【ジャンプ未読ネタバレ注意!】呪術廻戦の「東堂葵」とかいう気持ち悪いとかっこいいと面白いを同居させる頭いいけど頭おかしいチョンマゲゴリラ

呪術廻戦最新話感想はここ

関連記事

呪術廻戦161話!前回までのあらすじ!死滅回游に突入した伏黒と虎杖!虎杖は突入後空にほっぽりだされていきなり頭にロケットつけたおばさんに突進されてしまう!そう!初心者(ビギナー)狩りの泳者(プレイヤー)がすでに突入する新入りへ新[…]

IMG

正ヒロイン『チョンマゲゴリラ東堂葵』ちゃん!

東堂葵とは

呪術高専京都校3年生。1級呪術師。虎杖の超親友(ブラザー)。
高田ちゃんというスタンドを持っている。
五条からの評価が高く、虎杖、乙骨、秤と並ぶポテンシャルを秘めている。

初登場時、伏黒に好みの女を聞き、クソつまらなかったのでフルボッコにし、完全にやべえやつだった。
さらにボコった後に高田ちゃんに高たんビームをお願いし興奮していたので完全にやべえやつだった。
そして、交流会では虎杖の女の趣味が完全一致し、存在しない記憶が東堂内で巻き起こり、虎杖と同中になってしまい、完全にやべえやつだった。

いつの間にか、虎杖を超親友(ブラザー)にまで格上げし、ネックレスに虎杖の写真と高田ちゃんの写真を納めてキスしており、ヤバさがとどまることを知らない。
が、実力が半端ないのと、虎杖のブラザーポジションなのと、セリフが達観しまくってるのでヤケにかっこよく見える。…こともあるが、冷静に考えると頭おかしい。術式は不義遊戯(ブギウギ)。術式範囲内にある「一定以上の呪力を持った2つのモノ」の位置を入れ替えるので、ゴリラな戦闘STYLEだがヤケにスタイリッシュに見える。

