本ページはプロモーションが含まれています

ドリフターズ7巻ネタバレ感想!いつぶり?4年7か月ぶりの新刊だァ!

Last Updated on 2023年8月10日

ドリフターズ6巻までのあらすじ(ネタバレあり)

1600年の関ヶ原の戦いで死んだはずの島津豊久は、奇妙な通路を通って「異世界」に飛ばされ織田信長と那須与一に出会う。
そして、自分たちは漂流者(ドリフ)と呼ばれる異世界からの訪問者であることを聞かされる。
そして、この正解には黒の国王と呼ばれる謎のおっさんが存在していた。
国王は土方歳三やラスプーチン、ジャンヌ・ダルクなどの廃棄物と呼ばれる奴らを従えていた。
そして、オルミーヌとかいうおっぱいにドリフターズは「廃棄物」と戦う為に呼ばれた存在であることを聞かされるのだった。

まず、そのへんにいたエルフ達を味方につけた信長は王国オルテとかいう黒王が現れる前は調子こいてた奴らを撃破してしまう。
そしてなんやかんやあって、土方歳三を頭として攻め込む黒の国王軍。
信長は大軍を率いている黒の国王軍に対して長篠の戦いで使ったような大きな堀を作って対抗する。
しかし、黒王軍には信長の天敵っぽい明智光秀がおり、大ピンチに。

シンガリをつとめた妖怪首置いてけだったが、そこに土方が…。
いざ豊久と勝負と思った土方に対して、豊久は刀折れ、体力も限界で立ち上がることもままならない。
自害を申し出つつ実力者と思い切り戦える事を期待していた土方は納得がいかないご様子。

そこに亡霊となった沖田総司、近藤勇が現れ…さらに空神様・菅野直が空から降ってきた!?

ここまでが6巻のあらすじです。
5年前に発売してるのでもう覚えてないので読み直しましたので一応書いてみました…。

こっから7巻のネタバレありの感想です。
ネタバレ注意!

ドリフターズ7巻!72話「アステロイドブルース」ネタバレ感想

ここで菅野の紫電改が参戦してきてしまった。
いきなりの飛行機の登場にそんなもん見たこと無い土方も豊久もドワーフもその他大勢のザコも時が止まってしまう。

戦闘301空 新選組隊長 菅野直 見っ参!!

豊久とかいう主人公にめんどくさい奴しかいないこの漫画で一番めんどくさいやつが来てしまった。
しかし、新選組を名乗られたら鬼の副長が黙っちゃいない。

あぁ?新選組知らねーのかバカヤロウ 日本刀持ってるくせに何だお前ぇコノヤロウ

ビートたけし風に新選組をしらないことに新選組にブチギレる新選組。カオス。
ギャグみてえなことになってる。
土方の顔がヤバいw

しかし、藤勇が率いる幕末の京の都を守ってた なんかすごい強くてかっこいい無敵剣士であることを解説されて、殺意が一時静止する土方さん。
しかも鬼の副長土方歳三はモテたらしい!メチャクチャモテたらしい!!とべた褒めである。
そのクソ強い新選組にあやかって御国の空を守護る301空が名付けられたのである。

新選組の亡霊は、そこまで立派じゃないんですけど…という雰囲気である。
この空気どうしてくれるのか!?

ドリフターズ7巻!73話「バカサバイバー」ネタバレ感想

管野のせいで事態がカオスになってしまった現場で主人公の豊久は混乱していた。
猫にいたってはおばけにびびってる。
何が起きてるのかわからないが、親方的には若干お前に似ていると的確な答えを示してくれたのである。
空気を読まない2人が揃ってしまったが土方はどうするのか?

そして、その2人がファーストコンタクト!
やっと死ねると思ってた豊久に菅野直がブチギレるのだった。

やっと死ねるだあ 何様だコノヤロウ!!

命を大事にしない奴は 全員ブッコロス!!!

死にたくなくて死んだ奴を散々見てきた菅野はブチギレたのである。
言ってることはよくわからないがわかる。

そして土方は沖田総司、近藤勇と思われる亡霊と会話していた。
俺たちはどこでしくじったのか?

そして黒王の雑魚どもが管野達に迫りくるなか、沖田総司と近藤勇の亡霊が雑魚をぶった切った!?

新撰組がいつしくじったか そんなの決まってらぁよ 勇さんよぅ妙な知恵つけて バカをやめた時さ

土方がついに廃棄物を裏切った!あとかっこいい!
そして、翼竜のたつおが現れて!?

