【祝!呪術廻戦0映画化】夏油傑とかいうゲロ雑巾と猿に絶望した闇落ちクソ真面目について語ろう

目次

夏油傑とかいうサマーオイルとは

「最悪の呪詛師」と称される特級呪詛師。4人しか居ない特級の一人である。
五条の親友でベストパートナーの最強の2人の片割れだった。
俺たちは昔から二人で一つだった地元じゃ負け知らずだった。

もともとは「呪術師は非術師を守るためにある」と考えていた。
しかし、超人外パパ黒にボッコボコに敗北したのをきっかけに闇落ちが始まった。
天内を殺されて盤星教「時の器の会」に天内の遺体を五条と引き取りに行った際、盤星教信者の拍手と笑顔を見て疑問を感じ始める。
さらに、任務先の村で虐待を受けていた呪術師の菜々子と美々子を見たときに、非術師とかいう猿を皆殺しにして呪術師だけの世界をつくるイカレ呪詛師が爆誕してしまった。本編の1年前の12月24日に百鬼夜行を決行したが、0巻の主人公乙骨君に敗北した。

最終的に親友の五条にその人生の幕を降ろされた…はずだが?
過去編ではクールで知的キャラだが、0巻だとテンション高めのイカれた絶対猿殺すマンにキャラがはっちゃけている。
なお、非術師を猿扱いするのはパパ黒の猿発言を睡眠学習してたから。

なお、一部では夏(サマー)油(オイル)と呼ばれている

なお劇場版のラスボスである

夏油傑の名言

私に従え 猿共
そうくるか 女たらしめ!!
最後ぐらい呪いの言葉を吐けよ
誰がなんと言おうと非術師は嫌いだ でも別に高専の連中まで憎かったわけじゃない ただこの世界では 私は心の底から笑えなかった
君は五条悟だから最強なのか? 最強だから五条悟なのか?
ならばこちらは大義だ
人は食物連鎖の頂点にたち 更に高位の存在を夢想し 「神」と呼んだ おかしいと思わないか? 夢想せずとも我々呪術師がいるというのに
私達は最強なんだ
彼女たちが竹下通りのクレープを食べたいときかなくてね お暇させてもらうよ
来たる12月24日 日没と同時に!!我々は百鬼夜行を行う!!!
もし私が君になれるのならこの馬鹿げた理想も地に足が着くと思わないか? 生き方は決めた 後は自分にできることを精一杯やるさ
祓う 取り込む その繰り返し 祓う 取り込む 皆は知らない呪霊の味 吐瀉物を処理した雑巾を丸飲みしている様な 祓う 取り込む 誰のために?
勝ち方が決まってる奴は勝ち筋を作ると簡単にノってくる
悟 前から言おうと思っていたんだが一人称「俺」はやめた方がいい 特に目上の人の前ではね 「私」最低でも「僕」にしな
聞こえないな もっと近くで喋ってくれ
数が多いというだけで強者が弱者に埋もれ虐げられることもある そういう猿共の厚顔ぶりが吐き気を催す程不快だと 私は言っているんだ
呪術師が呪術師を自己を犠牲にしてまで 慈しみ!!敬う!!私の望む世界が 今 目の前にある!!
発言には気をつけろ 君のような猿は 私の世界にはいらないんだから
術師というマラソンゲーム その果てにあるのが仲間の屍の山だとしたら?
じゃあ 非術師を皆殺しにすればいいじゃないですか
時がきたよ 家族たち 猿の時代に幕を下ろし 呪術師の楽園を築こう まずは手始めに 呪術界の 呪術高専を落とす
呪術師だけの世界を作るんだ
まずは質より量 どう出る? 呪いの女王
猿にはね それぞれ役割があります 金を集める猿と 呪いを集める猿 アナタは前者
同じ特級 早く挨拶したいなぁ 落し物も届けなきゃだし
意味はある 意義もね 大義ですらある
嬉しいなァ いつぶりかな 会議集合は そうだ 久しぶりに皆で写真を撮ろう 一眼どこだっけ
あの日から自分に言い聞かせている 私が見たものは何も珍しくない周知の醜悪 知った上で私は術師として人々を救う選択をしてきたはずだ ブレるな 強者としての責任を果たせ 猿め…

