マウンテン・ティムの名言セリフ集!日常で使えるジョジョの語録はカウボーイだからな

Last Updated on 2024年6月23日

目次

マウンテン・ティムの名言・セリフ

伝説のカウボーイであり、ジャイロやホル・ホースよりカウボーイとして高みにいる男。
そして、優勝候補の一人であり、ルックスもイケメンだ。
31歳だが、14歳のルーシーに好意を抱く恐ろしいロリコンでも有る。

ブンブーン一家に対し、襲われていたジョニィとジャイロにスタンドチュートリアルを実施したが、オエコモバによりレースはリタイア。
これでレース開始前の優勝候補はドットハーンとDioだけになってしまった。
さらにルーシーに振られたら、ブラックモアに始末されてしまった。

そんなマウンテン・ティムの名言・セリフを解説しつつ、日常で使える場面を解説します!

『ジョジョの奇妙な冒険第7部 スティール・ボール・ラン』をお得に読むならebook japanがおすすめです!

初回ログインクーポンを使えば、6回までクーポンが使えるので全巻70%引きで買えます。(6冊じゃなくて2000円まで割引を6回使える!)カラー版で購入も『可』能!

ebook japanの詳細は下記の記事にまとめてます。

ebookjapanの詳細!新規登録手順!

ebookjapanの公式サイト

ベッドの上で死ぬなんて期待してなかったさ オレはカウボーイだからな 帰る所が欲しがっただけさ…… 旅に出たら帰る場所がな……

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
ベッドの上で死ぬなんて期待してなかったさ オレはカウボーイだからな 帰る所が欲しがっただけさ…… 旅に出たら帰る場所がな……

使用用途:死ぬ時

ブラックモアのキャッチ・ザ・レインボーによりルックスがイケメンな顔面がぶったぎられてしまった。
オエコモバの爆破にすら耐えたルックスはイケメンな顔面が…!!
すでに敗北が確定したマウンテン・ティムであったが、彼は捨て台詞がジョジョの中でもかなり上位に位置するかっこよさなのである。
なお、失恋中だったからかさらに哀愁漂う台詞となっており、完成度が高いですね。

オレの知り合いか?おや!全然違ったあああ

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
オレの知り合いか?おや!全然違ったあああ だがなぜ他人の部屋に入り荷物へ手をかける?

使用用途:知らないやつに気安く話しかけられた時

オエコモバが宿場に登場~。
勝手に荷物を漁っており、完全なる不審者である。
そもそも知り合いだとしても人の荷物に手をかけるのはいかがなものだろうか?

おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~ 質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~ 質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ

使用用途:質問文に対し質問文で答える会話が成り立たないアホが一人登場した時

いきなり人の部屋に入って荷物を漁ってたので「なんだチミは?」と聞いたら、「ジャイロ・ツェペリを探している。どこにいる?」とか言い出したオエコモバに対する回答である。

個人的には一番好きな質問文に質問で答えた際のテンプレ回答である。
リズムが良すぎるんだよな。
この流れるようにディスりまくるセンス…マウンテン・ティムはルックスもイケメンな上にレスバも強いのである。

しかし、オエコモバの煽り耐性もなかなかである。
この最高の煽りを華麗にスルー!
ジャイロが受け取った手紙に夢中なのであった。
これには「おい、きさまフザけてんのかッ!!」とマウンテン・ティムがレスバに敗北するしかないのであった。

この能力を「立ち向かうもの(スタンド)」とオレは個人的に呼んでいる…

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
この能力を「立ち向かうもの(スタンド)」とオレは個人的に呼んでいる…

使用用途:特技をスタンド扱いする時
まさかマウンテン・ティムがスタンドを解説してくれるとは。
3部で言えばジョセフの立ち位置なんですよ。
信じられますか?マウンテン・ティムがですよ。

でも「そばに立つ」から「立ち向かうもの」に意味合いが変わったのは面白い。
個人的にマウンテン・ティムが呼んでる割に大統領とかみんなスタンドって呼んでるのは偶然ってことでいいですかね?

電話をありがとう わたしを思い出してくれて…

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
電話をありがとう わたしを思い出してくれて…

使用用途:電話したら1週間後になんか用か電話で聞かれた時
あの澄まし顔の大統領を悔しがらせるルーシーの逃亡劇。
しかし、もうルーシーはブラックモアにバレる寸前であった。
そこで、あの男が登場する!
お、おまえは!オエコモバに粉微塵になって殺されたはずの…マウンテン・ティム!ルックスもイケメンだ!
思い出してくれてありがとうという言葉はルーシーだけじゃなくて我々読者にも言っている気がしますね。思い出したわ。

あなたは他の男のものです しかしあなたの役に立ちたい…初めて出会った時からずっと思っていました この世のあらゆる残酷さからあなたを守ってあげたい

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
あなたは他の男のものです しかしあなたの役に立ちたい…初めて出会った時からずっと思っていました この世のあらゆる残酷さからあなたを守ってあげたい