ドリフターズ7巻!74話「After,in the dark」ネタバレ感想

龍夫は黒王軍の雑兵共を蹴散らし豊久に味方する!
そして豊久が騎乗…なぜか菅野も騎乗してしまった。
さすが騎乗スキルAの男。
空飛ぶモンは全部俺のものとジャイアニズムを発揮である。

そして似たもの同士の喧嘩が始まる…。もうだめだ。増えたっ!バカが2匹に増えたっ!
しかし、菅野の踵落としが豊久の脳天に直撃し勝利。バカの相手はこれに限るね。
さすがの妖怪首おいてけも死にかけではどうしようもないのだ。

なお、土方に「行くか!?」と声をかけたが振られた模様。
だが、ちょっと仲良くなってるよね?戦友感あるな。
この裏切り者になった土方は単身どうなるのか?ジョーカー的な立ち回りしそうな気配がする。

ドリフターズ7巻!75話「独走歌」ネタバレ感想

全然この龍夫飛ばねえ。
重すぎるのか?いや、菅野じゃだめなのである。
豊久が龍夫の手綱を握ったら素直なものである。

そして、空から戦場を見るとエルフ、ドワーフの屍が…。
自身が死に損なってしまったことを謝罪し豊久は意識を失うのだった。

そんな豊久を見上げる土方歳三は楽しそうに新選組の霊と話すのだった。
あんな馬鹿はさすがに笑うわ…。
そして、土方はもう新撰組が使われるのなんざうんざりだとその場を去ったのだった。
この邪悪な顔はまた重要な場面で出てくる気配がすごい。

そして、明智光秀は信長が生きてることに激怒してしまう。
ノッブは生かしておいたらやべーことを明智光秀が一番知っているのだ。
第六天魔を全軍で始末したい光秀に対して、黒王は秘密兵器を投入する。

戦の申し子源義経のシルエット!!
与一との決着の時迫る!?

ドリフターズ7巻!76話「カントリーロード」ネタバレ感想

信長達のいる地には雨が降り注ぐ…。
雨は敗兵の心を挫き、歩く士気を挫き、木の傍らにへたりこませる力がある。
踏んだり蹴ったりである。

落伍者が続出しているだけでなく、与一はあいつがこの機を見逃すわけがないと確信していたのだった。
そして現れるアイツ!

あはぁーーー俺だよ!!

私だ。みたいな感じで源義経がついに参戦!!
戦うなら与一だけど、勝てる気がしないオーラがすごいんだけど…。

ドリフターズ7巻!77話「ゆずれない戦い」ネタバレ感想

そぉーだよ俺だよ!与一!!よく判ってるじゃあないかあ!!

すでに負け感出てる見下されている与一とすでに勝ち誇ってる源義経。
与一知ってるのか!?という男塾感あるノブ。
誰やねんと言う感じのノブに与一は解説するのだった。

源野ノ九郎判官 義経 私の元の御大将

信長の時代であればさすがに知っているであろうあの源義経だった。
さすがのノッブも驚愕である。
だが、なにか信長は違和感を感じ取っていた。

与一は間原の戦いには目もくれずここで負ける事を見越して敗残者を狩り獲るために待ってたことを予想するのだった。
そこで急におじいちゃんがしゃしゃり出てきた。

ほーいい筋(スジ)しとる 若いのにのう

急に強者の風格出し始めたぞ。
これはイケる!!

だが、義経は明らかに勝てるわけがないノッブたちに無慈悲に戦闘開始しようとする。
ケンタウルス兵達に焦る信長だったが?

じゃあ死のうかという義経に向けた与一の目は死んでいない!殺意丸出しだ。
ワイは与一ならやるときはやるやつだと思ってたよ。
この絶体絶命のピンチをどう凌ぐのか!?

ドリフターズ7巻!78話「JOY」ネタバレ感想

義経と対峙する与一の目は死んでいない!
そしてそんな与一に大歓喜の義経は与一と戦いたくて仕方ないのであった。
だが、与一の取った先方はジャパニーズの最大級の謝罪!

土下座!!

なんという速い土下座…オレじゃなきゃ見逃しちゃうね

これにはさすがのニヤニヤに定評のある義経もガチギレである。
楽しく戦いたかったのに土下座は虚をつかれたね。
土下座した与一の頭を左足で踏みつける始末である。
平方武者を射落とし回った那須資隆は!船頭人足も下女も童も問わずに射落とした与一はどこにいったんや!

頭突きまでされて顔面血まみれの与一だったが、信長も動けなかった。
策は与一の命乞いしかない!

いや、そもそもこれがあの源義経なんか?
与一のありように怒っていることからなにかがあると推測する。
そして信長が動いたぞ…!