夏油傑の強さの根源。術式「呪霊操術」!これは特級。

夏油傑の術式は降伏した呪霊を取り込み自在に操る『呪霊操術』
ひとことで言えばポケモンである。
だが夏油はどっかのサト○のようにあの子のスカートの中まで探したりしないだろう。

なお、術師と呪霊で2級以上の差があれば降伏を省きほぼ無条件で取り込めてしまう。
レベル差で捕まえやすくなるってますますポケモンじゃまいか。

さらに、人間と主従関係にある場合はその人間を殺害しなければ取り込むことはできない。
ますますポケモン…さ、殺害!?ポケモンは良い子と廃人のゲームだから殺人まではしないだろうね。
廃人は殺りかねない凄みをみせるけど。

夏油の奥の手的存在!「特級仮想怨霊玉藻前」

呪術高専で登録されている特級呪霊16体のうち1体で、特級仮想怨霊。
乙骨と戦った際に切り札として使用するために登場した。
Fateの狐のほうの玉藻ちゃんは可愛いが、こっちは可愛くない。

なお、出てきただけで特に何も描写がない模様。
このあとさらなる奥の手を使ったけどそれはちょっと後に書きます。

パパ黒からパクったペット的存在!「武器庫の呪霊」

呪術廻戦9巻でパパ黒が武器庫にしてたヤツですね。
パパ黒は呪具がないと呪霊に勝てないのでパパ黒にはのび太に対するドラえもんのような存在でした。

しかし、パパ黒が五条にぶっ殺された後に、夏油と出会います。
そのときのセリフはファンブックによると「おかあさん」と言ってきたらしい。

そして時は経ち、0巻。
夏油が乙骨憂太の学生証とか格納する便利道具として活用してました。
夏油死んだ後どこ行ったんだコイツ…。うずまきで使われたのか?

仮想怨霊「口裂け女」

ご存知口裂け女さん。
ぬ~べ~ではポマードにブチギレてましたね。
呪術廻戦では質問に答えるまでお互いに不可侵を強制する簡易領域を展開する凄いやつ。
質問に答えた後は複数の巨大な糸切ばさみを具現化させ相手を切り刻むやべーやつ。
パパ黒はここであえて、「タイプじゃねえ」と答え、ヒモのプロっぷりを見せつけ夏油を圧倒した。

特級特定疾病呪霊「疱瘡神」

正確には夏油じゃなくてメロンパンが入った夏油が使ったけど目立ってるので書いちゃう。
冥冥と対峙したときに使用した。
領域展開で相手を棺桶に閉じ込め、墓石で埋葬し3カウント以内に棺桶から脱出できなければ病に罹り死ぬという結構チート。
やはり特級はわけが違うね。

夏油はポケモンマスター!ファンブックによると夏油の呪霊の集め方は水曜スペシャル

というわけで、夏油のお気に入りのポケモンを紹介したわけですが、夏油は高専所属時から10年以上呪霊モン!ゲットだぜ!ってしてきたわけです。なんとその数!4461体+2000体=6461体!

なんだよその数って感じだと思いますが、百鬼夜行で放った呪霊が2000体。
さらにこの後説明する極ノ番「うずまき」で乙骨にブッパしたのが4461体なわけです。
4461体とか細けえなと思いますが、アイツ残りの呪霊全部ブッパしたみたいです。
手持ちの4461体全部君にぶつけるとか言ってたので。

ちなみにどうやってそんなアホみたいな数を集めたかと言うと水スペみたいに大冒険して集めてきたらしい。
水スペとかなんで作者しってんだよ。何年前だよアレ。

夏油の呪霊操術の真価!極ノ番「うずまき」!術式の摘出ができてしまう!じゃあ領域展開も?

