【ジャンプ未読ネタバレ注意】祝!呪術高専0巻劇場版!呪術廻戦の乙骨先輩とかいう4級から特級に舞い戻ったやべーパイセンについて語ろう

呪術廻戦最新話感想はここ

関連記事

呪術廻戦152話!前回までのあらすじ!禪院家壊滅!全て壊してには実の母親も含まれていた真希だったが、扇の元へ向かう自分を止めたことだけは気がかりだった。しかし、話にならなかった母親をも真希は斬りつけるのだった。[…]

乙骨憂太とは何者なのか?劇場版を見る前に復習しよう!

呪術廻戦でちょいちょい名前が出てくる乙骨憂太ですが、本編の前日譚、呪術高専の主人公である。
名字の読み方は「おっこつ」である。

生年月日:2001年3月7日
所属:東京都立呪術高等専門学校(0巻時点で1年、本編は2年)
等級:特級呪術師
血縁:菅原道真(日本三大怨霊)の子孫
今回は呪術の元主人公である乙骨くんについて語ります。
原作的にも映画化的にもタイミング的にも最高に乙骨フィーバーなタイミングで書いちゃうぜ!
ところでジャンプ漫画劇場版の伝家の宝刀「0巻配布」が0巻を映画化するので使えないけど何おまけでくれるんですかね?

乙骨の名台詞

失礼だな 純愛だよ
駄目だよリカちゃん やりすぎは
労う気なんかないんだから さっさと本題に入りましょう
五条先生の教え子とか関係ないですよ 彼は渋谷で狗巻君の腕を落としました
虎杖悠二は僕が殺します
あれ?一人じゃないんだ
愛してるよ 里香 一緒に逝こう?
来ちゃ駄目だ 里香ちゃん
来い!!!  里香!!!!
僕は呪術高専で 里香ちゃんの 呪いを解きます
何をしている里香 その人は恩人だ 蝶よりも 花よりも 丁重に扱え…!!
里香 アレをやる 「死ね」
そう僕の友達は凄いんだ それをオマエは…オマエは… ぐちゃぐちゃにしてやる
誰かと関わりたい 誰かに必要とされて 生きてていいって 自信が欲しいんだ
友達を侮辱する人の手伝いは 僕には出来ない!!
ブッ殺してやる
オマエは殺さなきゃいけないんだ
あわせろ 里香
誰が虎杖くんの 何?
速いな 走り出しで潰すつもりだったのに
絶対斬れると思ったのに……真希さんみたいだ
気づいた?五条先生より多いんだよ 呪力量
でも先生には「六眼(りくがん)」があるから 術式を発動した時のロス呪力(エネルギー)が 限りなく0(ゼロ)なんだ パフォーマンスでは やっぱり先生が1番だよ 僕に呪力切れはあっても 先生にはないしね
ごめんね 虎杖君
遊んでるだけだよリカちゃん
辛そうですね 直哉さん
何かって……女性関係ですか?
先生には会いたくないそうです
僕が大切にしてる人達が 君を大切にしているからだよ
僕も一度身に余る大きな力を背負ったんだ でも 背負わされたと思っていた力は僕自身が招いたモノだった 君とは違う 君の背負った力は君の力じゃない
君は悪くない
分かった 死力(ベスト)を尽くすよ
はい!僕はもう皆と離れたくないので!!

0巻の乙骨は強すぎた。いきなり特級術師に!?

呪術高専の転入生乙骨憂太は転入早々いきなりとんでもなくヤバそうな呪霊に取り憑かれた男だった。
なんかウジウジしていた彼だったが、お友達が出来て次第に性格も明るくなりつつあった。
しかもいきなり特級!

そんなとき本編の過去編で五条と仲違いした親友「夏油傑」が百鬼夜行を実行!

お友達をフルボッコにされた乙骨君は完全にブチギレてしまい、特級術師の夏油をも圧倒する超才能を見せるのだった!

乙骨憂太、特級から4級に落ちて半年で特級に戻ってしまう 2021/02/27追記

ファンブックの公式サイトのスクープ画像で衝撃の事実が…!
乙骨先輩は百鬼夜行の後、里香ちゃんがいなくなって4級に落ちたらしい。
でも虎杖の死刑執行人に選ばれた乙骨はすでに特級に戻ってるんですけど…。
4級から特級に戻るってなんなの?
こいつマジなんなの?