脳内に高田ちゃんが居て、ピンチになると高田ちゃんからアドバイスを貰える。

東堂 葵の名言

おめでとう超親友(ブラザー) オマエは強くなれる
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり娑羅双樹の花の色 盛者必衰の理を表す ただし!!俺達を除いてな
地元じゃ負け知らず……か
呪霊よ オマエが知らんハズもあるまい 腕なんて飾りさ 拍手とは 魂の喝采!!
残念だったな 俺の「不義遊戯」はもう死んでいる
この呪霊も既に黒閃をキメているという…… 今 置いていかれているのは俺 強くなったな虎杖(ブラザー)
もげた林檎が地に落ちるが如く!!俺達は惹かれ合う!! そう 正に”運命”!!
――オマエはそれでいいのか? 東堂葵!!再び虎杖(ブラザー)を 独りにする気か!? 東堂葵!!
どうやら俺達は”親友”のようだな
オマエは何を託された?
オマエは今まで口に入れたことのない食材をなんとなく鍋に入れて煮込んでいるような状態だった だが「黒閃」を経て呪力という食材の味を理解した今呪術師として3秒前の自分とは別次元に立っている
なんせ俺は親友に手加減するような野暮な漢じゃないからな
どんな女がタイプだ
だが俺が望むのは ピッチャー虎杖との一騎打ちだ!!
約束してくれ虎杖(ブラザー) この打席俺がホームランを打ったら次回オマエがピッ(メキョ)
…もう 言葉はいらないな 手加減はしない 全力で導く!! 死ぬなよ虎杖!! 登ってこい!! 高みへ!!
いいか虎杖 俺達は全身全霊で世界に存在している 当たり前過ぎて皆忘れてしまったことだ
このアン・サリバンはヘレン・ケラーにこう説いた 「やる前に負けることを考える馬鹿がいるか」
11時からの散歩番組に高田ちゃんがゲスト出演する これ以上説明いるか?
身長(タッパ)と尻(ケツ)がデカイ女がタイプです
次回は全握か 感謝の意を伝えねば な
伏黒を傷つけられ そして何より親友である俺との蜜月に水を差され オマエが怒髪衝天に陥ってしまうのはよぉーく理解できる だがその怒り オマエには余る 今は収めろ
怒りは術師にとって重要な起爆剤だ 相手を怒らせてしまったばかりに格下に遅れを取ることもある
そのレベルで満足していると俺とオマエは親友ではなくなってしまう いいのか?
起きろ虎杖(ブラザー) 俺達の戦いはこれからだ!!
虎杖(ブラザー)!!オマエからはいつだって予感がする!!
気付いたようだな 羽化を始めた者に何人も触れる事は許されない 虎杖は今そういう状態だ
高たんビームお願いします
さあ調理を始めようか
祓えるさ 二人なら
1つ 故人を偲ぶのは当人と縁のある者達の特権だ 俺達が立ち入る問題ではない
2つ 人死にが出たのならば尚更俺達に求められるのは強くなることだ 後天的強さとは結果の積み重ね 敗北を噛みしめ勝利を味わう そうやって俺達は成長する 結果は結果として在ることが一番重要なんだ
3つ 学生時代の不完全燃焼感は死ぬまで尾を引くものだからな
「黒閃」をキメられずオマエがどんな目に遭おうと俺はオマエを見殺しにする
いいかオマエら 爺さんもよく聞け 女の趣味の悪いオマエらには疾うの昔に失望している 謀略・策略勝手にやれよ 但し 次俺に指図してみろ 殺すぞ
一目見た時から分かってた あぁコイツは退屈だと でも人を見た目だけで判断しちゃあいけないよな だからわざわざ質問したのに オマエは俺の優しさを踏みにじったんだ
どんな術式も発動させなければいい!不測の事態を考慮した上でIQ53万の俺の脳内CPUがハジき出した結論はつまり”勝利”(ビクトリー)!
リアタイと録画両方観んだよ ナメてんのか?
許せ 憐れな魂達よ
何故なら俺は独りじゃないから 虎杖(ブラザー)オマエがいるから
女の趣味がつまらん奴はソイツ自身もつまらん
おいおい 俺は仲間外れかい!?
虎杖 オマエ程の漢が小さくまとまるなよ
何を言っている!! 虎杖(ブラザー)は中学の時からあんな感じだ!!
俺達は呪術師だ 俺とオマエと釘崎 Mr.七海 あらゆる仲間俺達全員で呪術師なんだ  俺達が生きている限り死んでいった仲間達が真に敗北することはない 罪と罰の話ではないんだ  呪術師という道を選んだ時点で俺達の人生がその因果の内に収まりきることはない  散りばめられた死に意味や理由を見出すことは時に死者への冒涜となる  それでもオマエは何を託された? 今すぐ答えを出す必要はない  だが 答えが出るまで決して足を止めるな  それが呪術師として生きる者達へのせめてもの罰だ

初登場時の東堂パイセンの「ウダラ何ニヤついてんがァーーーッ」とか言いそうなシルエット感は異常

完全にチンピラ風に登場した初登場シーンの印象が悪すぎる東堂先輩。
しかも連れてる女の性格も悪く、大体悪いやつは連れてる女の顔がよくて性格が悪い者である(偏見)
完全にザ・悪役と言った風貌であった。

初登場時は乙骨!乙骨!と乙骨君マニアみたいな状態で登場し、今まで活躍しまくってた伏黒君をディスりまくったのも印象最悪でした。
なんか急にTシャツ破りだすし…。

東堂葵、芥見下々風の更木剣八だった 2021/03/04追記

どうりで登場すると安心感凄いと思った。
最初強敵だったけどいつの間にか頼れる男になってたところも似てる。
気持ち悪い更木剣八だったのか…。

女の趣味が合わない男に本気で絶望する男「東堂葵」

東堂は九十九由基という特級術師を師に持ってそうな感じがある。
正直一番影響を受けているのが以下である。

「どんな女が好み(タイプ)だ?」

九十九の口癖を完コピしてしまっている。
九十九は東堂に何を教えたんだろう…。
タッパとケツがでかい女が好みなのも九十九のせいな気がプンプンするぜ。

「性癖にはソイツの全てが反映される」

まあ…一理ある気がするが、何故初対面のチョンマゲゴリラにトップシークレットの性癖を暴露しなきゃいけないのか…。
それも野薔薇とか真衣がいる前でである。
高校一年生の坊やである伏黒への罰ゲーム感がすごい。

