スティール・ボール・ランのシュトロハイムの名言セリフ集!日常で使えるジョジョ7部の語録!

Last Updated on 2024年6月22日

フリッツ・フォン・シュトロハイムの名言・セリフ

ジャイロ あいつ銃を出しているぞォォ―ーーーッ!テロリストだァァァァーーーッ

ゴールまで25kmもあるのに仕掛けてきた謎のガイルのような髪型の男である。
ジャイロからはドーピングを疑われたが、ドーピングしてたのかは定かではない。

ただ、サイボーグになってないことは確かである。
サイボーグになってさえいれば、大統領戦くらいまで活躍できたかもしれないが、この世界にそもそもサンタナがいない気がするのである。
スタンド使いですらないので、銃でジャイロに喧嘩を売って速攻退場したのがこっちのシュトロハイムである。

うーん。うるさくないシュトロハイムって…もはや特徴がないのと一緒!
これはモブキャラですね。

そんなフリッツ・フォン・シュトロハイムの名言・セリフを解説しつつ、日常で使える場面を解説します!

『ジョジョの奇妙な冒険第7部 スティール・ボール・ラン』をお得に読むならebook japanがおすすめです!

初回ログインクーポンを使えば、6回までクーポンが使えるので全巻70%引きで買えます。(6冊じゃなくて2000円まで割引を6回使える!)カラー版で購入も『可』能!

ebook japanの詳細は下記の記事にまとめてます。

ebookjapanの詳細!新規登録手順!

ebookjapanの公式サイト

『鉄球の回転』……その回転で物質をけずり取ったりまた人体の筋肉を支配したりもする

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
『鉄球の回転』……その回転で物質をけずり取ったりまた人体の筋肉を支配したりもする

使用用途:鉄球を持ってる人を見た時

ジャイロとジョニィをストーカーしてたドーピング疑惑のある謎のガイルみたいな髪型の男。
シュ……シュトロハ…イム~。
いきなり銃弾ぶっ放してくるところは2部と変わっていない。
そして、サンタナのパゥワーを元に自分の体を作らせたその分析力も健在なのである。

自分の皮膚を硬くして弾丸をはじいたりもできるのか……

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
自分の皮膚を硬くして弾丸をはじいたりもできるのか……

使用用途:パンチしたらノーダメだった時

しかし、ジャイロは無傷であった。
ジャイロの左脇腹を撃ったってのに…。
この銃に対するタフさはプロシュートに頭撃たれたミスタに通じるものが有る。

そして、このシュトロハイム…カーズの刃を瞬時に長文で分析していた思考回路は健在と言ったところか…。

すぐに『それ』を手から捨てるんだ

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
捨てろ!ジャイロ・ツェペリ!すぐに『それ』を手から捨てるんだ さもなくば今度はおまえの友人とおまえの馬の方を撃つ

使用用途:捨ててほしいものがあるとき
おっと~。誇り高き軍人がそんなことをしていいのかって感じだな。
二部のシュトロハイムなら「ドジこいた~!」とか言って退散していたところだが、こっちのシュトロハイムは漆黒の意志がプンプンするぜ~!
なんか何もされてないのに馬から飛び降りちゃったジョニィはともかく、馬を狙うってのは何故かみんなやらないからな…。こいつは極悪人だ!

オレに向かって投げ飛ばしてもいいぜ……………オレの銃の方が速いって証明できるからな…

(引用元:荒木飛呂彦著『ジョジョの奇妙な冒険第7部』(集英社))
オレに向かって投げ飛ばしてもいいぜ……………オレの銃の方が速いって証明できるからな…

使用用途:射撃の腕に自信があるとき
カーズに向かってドヤ顔で「サンタナのパワー基準」の肉体を見せつけるシュトロハイムから何も進歩してないぜ。
ジャイロの鉄球よりも速撃ちに自信があるらしい。
さすが、二部では1分間に600発の鉄鋼弾を発射可能だった男である。

しかし、ジャイロはスデに鉄球で岩で無数の球体を作っていた。
「捨てろってそんなに言うならよォ~~~本当に捨てちゃうぜェェ」と鉄球を捨てたジャイロにより一斉射撃でリタイアしたのだった。
これはウルムド・アブドゥルより影が薄いぶん扱いがひどいな…。

ジャイロ・ツェペリ

ジョニィ・ジョースター

ルドル・フォン・シュトロハイム