使用用途:NTRしたい時
ルックスもイケメンなら他の男のものでも当然!略奪だ!祖先から受け継いだ「NTR」!それが流儀ィィ!!
ルーシーの手を握ってる時点でかなりこの男、やる気である。
しかし、ルーシーは一途なので、勘違いしないでよねっ!あそこじゃアンタしか頼れなかっただけよっ!みたいなことを返してしまい、マウンテン・ティムのロリコンを加速させるのだった。

わたしにとっての恐怖はあなたを失う事だけです 笑顔で挨拶してくれるだけでいい… そのためなら地獄に堕ちるのも怖くはない…

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
わたしにとっての恐怖はあなたを失う事だけです わたしが旅の仕事から町に帰ったら…笑顔で挨拶してくれるだけでいい… そのためなら地獄に堕ちるのも怖くはない…

使用用途:プロポーズする時
とんだ勘違い野郎になりそうなマウンテン・ティムに向かって、もう危ないから帰っていいよという心温まる言葉を言ってくれたルーシー。
しかし、諦めの悪いマウンテン・ティムはもう帰ったら笑顔で挨拶してくれるだけでいいとか言い出すのだった。
ルックスもイケメンな男は女の口説き方に慣れているのである。

オレの傘がわりになってくれるのはありがたいが…『無礼』という行為に相当するんだぜ… 人様の頭の上に立つって事はな……ミスター・ブラックモア

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
オレの傘がわりになってくれるのはありがたいが…『無礼』という行為に相当するんだぜ… 人様の頭の上に立つって事はな……ミスター・ブラックモア

使用用途:階段の真上に人が立ってるので文句言う時
振られてしまったマウンテン・ティム…。
彼の心を表すかのように雨が降り注ぐが、余計な奴も紛れ込んでいた。
マウンテン・ティムの頭上に立ってしまったブラックモアが傘がわりになってくれていたのである。
人様の頭の上に立つって経験はあまりないですが、たしかに無礼なのかもしれない。
そんなことより、マウンテン・ティムってブラックモアと知り合いどころか、スタンド使いってことまで知ってるくらい親交あったのか。

口を閉じてろ……この弾丸で永遠にな……

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
ブラックモア お前の追跡はここで終わりだ 口を閉じてろ……この弾丸で永遠にな……

使用用途:モデルガンを突きつける時
マウンテン・ティムのスタンドでケンカ慣れしているカウボーイは銃弾をブラックモアに向けることに成功したのである。
しかし、頭上に立ってた時点で能力まで予想するべきだったな。
触れた雨粒は空中に固定できるキャッチ・ザ・レインボーにより、マウンテン・ティムは始末されてしまったのだ。

ロープを投げた…『ロープの距離だけは肉体をバラバラにして移動できる』

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
ロープを投げた…『ロープの距離だけは肉体をバラバラにして移動できる』

使用用途:ロープを投げた時
ロープの距離分体をバラバラにできる。
それがマウンテン・ティムのオー!ロンサム・ミーである。
どう考えてもブンブーン一家の磁力のほうが強そうなのは、マライアとかリゾットのせいなのである。

人間には未知の部分がある 簡単に話そう

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
なるほど 人間には未知の部分がある 簡単に話そう

使用用途:人間の未知の部分を話す時
ジャイロの鉄球は「技術」。
人間には未知の部分が有るので特訓でできるのだ。
できるわけがないッ!!
しかし、マウンテン・ティムが持つ「スタンド」は鉄球とは違うのである。

『悪魔の手のひら』は1日に何㎞も『移動』するらしい

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
『悪魔の手のひら』は1日に何㎞も『移動』するらしい

使用用途:1キロ歩いて疲れたとか言ってるやつに悪魔の手のひらを見習えというとき
悪魔の手のひらのおかげでスタンド使いになったのがマウンテン・ティムだ。
そしてブンブーン一家もそうらしい。
その流れでジョニィもそうだと思ったら、聖なる遺体のおかげだった。
この流れで悪魔の手のひらじゃないんかい。

それが技術(テクニック)以上のものだとあんたがいうなら…間違いない…『スタンド』だ!

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
ジョニィ・ジョースター…それが技術(テクニック)以上のものだとあんたがいうなら…間違いない…『スタンド』だ!

使用用途:手品の種がわからないとか言われたとき
こんなもん鉄球の技術にはないと主張するジャイロ。
それがジョニィの謎の回転した爪である。
つまり、技術を超越しないと爪は回転しないのでスタンドなのである。

ジョニィ・ジョースター

ジャイロ・ツェペリ

ルーシー・スティール

ブンブーン一家

オエコモバ

関連記事

ジョジョ名言ジョジョの暴言・悪口集ジョジョ1部名言集ジョジョ2部名言集ジョジョ3部名言集ジョジョ4部名言集ジョジョ5部名言集ジョジョ6部名言集ジョジョ6部のジャンプの煽り集[…]

関連記事

ジョジョ7部名言ジョニィ・ジョースターの名言ジャイロ・ツェペリの名言ファニー・ヴァレンタインの名言ディエゴ・ブランドー(スケアリー・モンスターズ)の名言ディエゴ・ブランドー(THE WORLD)の名言[…]