乙骨憂太と五条悟は親戚!?乙骨の家族は非術師で隔世遺伝的なあれ

五条が言うに乙骨の先祖は日本三大怨霊であり超大物呪術師の“菅原道真”であり、最強の五条と遠い親戚にあたる。
が、乙骨の両親は普通に非術師で隔世遺伝的なあれらしい。
あと妹とは連絡既に取ってるが両親は難しそうらしい。
ファンブックのサンプルに書いてあった。
ジャンプマンガ定番の血筋がヤバいやつである。

その最強呪術師こと“五条悟”により、乙骨は高専に転入させてもらえた。

乙骨の「一人は寂しい」「誰かに必要とされたい」という本心を見抜いた五条は、里香ちゃんを人のために役立足せる方向で導いてくれたのだ。

乙骨憂太の強さ!里香ちゃんとは?

ショタ乙骨くんは里香ちゃんと「大人になったら結婚する」というなんかよく見る約束をし、指輪をもらっている。
だが、ここからがよく見ない展開だった。
里香は交通事故で亡くなってしまう。
その後、里香は幼女の精神のまま完全にやべえ化け物状態で、乙骨に特級過呪怨霊として取り憑いてしまうのだった。

里香のやばいところはは乙骨の障害となるモノを全てなぎ倒すという、オートマで乙骨に危害加えるクソ野郎絶対殺すウーマンと化したところである。
さらに幼女のくせに嫉妬心も半端なく、浮気絶対許さない系女子として乙骨が優しくした女性を嫉妬でぶち殺すウーマンと化してしまった。

当初、乙骨には制御不能なところから秘匿処刑対象となったのだ。
しかし、夏油戦でお友達を傷つけられた乙骨はとある縛りを使い、里香を制御した。

実は里香じゃなくて本当にヤバいのは乙骨で、里香が乙骨に呪いをかけていたわけではなかったのだ。
里香の死を拒んだ乙骨が里香に対して呪いをかけていたのだった。
乙骨の人外クラスの呪力で里香を特級過呪怨霊として留まらせていた。

夏油をぶっ倒すための「純愛」という名の「縛り」の内容は、里香ちゃん 一緒に逝こうという心中の約束である。
これにより、里香の「無限の呪力」を使い、「術式をコピーする」能力で夏油をボッコボコにしてやったのだった。

「術式をコピーする」がマジでやばすぎる上に、里香ちゃんのおかげで「術式無限に使い放題」というチートすぎる男。
それが乙骨なのだ。

乙骨のストレスは同級生に会えないこと!?性格はお友達の状態により左右される

0巻の乙骨の戦闘スタイルは里香ちゃんという特級呪霊がオートマで大体倒してくれるやべえ感じだった。
しかし、乙骨は里香をコントロールできないため、周囲の人間を傷つけてしまいます。
それに耐えられなかった優しい乙骨くんは呪術界による秘匿死刑を望んでいた。

最初は、常に何かにおびえているかのようなまさにキングオブいじめられっ子な態度をとっていたことでいじめられる原因にもなっていた。
しかし、友人を傷つけられた際にはもはや別人クラスで全力でブチ切れる。

里香が友達(真希)に嫉妬してぶち殺したろーとした際にも「蝶よりも花よりも丁重に扱え…!!(ビキ)」と普段のオドオド乙骨君からはとても見られないような豹変をする。
さらにその後、乙骨にいまだかつてないくらいブチ切れられた里香ちゃんは怯えてしまうのだが、DV夫代表のような慰め方をして里香を未だかつてないくらい全力にさせた。

夏油も言っていたが「呪術界きっての女誑し」である。

呪術廻戦主人公の虎杖は明るく誰にでもフレンドリーで乙骨とは真逆の性格をしている。
さらに、虎杖は東堂やお兄ちゃんなどを誑してることから男たらしと女たらしという意味合いでも間逆である。

多分この二人仲悪いだろうな…と思ってらまさかの展開になっちゃったね…。

呪術廻戦、本編の乙骨

本編では2年になっているはずの乙骨はまったく出てこない。
完全に単眼猫先生の奥の手みたいなキャラになってる。
が、ところどころ名前は出てきていた。

解呪後の乙骨は率先しておちゃらけないしバカ強いので唯一手放しで尊敬できる先輩になってる

伏黒曰く、「唯一手放しで尊敬できる先輩」と評されており、パイセンとしても活躍していたらしい。
いや、パンダも狗巻もいい先輩だと思うよ。僕は。
真希パイはちょっと怒ると怖いからしょうがないね。

乙骨の現在の強さも折り紙付き?まだ特級術師枠になってる

表紙で書かれたときに「特級術師4人」九十九由基、夏油傑、乙骨憂太、五条悟として普通に書かれてた。
里香ちゃんがいなくなったから特級じゃなくなったかな?という疑問は「まだ特級」が答えである。
※実は4級に一回落ちたのがファンブックで判明。
まあ里香なしでも、「死ね」って言うだけで大体解決するチートを自分のものにできればそりゃあ特級か。

っていうかこの中にいても顔が普通にやべーヤツである。病んでない?大丈夫?