だから 頼朝に負けたんじゃないのか

喧嘩売っちゃった!
源義経は戦いの申し子だが、戦さが強いだけの戦さがしたいだけの人間にはあんまり人はついてこない。
用済みになるとその手の人間の末路はひどいものである。
実体験である。

つまり、黒王がそんな義経を生かしておくわけがないのである。
与一はあの頃と義経が違うのか試していたのである。
だが、違ったらしい。
違ったらしいが、過去形になってしまった。

見逃したほうが 面白い ですよ 義経様

変わったほうが 面白い ですよ 義経様

そのほうが面白いからで裏切りを打つやつを一人だけ与一は知っていたのである。

源義経と交渉で解決させたのか!?

ドリフターズ7巻!79話「ジョニーが凱旋するとき」ネタバレ感想

裏切り成立!?
黒王軍の雑魚どもと会議を始める義経。
与一の予想だと黒王裏切るからついてこいやぁ!とか言ってるらしい。
黒王の手下にそう言ってるらしい。

信長じゃなくてもそれは無理だろ判断するだろう。
案の定雑魚どもは帰宅してしまった。
裏切ったら黒王怖いし、義経も怖いのでそりゃ帰るわ。

そして急にまた出てきた木いちごじいちゃん。
ハンニバルは義経が気に入ったらしいのでお供するらしい。
これにはあの義経も戸惑うしか無い。
なんだこのジジイは。

だが、与一もぶっっちゃけ木いちごじいちゃんであることしかしらないジジイだった。
なんだこのジジイは。

そしてハンニバルは黒王の帝国をずたずたにしようよ!たのしいぞう!とかやべーことをいきなり口走るのだった。
あの義経ですら「このじじいやばいぞ」としか言うことが出来ない。
与一に至ってはヤバいものどうし仲良くすれば?である。

そんなハンニバルはノブの考えることなどお見通しだった。
覚醒したハンニバルは廃城に籠もって耐えられるだけ耐えることしか手段はないことを理解していた。
しかし、籠城は城外に城を助けるための野戦軍がない限り落城決定!

そこでハンニバルは義経に悪いことを提案する。
ハンニバルが義経に足りない脳みそをやることでなにかをしようとしている!
話の流れ的に野戦軍をなんとかする気らしいが、このおじいちゃんとイカレポンチでどうする気なのか…?
そしてその上で信長が抱いた悪い予感とは?

でも黒王軍に土方と義経がいなくなったならチャンスでもあるのだ。

ドリフターズ7巻!80話「老人と子供のポルカ」ネタバレ感想

めちゃくちゃヤバい黒王軍にいたのでそのヤバさは重々承知の義経に勝たせてやると豪語するおじいちゃん。
何をどうしようっていうのか?
しかし、ハンニバルは義経はなんとなくわかってるんじゃないんか?
だから離反したんだろ?と見抜いていた。

なーなー 村とか城とか攻めて皆殺しにした事とかある?

なーなーで言う事じゃあないが、おじいちゃんの言う質問じゃないんだよなぁ。
これにはYESと答えた義経も、国の人間皆殺しは不可能だった。
そう、無理なのである。
人は逃げるし隠れるし紛れるし、絶海の島とか砂漠の孤国でなければ一人残らずは無理なのである。
つまり、黒王が人間を皆殺しにするのは根気よく「人狩り」を続ける必要があり、何年も何十年も、下手すると何百年もかかる無理難題なのである。

黒王のやり方を見て義経は虐殺の素人と思っていた。
そして本人はそんなにしてないとブチギレるめんどくせえ虐殺の玄人のおじいちゃんは、こう提案する。

おじいちゃんといっしょに国をおっ建てんか

こうして、三十路の漆黒の髪を持つ少年王と知恵者の老師が迷える民を率いて北方に偉大な王国の建造計画が勃発した。
籠城するノブと与一、流民を集めて黒王を狙う義経とハンニバル。
つまり、ハサミ打ちの形になるな…。

ドリフターズ7巻!81話「本能スピード」ネタバレ感想

菅野とタツオで逃げ切った豊久は空母・飛龍にいた。
目覚めてすぐここどこやねん的なことを言った豊久だったが、だがそれが菅野の逆鱗に触れたッ!
それが助けてもらったモンへの口調かぁ!テメー親から教わんなかったんかクラァ!
正論すぎる菅野に素直に豊久が謝ってる!素直ないい子だなぁ。

だが、思いっきりぶん殴られる菅野さん。

助けちもろうたら感謝せい 殴られたら殴り返せち 親っどから習うたわい

親から教わったことは感謝だけじゃなくて、やられたらやり返せもあったのだ。
そういえばそういう家系だった。
誰か大人を呼んできてくれ。
もはや収集がつかない喧嘩に勃発したが、山口多聞が登場し落ち着くのだった。