だが、「揺るぎない人間性があればOK」というイケメンみたいな答えを言ってのける伏黒君。
これには女性陣も「うむ。まあまあやな。」という感じでOK感すごかった。
しかし、チョンマゲゴリラは…。

退屈だよ 伏黒

とご立腹。涙まで流している。何だコイツ…。

どうやら女子ウケする答えを求めていたのではなかったらしい。
東堂はもっとこう…修学旅行の夜に話すみたいな…ぶっちゃけ感を求めていたのではないだろうか?
それを伏黒ときたら揺るぎない人間性がなんちゃらとか意味不明なことを…!!これはマジでイラッとする。
だが東堂よ。女子がいる前でそんな質問するなやマジで。

ちなみに彼はどんなダメージを負っても、腕がぶった切れても涙を流していない。
それを女の趣味が悪い男を目の前にした途端にこれである…。
彼がどれだけ今までの世のカッコつけ男に落胆してきたかがわかる。

ちなみに、東堂パイセンは

「身長(タッパ)と尻(ケツ)がデカイ女がタイプです」

と大興奮で答えている。誰もお前の好みなんか聞いてない。
悪人面で好みのタイプを聞かれてもいないのに答えたのは東堂が漫画史上初なんじゃないだろうか?大したやつだ…。
東堂には高校生のくせに女子の前で格好つけるとかそういうのはないのだ。本当に高校生か?こいつ。
なんて童心を持ったゴリラ。童ゴリなんだ…。

もう完全に野薔薇と真衣は対象から外れてる。「失せろ」と言っているようなものである。
だが、二人からしたらお前が失せろと言いたい感じである。

漢。東堂葵の好みは高田ちゃん。高たんビームを食らい興奮するすごいやつだ。

東堂葵を一言で語るなら「ドルオタ」である。
ドルオタチョンマゲゴリラである。
彼の推しは長身アイドル・高田ちゃん!

伏黒を半殺しにしたあと向かったのが個別握手会(略して個握)である。

「高たんビームお願いします」
「いきますよー♡ たんたかたーん☆」
「わぁ~」

わあ~が本当に嬉しそう。これがさっきまで悪人面で一年生を半殺しにしていた男の顔なのか?
本当に同一人物なのか?
クレヨンしんちゃんみたいな顔してる。

やはり本物の漢は二面性を持っているものなのだ。
漢・東堂は普段は女の趣味が合わない者を半殺しにし、高田ちゃんにのみ満面の笑みを見せる…これが漢の生き様ってもんよ!!

東堂の好みは師匠の九十九由基だった。ついでに東堂の顔の傷は九十九のしごきのせいだった。 2021/03/4追記

わかってたけどタッパとケツがでかい女の元ネタはやはり九十九師匠だった。
顔面に傷つけられるくらいしごかれてたのに…ひょっとして東堂パイセンはドMなのか?

高田ちゃんの本名判明!高田延子だった。 2021/03/4追記

やる気!元気!いわき!って感じの名前で草

リアタイと録画を両方見る。ヲタクの心を持ち合わせる漢「東堂葵」

さらに交流戦前の会議でも、東堂は高田ちゃんへの愛の深さがにじみ出ていた。
くだらねえ老いぼれの虎杖抹殺計画に嫌気が指した東堂だったが、ちゃんと途中まで話を聞いていた。
そう、彼は高校生なのにそういう事もできる男なのだ。