夏油さんが本当に特級だったのか…強すぎだろこれ…ってなった理由が「うずまき」である。
極ノ番とかいう領域展開除いた夏油の奥義がうずまきである。

0巻では4461体分の呪霊を一つにして乙骨にブッパするというあまりにも子供相手に大人気ない戦法に出た夏油だったが、乙骨の純愛の前にうずまきは敗北してしまった。
そのせいで、五条と乙骨に比べて、うずまき?アレそんな強くなかったじゃん(はなほじ)という認識になってしまった。

しかし、うずまきの真骨頂はこれだけではなかった。
準1級以上を使用することで起こる術式の抽出!これが本当にやべえ能力だった。

これもメロンパンに乗っ取られたほうの夏油だけど、真人の無移転変とかいうクソゲーの権化みたいな能力まで使えてた。
あいつ火山さんのまでパクる気だったらしい。恐ろしいやつだ。

っていうか、これ術式取り出せるってことは領域展開もできるのでは?
それなら、実質何種類もの領域展開使えるんだけど…。
もし自然呪霊を全員取り込んでたら自然特級呪霊4体分の領域展開出来るとかいうまさにラスボスみたいになってたな…。

しかも手持ちの呪霊とかいうポケモンが領域展開しても術者の呪力消費しないとかいうクソチート。
じゃあ領域展開連打できるじゃん。やばすぎだろ。

夏油の呪霊操術の欠点はゲロを処理した雑巾のような味なことがデメリット

じゃあ呪霊操術ってなんもデメリットないじゃん。
調伏(笑)とか言ってる伏黒がバカみたいじゃん!伏黒に謝れ!何が相伝や!
って思うけど一個「十種影法術」より圧倒的にクソなデメリットがあった。

呪霊を黒いモンスターボールにして食うことで呪霊操術を使えるようになるんだが、その味が…

ゲロを処理した雑巾のような味なこと。

ゲロ雑巾!!!
考えても見てほしい、小学生の頃アホな同級生が牛乳ぶちまけて拭いた雑巾ってめっちゃくせーんすよね。
牛乳でくせーのに、ゲロ!
ゲロ雑巾を6461体!!!!!

これはスピードワゴンさんが毎回夏油の脳内に登場し「こいつはくせーッ!ゲロの臭いがプンプンするぜーッ!!」と言ってたはずですね

夏油と五条の関係は最強の2人…だった。でも五条が夏油と会った第一印象は「前髪」だった

かつては、今となっては最強を一人で突き進む男「五条悟」が唯一背中を預けて、唯一の親友とした人物。
それが「夏油傑」だった。

五条も夏油も学生時代が各々自分が完璧でないのは自覚していた。
お互いを見習って理想の存在であろうとしていたのだった。
「二人で最強」をお互いに豪語し、影響し合っていた。

二人は自他ともに認める大親友。最強のふたりだった。
2人で一つだった。地元じゃ負け知らずだった。そうだろ?
つまり虎杖と東堂の先輩負け知らずだった。

だが、夏油は闇落ちし、0巻では五条とは完全に敵対していた…なんでや!?
思いだした 景色は 旅立つ日の綺麗な空 抱きしめたんちゃうんか!?
辿り着いた 暗い路地裏 しゃがみこんだ あいつがいたんか!?
歌詞が途中までは結構そのまま0巻だな!!

なお五条が夏油に感じた第一印象は「前髪」だったし、天内も第一印象は「変な前髪」だった。
そのへんな前髪は10年以上経っても、乗っ取られても変な前髪だったのだ。
夏油は前髪に対するこだわりが凄いね!

夏油はなぜ闇落ちし、呪詛師になったのかの理由を語れ

前述したとおり、夏油はもともと呪術高専に在籍しており、五条悟、家入硝子とは同期で、特に五条とは親友関係にあった。

その際に夏油の考えはこうだった。
「術師は非術師を守るためにある」

しかし、とある事件をきっかけに、任務をこなし続けているうちにクソ真面目な夏油は、「本当に非術師は守る価値があるのだろうか?」という考えに変わっていってしまうのだった…。

0巻と過去編で性格も信念も違いすぎじゃね?なんかデカいトラウマでもあったんか?と思ったら…。
徐々に心が擦り切れていたのだった。
ナナミンみたいに逃げればよかったんだろうけど使命感強いクソ真面目な性格のせいで夏油は闇落ちしたのだ。

