け取っていたところをルポライターに撮影され、それをネタにゆすられていた冬子を逮捕した警部補。
それを利用することにしたビーティーは真犯人は警部補であり冬子に罪をなすりつけたという巧妙なストーリーを組み立てた!
賄賂行為を暴かれ立場が悪くなった警部補は言葉巧みにビーティーによって拳銃を抜くよう誘導させられてしまう。
それを新聞記者に決定的場面を押さえられビーティーに敗北したのだった。

しかし、冬子もゆすられていたことを知る公一は、実は殺意を持ってルポライターをハサミで刺したんじゃないのと疑問を持つのだった。

魔少年ビーティー「有罪くずし事件(読切)」の感想

誰が犯人だろうと思ったらまさかの刑事だった。
いや、普通第一発見者が犯人だけど刑事なのかよ!

しかも実は冬子さんは悪女でしたよオチ!
どっちつかずで結論を出さない感じは読み切りっぽい感じありますね。

っていうか鍵を開ける手口とか書いてもよかったのか?時代か?

魔少年ビーティー「有罪くずし事件(読切)」のジョジョの元ネタ要素

  • アレッシー戦のショタナレフがやってたっぽい手品がオチ

短編集

関連記事

ネタバレ注意!!魔老紳士BTは魔少年ビーティーの60年後の話!つ…つまりジジイ!ノッツォがいる!リスが成長してノッツォに!?そんな馬鹿な…アレはバオーと同じく研究で生み出された結[…]

関連記事

ゴージャス★アイリンはジョジョ6部の空条徐倫以外で唯一の女性主人公ゴージャスアイリンほど今の絵で短編として見たい荒木先生作品はない。正直、ジョジョリオンが終わったらたまにこれを書いてくれるだけでもオレは満足。そ[…]

関連記事

バオー来訪者とはこの前終わった進撃の巨人って漫画があるんですけど。このタイトルを見たとき一番最初に思ったのが「バオー来訪者」みたいにタイトルが逆になってる漫画は隠れた名作になるね…!だった。普通は「来訪者バ[…]

関連記事

武装ポーカーは手塚賞だけあって読み切りとして見本のような作品である一見ただのポーカー勝負に見えて勝負に意識を集中させといて結末はドンデン返しで終わるという読み切りとして完成されている。ジョジョ3部でいったら、承[…]

関連記事

バージニアによろしくは「退屈」が題材の完成された読切である人は暇すぎると駄目になるとはよく聞きます。暇が大好きで仕事したくない僕でも大した娯楽がない状態でほっぽりだされたら、この僕ですら仕事してたほうがマシだと[…]

関連記事

デッドマンズQの読み方はデッドマンズクエスチョンズ幽霊とはルールに縛られてないというイメージを見事に覆された。そんな漫画がこのデッドマンズQ。デッドマンズQのQはクエスチョンズ。「幽霊も生前と同じか[…]

関連記事

死刑執行中脱獄進行中は個人的にジョジョ一切関係ない短編で一番面白いジョジョに一切関係ない短編ではこれが一番好きかもしれない。畳み掛けるように処刑されつつも脱獄もする。まさにタイトルどおり。語呂もいい。[…]

関連記事

ドルチは荒木先生が愛猫と遭難したら人間の本性はこうなるだろうと考えた問題作であるA wrecked yacht in the midst of the ocean -(海の真っ只中にある難破したヨット)Th[…]

関連記事

ウィンチェスター・ミステリーハウスは実在するアルティメットお化け屋敷ウィンチェスター・ミステリー・ハウスは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼにある屋敷である。この屋敷はその謎や噂から世界で最も有名な幽霊屋[…]

関連記事

変人偏屈列伝「腸チフスのメアリー」の登場人物紹介と名言・セリフ集メアリー・マロンメアリーは幼い頃に「いい料理さえ作れば『女』は幸せになれる」という言葉を信じた。そして彼女は賄い婦の仕事を始めたのだが、行く先[…]

荒木先生関連の短編感想

※横にスライドできます

ジョジョ記事リンク集

ジョジョリオン今までの感想

今までのジョジョリオン感想のリンクです。
110話で完結のジョジョリオンを一気読みする人も多いと思います。
10年分のジョジョリオンの感想リンクを補助にしてくださいm(_ _)m
※横にスライドできます

※横にスライドできます

ジョジョ記事まとめ

関連記事

ジョジョについてこの10年くらいこのブログで語りましたが、色々散在しててわけわからん。というわけで、ジョジョのキャラクター、名バトル、名言、考察など10年書いてきた記事をまとめてみました。だいたいジョジョリオンが始まったくらいから書[…]

ジョジョリオンの謎、疑問点の考察はこちら!

関連記事

ジョジョの奇妙な冒険第8部「ジョジョリオン」は伏線と謎が多いミステリー漫画。とはいえ謎が明かされずに放置されてる出来事も多い。ジョジョリオンは今までのジョジョの奇妙な冒険と比べて矛盾点や謎が多いと言われています。[…]

ジョジョ9部予想

関連記事

ジョジョリオン最終回感想はここ[sitecard subtitle=関連記事 url=https://taokasu.com/55009/ target=]ジョジョ9部予想…っていうかそもそも9部ってあ[…]

ジョジョ各部死亡シーン集

※横にスライドできます

ジョジョ各部モブキャラ

※横にスライドできます

ジョジョ名言

※横にスライドできます

ジョジョ特集記事

※横にスライドできます

ジョジョキャラ紹介

※横にスライドできます

承太郎徐倫プッチ神父透龍くんエルメェスアナスイヴァニラDIOジョセフ露伴
ヴェルサスキャラcキャラdキャラeキャラfキャラgキャラhキャラiキャラjキャラk
キャラlキャラmキャラnキャラoキャラpキャラqキャラrキャラsキャラtキャラu
キャラvキャラwキャラxキャラyキャラzキャラ1キャラ2キャラ3キャラ4キャラ5

岸辺露伴は動かない

※横にスライドできます

ジョジョ小説感想

※横にスライドできます

ジョジョアニメ

6部

関連記事

ジョジョ6部のアニメ化決定!!ストーンオーシャンに期待されること6部はなんか原作があまり人気ない風習なんですよね。リアタイでジャンプで見てた僕も、4部と5部のほうがいいとか当時言ってました。しかし、今では何[…]

5部(工事中)※横にスライドできます

1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話36話37話38話39話

1部
※横にスライドできます

2部
※横にスライドできます

3部
※横にスライドできます

4部
※横にスライドできます

ジョジョ展レポ

※横にスライドできます

荒木先生関連、フィギュア、グッズ

※横にスライドできます