乙骨は東堂が敗北したほどやべーパイセン

交流戦開始前にあの頭のおかしい男が再戦を熱望したのが乙骨である。
東堂が2年の頃1年坊主の乙骨に圧倒的にやられたらしい。
真希が言うにはあの頃はまだ里香がいたからボロ勝ちだったらしい。
やはり東堂でもまったく歯がたたないのか…。

だが、乙骨がもしいたらブラザーコンビは拝めなかったと思うので海外行っててくれてよかったと思う。
心の底から思う。

乙骨憂太は現在、実はめちゃくちゃ手練のミゲルと海外…おそらくアフリカにいる

乙骨が現在海外にいることは伏黒が説明していたが、33話の表紙でミゲルと一緒にいることがさり気なく書かれてる。

ミゲルさんはあのブチギレ状態の五条を1時間くらい足止めしたとんでもねえ男である。
ブチギレ五条は、火山、雑草、お兄ちゃんとさらに人質大量でもまったく足止めできそうになかった状態である。
ナナミンすら瞬殺した漏瑚でも10分!?無茶言うな殺す気か!?みたいな状態だった。

一部ではミゲル最強伝説が生まれてるくらいやべえやつなので、そいつと海外にいるなら何かとんでもないパワーアップをしてそうな感じである。
例えば「イマジナリーリカちゃん」ができるような呪具を探しに行ったとか…?

乙骨は秤と一緒に五条が一目置いている。五条が海外に行ってたのは乙骨に会いに行ってた。

里香を解呪した後でも五条の評価は高い。
五条に並ぶ術師になるという最高の評価を得ている。
五条がメロンパンと対峙した際にも乙骨の名前を上げているレベルに期待値が高い。

というわけで未だに影も形もない秤さんのハードルがカンストしてるんだが…乙骨クラスなのか?本当に?大丈夫かこれ。
秤さんのビジュアル東堂感あるから第3の東堂になりかねない気がしてるんだけど。

ちなみに五条が海外に行ってたときの出張先は乙骨のところらしい。
もしかしたら虎杖含め、自分に何かあった時のことを乙骨に伝えてたのかも?
ということは乙骨VS虎杖は演技なのか?

もろ演技でした。演技であのガンギマリ顔できるって…ファンブックに特技俳優の項目を追加してほしい。

偽夏油とかいうメロンパンは五条と違って乙骨は放っといていいと思ってる

五条の評価とは相まって偽夏油の評価は低い。
完全にフラグである。
絶対後半とかで乙骨に泣かされるわコイツ。

ネタバレ注意。「本編登場は最高に盛り上がるタイミング」…その時ついに来たる!137話で乙骨憂太!呪術廻戦に本格参戦!

単眼猫先生が言ってた「乙骨が登場するのは最高に盛り上がるタイミング」がついに来た!!!!
137話でついに呪術廻戦に本格的に乙骨参戦である。

乙骨が登場した回のタイトルは「堅白同異」。

堅白同異
堅くて白い石は白いことはわかるが堅さは分からない。
手で触って堅さを調べると色は分からない。
だから堅い石と白い石は別個体で同一ではない。
つまり、矛盾することをこじつけることを言う。

上層部が言うには、東京壊滅!?アカン!任せろ!せや!
夏油が生きてたってことは、殺してない五条も共犯、その二人の教師だったガッテムも共犯、虎杖もみんなまとめて問答無用で処刑!処刑人はウチの最強術師乙骨君や!!やったぜ!
…言ってることめちゃくちゃである。まず東京の呪霊なんとかしろや。

多分このことを言ってるのだろう。

その虎杖を処刑するのが…乙骨!?

まさかの敵に回るのか…この展開は2%くらいしか予測してなかった。
むしろ九十九が敵にまわってこの処刑人立ち位置になるのかと…。
135~6話の九十九のかっこいい登場をするのが乙骨だと思ってた…。マジカ。
一番盛り上がるの意味合いが俺たちが想像してたのと違くないっすかねぇ…?

これは0巻読んでない方が楽しめる人が結構いるかもしれんな…
乙骨最強!かっこいい!と思ってた人は味方としての登場を期待してただろう。
まあ敵ならそれはそれで面白い展開な気がしますけどね!!