夏油傑、伏黒甚爾ことパパ黒に敗北。非術師は猿という考えが生まれ始めた瞬間

過去編にて最強の五条悟を葬り、天内、黒井を殺されたことで夏油は静かに怒る。
それはもう主人公そのものだった。
だが伏黒甚爾ことパパ黒は恐るべき強さで呪霊操術を攻略してしまう。
天与呪縛によるフィジカル猿の前に圧倒的に敗北してしまった。

さらに、勝利したパパ黒にこんな捨てゼリフを吐かれてしまう。

だがその恵まれたオマエらが 呪術も使えねぇ俺みたいな猿に負けたってこと 長生きしたけりゃ忘れんな

これをスヤスヤしながら聞いていた夏油は頭の片隅に非術師=猿という方程式が生まれ始める。
その後、天内の死に対し笑顔で拍手を送る盤星教の一般教徒達の姿を目の当たりにした夏油はこんな葛藤が生まれ始めてしまう。

「弱気を助け強きを挫く。術師は非術師を守るためにある」

本当にそうか?アイツラ猿なのでは?

五条悟が一人で最強になってしまう。ゲロ雑巾黒玉を飲み込む日々の葛藤

高専3年。パパ黒の件で反転やら紫やら無術現自動化やら、もはや五条が「一人で」最強になってしまう。
任務も一人でこなし、必然的に夏油も一人になることが増えてしまう。
このことがさらに夏油の闇落ちを加速させる。

ちょうどその夏は災害の影響もあったのか呪霊も多く湧き、任務の中で呪霊を祓い取り込むことを繰り返していく夏油。
最強の2人だったのに、片方はノーリスクで俺TUEEEEEできてしまい、片方はゲロ食べ続けてもそいつに追いつけなくなった…。
守る価値の無い猿共の為に食う呪いは美味いか?
そのうち、夏油は「術師は非術師を守るためにある」という考えがドンドン歪んでいく。

九十九由基との出会い。夏油さん非術師を猿と呼んでしまう。猿発言はパパ黒のあの発言から

特級術師「九十九由基」と出会った夏油。
会話する中で「非術師を皆殺しすれば呪霊が生まれない」という考えが浮かんでしまった。

しかしこの時点では非術師を猿と見下す自分といや猿じゃないと否定する夏油がいた。
夏油自身もどれが本音かわからず葛藤を抱えていた。
これだからクソ真面目は…。

ついに非術師を猿と呼んでしまった夏油はもう闇落ち寸前である。
猿発言はパパ黒のあの発言を睡眠学習していた。

だがその恵まれたオマエらが 呪術も使えねぇ俺みたいな猿に負けたってこと 長生きしたけりゃ忘れんな

七海の一言「もうあの人一人で良くないですか」。夏油をさらに追い込む一言が炸裂する。

自分を慕っていた後輩、「灰原君」。
彼はナナミンとの任務で命を落としてしまう。

彼の死を目の当たりにし、「術師というマラソンゲームの果てにあるのが仲間の屍の山だとしたら」といった疑念を持ち、更に夏油の信念が揺らいでいく。

さらに極めつけはナナミンの五条に対する感想。

「もうあの人一人で良くないですか」

「あいつは最強から最強へ、ワイはゲロ雑巾の繰り返し」そんな状況で、益々精神が病んでいく夏油であった。

ミミナナとの出会い。ついに夏油完全に闇落ちしてしまう。

任務で訪れたクソ田舎の村。
そこには非術師から虐待を受ける奈々子と美々子がいた。
その惨状を目の当たりにしてついに夏油は「猿(非術師)は嫌い。死ぬべきである」という本音を決行した。
具体的には村の住民112名を皆殺しにしたのだった。

さらに「自分の親だけ特別というわけにはいかない」という理由で自分の両親も殺害した。

闇落ちしたクソ真面目夏油。大親友五条と家入硝子とも決別する。

家入や五条に「術師だけの世界を作る」と伝え決別する。
家入さん、いや家入ちゃんは「何いってんだコイツw」という感じだったが、五条はいまだかつてないくらい取り乱していた。
しかし、夏油を殺すことが出来なかった五条は10年以上経ち、このときのツケを払う羽目になるのだった。