そして、ついに豊久が大名であることを知った菅野は「やっべぇ…大名ブン殴っちまった」とやべーやつをぶん殴ったことに気づいてしまう。
だが、すでにローマ帝国の救国英雄を蹴り飛ばしていたので無敵だった。

そしてお勉強ターイムが開始され、スキピオが登場する。
お勉強する態度じゃない2人にどうするのか。すでに学級崩壊してるんだが。
お題は「関ケ原の戦い」であり、豊久が異世界転生したきっかけの戦である。
菅野はイエヤス見た?とか興奮している。

この戦いのことなど知るはずのないスキピオに東軍と西軍どちらが勝ったか質問すると…。
質問に質問で返すのだった。

この東軍の総大将の家康の軍歴は?軍事以外の才覚は?
軍歴は約40年以上で超一流と言ってよいのが徳川家康である。
布陣図に西軍の総大将が書かれてないんだけどなんで?
西軍の総大将「毛利輝元」ははるか西軍の王城にいた。この場の指揮官が誰なのかはしらん。
総大将となれば一応石田三成。
指揮は宇喜多が一応そうっぽいが最初だけ。
そもそも乱を起こしたのは上杉である。
誰がどこでどんな名分で動いているかわからないんか?
皆目よう判らんわい とにかくつっかかって来よる奴ばらは 西も東も全部ブチ殺しちゃろうと思うとった
勝ったのは東軍?西軍?
勝ったのは「東軍」断言できる 戦さの推移も判る
つまらない戦争だ

速攻どっちが勝ったか当てて見せちゃったスキピオ。
そもそも軍歴40年を超す上に大政治家の総大将・家康が戦場の半包囲のど真ん中にいることがありえない。
毛利の代将が動けない仕組みがあり、小早川は寝返っていることも当ててみせた。
包囲されている様に見えるが、家康には包囲している様に見えているので後半で士気の落ちた時点で一気に襲いかかってくる仕組みである。

雑軍の末路の典型なのでつまらんとの回答だった。

これはスキピオぶっ殺されるんじゃないんですかね。
現場にいた豊久が単純にぶっ飛ばす図しか見えないですよ。また英雄がぶっ飛ばされる…。

ドリフターズ7巻!82話「世界は僕らの言いなりさ」ネタバレ感想

とどのつまりは全くの徒労

負けるべくして負けるべくした者らが負ける至極つまらない戦場

正論は馬鹿には通じない。
やはり予想通りぶん殴られるスキピオ。
本当のことを言っただけなのに…。

しかし、ぶっ飛ばした豊久自体も「くだらなか戦」であることを理解していた。
じゃあなんで殴るのか。
その場にいなかったくせにベラベラとうぜえからぶん殴ったのである。
めちゃくちゃわかる。
でもふつうはぶん殴らないのである。

スキピオならどうしたか?
己が持ち場で死ぬまで戦う or 馬鹿馬鹿しくなって家に帰る

ようやく飯が食える2人をよそに提督とグ=ビンネンのシャイロックは語りだす。

四方を海に囲また小さな島国であるグ=ビンネンは大陸から海で隔てられている。
なので黒王だろうがなんだろうが船が必要であり、片っ端から焼き潰すことのできる海軍がグ=ビンネンには存在する。

そして、シャイロックは大昔に流れ着いたドリフターズが持っていたとされる「信仰の経典」を見せる。
聖書だった。
シャイロックの祖先に大昔のドリフターズは神や救世主の奇跡を説いたのである。
病を治し、傷を癒やし、食物を無尽に増やし分け与えたらしい。
つまり黒王と同じことをしている。

もしその奇跡の他に黒王ができたとしたら、モーセのように海を割ったような奇跡ができたら…詰むのである。
海という壁も海軍も何の意味もないのである。

海を割る方は知ってるスキピオは先程自分が行った「家に帰る」選択肢を取ったのが自分をぶん殴った豊久とかいう蛮人の家系と知る。
敵軍のド真ん中を中央突破して帰宅した島津あたまおかしいと高評価である。
狂人でなくば思いつかん。狂ってないとやらないことだが、狂っていてはやれないことなのである。
なにいってんだこの天才。

だが、この天才はそれをやった人物をもう一人知っていた。
雪のアルプスを象で越えて攻めてきた宿敵「ハンニバル」を。
木いちごおじいちゃんワイルドすぎる。

そして知っているからか、スキピオは提督に「私達のアレを島津にやらせる」ことを提案する。
なるほどね。アレね。あれってなんだ?

