クラピカ追憶編ハンターハンター0巻ネタバレ感想と考察!旅団とクラピカ全員死にますが現実に!?

       

Last Updated on 2022年11月21日 by たお

ハンターハンター0巻!クラピカ追憶編感想!この平和な村の住人がウボォーギンを評価させたほど強いのか?

映画の特典がジャンプに載ってたァ!
なんと、クラピカがショタ時代ですね。

なんかめっちゃ明るいんだけど。
この子供があの性格になるとか。一体どんな悲劇があったのか…。
なんかめちゃくちゃ平和な村なんですけど。
このあと起こる悲劇を知ってるからかなんともいえんなー。

しかし、この村の住人…とてもウボォーさんが滅茶苦茶強かったと感想を述べる方々には見えないな…。
念能力すら使えなそうだけど…。

クラピカママもパパも弱そうだけど…。
実は激強念使いなのか?全員エンペラータイム使えるのか?

ハンターハンター0巻!クラピカ追憶編考察!幻影旅団がクルタ族を滅ぼしたのはガチ!じゃあ何故滅ぼしたのか?

本当にクルタ族を滅ぼしたのは幻影旅団なのだろうか。
本当にお宝目当てだけで滅ぼしたのだろうか?

賊はあの手この手で怒らせ目を赤くしてから、両眼をえぐり取ったらしい。
最近いいやつっぽい雰囲気を出してるけどフェイタンとか拷問好きらしいし、やるよあいつらは。
そして、幻影旅団がクルタ族と戦ったのは団員のセリフから間違いない。

「ありゃあ大仕事だった。あいつら強かったな…その生き残りか」(ウボォーギンさん)
「団長がいたく気に入ってた」(ウボォーギンさん)
「緋の眼…思い出した。目が赤くなる連中ね」(パクノダさん)
「生き残りがいたということか」(フェイタンさん)

クソツヨだったクルタ族だったので、流星街から幻影旅団に始末依頼があったと思われる。

つまり、流星街の目的は「報復」だった。
そして流星街はクルタ族の始末を幻影旅団に依頼した。
旅団が引き受けた理由が「緋の眼」というお宝だった。
こう考えると自然な流れである。

でも、「何も奪うな」ということは、クルタ族が何かを流星街から奪ったことになる。
クルタ族は外の世界と関わらずに隔離して生活してきたのに何を奪ったっていうねん。

ハンターハンター0巻!クラピカ追憶編感想!シーラが怪しすぎるけど何もなかった…

シーラというハンターがクルタ族の村に迷いこんできました。
このシーラのおかげでクラピカとその幼馴染のパイロ君が外の言葉を覚えたみたいですねー。
っていうか言語の違いあったのかこの世界。

シーラさんかなりかわいい系キャラなんですけど、怪しさプンプンです。
この人何しに来たのか?
本当に迷い込んだだけならこんな意味深に出すわけがない。
間違いなく旅団の関係者に違いない。

  1. クロロに依頼されてクルタ族の森調べてた
    シーラはハンターなので、まあなんでも屋さんだ。
    そのシーラにクロロがクルタ族について依頼をしたケース。
  2. シャルナークに操作されてた。
    携帯する他人の運命でシャルナークに操作されてクルタ族の森を探らされた。
  3. この頃は幻影旅団の一員でクルタ族の森を調べてた。
    シーラが流星街出身で、実は初期メンの一人だったケース。
    あのメンツの中ではゆるふわ系なので、操作にうってつけだった。
  4. 単純に探究心から調べてたが、このあと旅団に拉致されてシーラを通じてクルタ族の存在が知られる。
    シーラが流星街出身で、クロロの幼なじみだったケース。
    昔、シーラがクルタ村の場所を知っていた旅団が、シーラを拉致して聞き出した。

この話を冨樫先生が書いたのは10年前であり、それを書き直しただけということを考慮すると…。
そして、なんで怪我治りそうになったら、怪我するって繰り返してんのか。
ただのドジっ子であることを推したいところである。

ハンターハンター0巻!クラピカ追憶編感想!幼いクラピカがゴンっぽい。

シーラのおかげでさらに外の世界に憧れてしまったクラピカ。
彼は試練を受けることに。
なんか90分かかるテストに3分で答えるというマジキチっぷりを発揮して最終試練開始!

これは相方を指定して買い物してくることである。
目薬を指すことが条件で、その目薬は一回緋の目になるとしばらく戻らない。
緋の目になったらゲームオーバーである。

買い物中に緋の目になったら秘密バレちゃうじゃん。
ジジイは秘密を守る気あるのだろうか?

そして、クラピカが選んだ相方はパイロである。
ツェリの椅子の後ろにある生首がパイロじゃね?とまことしやかに噂されているパイロである。

「お前でなきゃダメなんだ!!」

おいおい。GI編のドッヂボールのときにゴンがキルアに言ったのと同じじゃん。
クラピカ完全に子供の頃ゴンじゃん。
ゴンがゴンさんにならないでピトーが存命、ジンと会えずに、カイトが転生してなかったらクラピカコースもあり得たなこりゃ。
親友に絶対の信頼感を置くのもゴンと似ている。

クラピカはゴンだった?

