NO IMAGE

ナイトクローラー

よーし!ブログ更新するぞー!
と思った矢先にやる気なくなったので、mixiから昔の日記取って来ました。
これがタオカス更新手法だ。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金曜夜。それは人々が胸踊らせる幸せな時間。
そんな時間なのに俺ときたら不幸だった。

所用で車で新宿に行った俺。
深夜の新宿ISETAN前に俺はいた。

停車中に携帯で電話してたんだけど、
ふとバックミラーを見るとパトカーが!

俺「あ、あれ?停車中って携帯かけていいんだっけ?」

パニくった俺は携帯を瞬時に切り、とりあえずごまかそうと狭い車内でシャドーボクシングしてた。

警察「ちょっといいかな」

俺「んあ!?」

何故か職質にかけられた俺。
聞けば携帯電話の話ではなく、この僕が刃物を持ってるか調べるから車内見せろとのこと。
っていうかさっきぐぐったら停車中はかけていいらしい。

俺「別にいいですけど」

警察「ふふん。」

なんかいらつくけど見せた。
このままではただ無駄な時間を過ごしてしまうと考えた俺は
実は道に迷っていたこともあり、とりあえず道を聞こうと切り出した。

俺「この辺に今日用あったんですけど、ナビがバグっちゃって困ってるんですよー。」

警察「あの大通りを左に曲がると池袋だよ。」

聞いてねえよ。
もうこいつは駄目だ、頭おかしいと思った俺はこれ以上聞くのをやめた。

15分後、職質が終わった後の捨てゼリフ
「この辺いっぱいパトカーいるから、また声掛けられるかもね。ふひひ。」
という捨てゼリフが気になったがようやく解放された。

とりあえず車内で一息ついた俺。
俺「警察に声掛けられたのなんて数年ぶりだな。やれやれだぜ…。」

警察「すみません。ちょっといいですか。」

俺「なん…だと…」

ものの30秒で再度職質される俺。どういうことなの?死ぬの?

俺「今職質されたばっかなんですが」

警察「うん。知ってる(笑)」

俺「(笑)じゃねえよ。
じゃあ声かけんなボケエエエ!民間人舐めんなよ公務員のハナクソが!市ね!」
と言いたい俺。我慢した。ミスターポポ我慢した。偉い。

まあ、これはすぐ解放されたんだけどこの後再び悲劇が。
用をすませて車を走らせた20秒後の話である。

警察「そこの軽自動車止まりなさい」

俺「もういやや…。」

ライト付け忘れてた。
許してもらえた。ミスターポポ運いい。でも不幸。

ものの一時間で3度もパトカーに声掛けられる深夜の街新宿。
車で走る際にはご注意ください。

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・

不審車に乗った不審者がいたら、ポリスも黙っておりませんよといったところだ。

たおの超クソカス日記の最新記事