ドリフターズ7巻!83話「喇叭擊突ヶ響」ネタバレ感想

黒王軍の補給地を偵察してたブッチとキッドも戻ってきて役者は揃った。
警備はザルで物資は野積みらしい。
後ろで飛行機酔でゲロっ吐き野郎と化した主人公にドン引きするプッチだったが、彼らが合流する前に豊久にはこんなエピソードがあった。

豊久は信長たちのいる廃城に当然戻る気満々だったので、スキピオが言ってた「アレ」とかやる気なしッ!
黒王軍が廃城に押し寄せるの確定なのでわかる。
だが、提督は戻った所でできることは知れていると正論を突きつけるのだった。

そもそも守戦向きじゃない豊久は城を守った経験がない。
完全に「やればできる」とか目が泳いでる。
やればできるじゃないんだよなぁ。

城に戻ることよりも有意な事「2000年後の戦」大作戦である。
この提督も耳を疑った「思いつき」により、スキピオは2000年分をあっという間に追いつき追い越している天才と理解したらしい。
つまり、黒王の弱点を攻める。

食いもの

これが黒王の弱点らしいが、アイツ手からからあげを出すスタンドみたいに食料を出すのに食い物が弱点のわけがない。
しかし、それを知ってなおにっこりするスキピオの作戦とはなんなのか!?
無限に出される食料を奪い続けて廃城へパスするしかないけどそんなこと可能なのか?

ドリフターズ7巻!84話「Surfine’ Bird」ネタバレ感想

いくらでも食い物があったら飽きる最前線。
そして、にわか農業を始めてしまうレベルで後方地は飢えている。
にわかが農業を舐めるなということである。

信長と話してるみたいで意味不明な豊久に対し、ノブを大隈重信だと思ってる菅野さん。
いや、その人よりも現代ではもっと有名なんだよな。女体化とかしてるし。

つまり黒王軍には技術がない。
飯を保存出来なければ陶器も作れない。
黒王が近くにいる前線から後方に食い物が送られるという普通は逆の状況なのである。
しかも化け物が人に代わるということは、めちゃくちゃだるくてもやめらんねえ!
にわか文明だ!黒王はにわか。

このにわか文明を破壊する!
生物であれば飯に困らないから余裕がぶっこける。
国は余裕があればこそだ!
なくなれば…獣なのである。
獣は黒王を救世主扱いしない…つまり同族同胞も食らう獣に成り下がるのだ!

だが豊久には意味がわからないのでとりあえず蹴られるスキピオ。
そのドヤ顔が気にくわねえ。
とりあえず飯は燃やせええええ!!

ドリフターズ7巻!85話「Fortunate Son」ネタバレ感想

一切合切黒王の食料を燃やし尽くせ!
ここまで難しくてスキピオに無慈悲な暴力しかしてなかった豊久が大活躍である。
なんか当然向こうサイドも怪物が出てきたが種子島で一撃よ。
いや、抜刀もしてた。相手は死ぬ…???

刀折れてるじゃん。
じゃあ仕方ない。ジョースター家の最終手段…逃げるんだよォォォ!!

なお菅野がケンタウロスに攻撃してくれた。
野蛮人の豊久でも感謝とかするんやなぁと大満足である。
だが、豊久は上からわけわからん乗り物でいいとこ持ってく菅野にキレてるのであった。

だが…廃城が落ちればおしまいである。
全ておしまいだ!!

ドリフターズ7巻!86話「人間大統領」ネタバレ感想

人間狩り!
オークがやりたい放題してる場に現れたのは、今回表紙の源義経だああ!
なんでこいつ裏切ってんだふうなことをごちゃごちゃ言ってそうなオークを「うるせー!」である。
妖怪首置いてけ2号かな?

そして、雑魚どもの有象無象の民草に対して、上から目線で邪悪な魔王感すごい義経様。
これでは救世主ではない魔王だ。
ハンニバルに世界を滅ぼす側みたいな顔はやめろとツッコミを入れられるも、さっきまで滅ぼそうとしてからしょうがねえ。
だが、この顔に着いて来るやつなんてろくでもねえ。
耳が痛い義経は納得し、リテイクである。

きれいな義経になった。やればできる子…。

がんばれ義経…。いや、救世の皇子九郎様…いや、クロウ様。
おまえは助演男優賞だ。
アホっぽいと心を許すのだ。確かに。

なお、廃城にはまだノブたちは戻っていなかった。
終わりかよ!絶対次の巻出るまでにこの流れ覚えてないぜ。

しかし、久々に見てもいちいちギャグ顔とかっこいい顔の差が激しいな。素晴らしい。