しかし、高田ちゃんが出演する番組になってしまった。
そりゃあジジイのしょうもねえ話より、高田ちゃんなのである。

しかしチームメイトの憲紀は「そんなもん録画すりゃええやろ」とまさかの発言!
そんじょそこらのオタクなら憲紀の言うことを聞くだろう。
だが、相手にしているのはドルオタの鑑、東堂葵である。
これにはさすがの東堂先輩も

「リアタイと録画両方観んだよ、ナメてんのか?」

とマジギレだ。顎が出てるくらいキレてる。
やれやれ…憲紀のやつマジ何もわかってねえな。殺されても文句言えねえぞ。ったく。

東堂の頭おかしい伝説はここから始まった!存在しない記憶による虎杖悠二という超親友(ブラザー)との邂逅。

おそらく東堂が気にいる女のタイプに関する答えを出したやつはいなかったのだろう。
京都勢は全滅だったと東堂が言っている。
アニメで五条は三輪ちゃんと言っていたが、五条のことは認めているフシが在る。
(じゃあメカ丸はちゃんと答えてたらセーフだったのか?)

乙骨はパンダの策略により乳がデカい女が好きなのが発覚してるので東堂にとってまあまあの答えだった可能性はある。

ではパーフェクトな答えを言った奴には東堂はどういう返しをするのだろうか?
クソみたいな答えを言った伏黒はボコられたが…

女の好みがあってもボコられる。
ついに出会ってしまった虎杖という名の親友…東堂葵はここからが頭おかしい。

東堂と虎杖の青春アミーゴ!SI 俺達はいつでも2人でブラザーだった 地元じゃ負け知らず

東堂と女の好みのタイプがまさかの完全一致してしまった主人公「虎杖」。
それを聞いた瞬間東堂の脳内に「存在しない記憶」がかけめぐった…!!

何故か脳内の東堂と虎杖は、共に青春時代を過ごした親友になっていた…!!
そして何故か脳内の高田ちゃんは同級生…!!
しかも振られた…!!
そしてラーメンを虎杖に奢ってもらう東堂…!!!これがアオハル…!!

2ページにも及ぶ東堂パイセンの回想シーン…いや、むしろ虎杖2個下やろ…というツッコミすら入れる余地がない。
すでにここまででかなり頭おかしい。

「地元じゃ負け知らず……か。どうやら俺達は”親友”のようだな」

虎杖も今会ったばっかりなのに!?と大混乱である。
読者も大混乱。
そもそも東堂の頭の中ではどっちが山Pでどっちが亀梨なんだよ!!

だが、俺たちの東堂はここからがさらに頭おかしい…!!!
親友ではすまないのだ!!

東堂による虎杖の呼び方はドンドン変貌を遂げていくことになる…!!

「親友」→
「虎杖(マイフレンド)」→
「親友(マイベストフレンド)」→
「超親友(ブラザー)」

ついに兄弟になってしまった。
これにより、新田弟には「へー。東堂先輩って弟いたんだ…似てねえな」みたいな勘違いまでされてしまう始末!!

さらに東堂は五条やナナミンから虎杖の師匠役をも奪い取ってしまう!
まさかの一番教えるのうまい…!!
親友と認めた男もボコってるやんけ!と思わせつつもしっかり虎杖を戦いながら育てている…!!

虎杖の代名詞、会心の一撃である「黒閃」を完璧にさせたのも東堂の功績である。

そのレベルで満足していると俺とオマエは親友ではなくなってしまう いいのか?

不完全な「逕庭拳」で満足してるようでは「俺と親友ではなくなってしまうええのんか?」という東堂のこの強者極まりない頭のおかしいセリフ…まさか渋谷事変で己に帰ってくるとは…ね。


虎杖と東堂のアオハルな記憶をバックに虎杖を導く東堂。感動した。狂ってる。

アニメ版はカラーと作画のおかげでなおかっこいい。そしてやっぱり背景が狂ってる。

狂ってる…が!!東堂と出会わなければ間違いなく渋谷事変での虎杖の活躍はなかったであろう…。
ありがとう東堂…!!