ハンターハンター0巻!クラピカ追憶編感想!ショタクラピカ緋の眼バージョン強い

デパートに買い物に行くクラピカとパイロの前に現れるチンピラ。

「命にやりとりになんぞ!?」

ひぃ!怖い!
しかし、警察の名が出た途端、謝罪してしまうのだった。ださい。
しかも緋の眼になったクラピカの圧倒的パゥワーのナスすべなくフルボッコに…。
これは緋の眼状態ならキルア(念なし)並のポテンシャルあるな。

しかし、チンピラをボコったのはいいが、クルタ族であることがバレてしまう。
デパートでよくしてくれたババアに石を投げられてしまう悲しい結果に。
クルタ族嫌われすぎだろ。
そりゃあレオリオさんも薄汚えクルタ族の血とやらを絶やそうとするわ。

最終試験はパイロのおかげで合格。
目薬をパイロがすり替えていたおかげで緋の眼モードはすぐ終わったのである。

「だからクラピカもボクと約束して
クラピカが戻ってきたらボクが1つだけ質問する
楽しかった? ってボクが聞くから
心の底からウンって答えられるようなそんな旅にして来てね!」
「ああ 約束する!!行ってくるよーーー!!!」

こうしてクラピカは旅に出たことで、クルタ族大虐殺には巻き込まれなかった。
なんかのほほんとした話なのに、この後起きることがやばすぎる。

でもクルタ族は何故嫌われていた?
興奮したら理性失っちゃうようなやべえやつだから嫌われているのか?
そんなやつクルタ族じゃなくてもいっぱいいるだろう。
つまり別に原因があるのでは?

「我々は何ものも拒まない だから我々から何も奪うな」クルタ族が実は旅団から何かを奪ったから虐殺されたのではないか?

クルタ族虐殺の事件がニュースとして全世界に報道されたのはこの6週間後のことである。
当時の新聞には次のように記されていた。
発見したのは森に迷い込んだという旅の女性。
村人は128人全員が殺されていた。
家族はそれぞれ向かい合わせに座らされて体中に刃物を刺され生きた状態で首を切られていた。
純粋なクルタ族は全て両目がえぐり取られていた
外から嫁いでくるなどして入村した者は眼球は残っていたが
潰されるなどしていた。
傷の数も一族の者よりはるかに多く無残であった
(成人男性の傷も多かったがこれは捕われる前に賊と争い抵抗した際に生じたものとみて間違いない)
そのことから推察するにまずクルタ族の血族以外の者をみせしめに傷つけ怒りと悲しみで緋の目に変わった者を次々と落としていったものと思われる。
これは怒りによって達する緋の色が最も深く鮮やかであるとして闇の世界では高値が付いていることからもうかがえる。子供の方が傷の数が多く無残で会ったのも親にその苦しむ様子を見せつける事でより鮮やかな緋色を発せさせようと賊が目論んだものと考えられる。
「我々は何ものも拒まない だから我々から何も奪うな」

クルタ族を虐殺した際に残されていた「我々は何ものも拒まない だから我々から何も奪うな」のメッセージ。
クルタ族を滅ぼしたのは幻影旅団である。
でも、襲撃後にわざわざ幻影旅団がメッセージを書き残すのか?
フィンクスとか流星街のやり方に文句つけてたし、わざわざそんなことするかな?

このメッセージはそもそも流星街の住人が毎回残す手口である。
彼らは流星街から物や人を奪うと自爆テロしてくる。
なお、ヒソカVsクロロのときにこの自爆テロという名の同胞を爆弾に変え、メッセージを届ける念能力が流星街の長老のものだと判明した。
つまり、長老が残したのである。

おそらくクルタ族は流星街から何かを奪った。
もしくは、同胞を殺した誰かがクルタ族の中にいると考えるのが自然である。
お宝は「ついで」だったのではないか。
王位継承編でも、シャルトピの仇を撃つためにヒソカをぶっ殺す方を旅団は優先させている。
カキンのお宝は二の次なのだ。

ハンターハンター0巻!クラピカ追憶編考察!シーラは現在の時間軸で死んでる?

つまり、ネタで言ってた、薄汚えクルタ族とやらがいたのだろう。

のほほんとしてはいたが、排他的かつ、カルト的な村でもあった。
例えば、流星街から人身売買でもしててもおかしくはない。
そうでなくても、もしシーラが流星街出身者なことが395話で確定してしまった。
勝手に村に入ったシーラをクルタ族が殺していたら…。

それにしても冒頭に書いたのはやりすぎだろ…。
親の前で子供が苦しむ様を見せつけて、怒らせる。
その上で生きたまま首を掻っ切るとか…。マジかよ…最低だなノブナガ…。
これで、首謀者に「コーヒーブレイクうめえ」とか言われたらそりゃ切れるわ。

シーラはクラピカたちにD・ハンターという本をあげている。
この本がきっかけでシーラはプロハンターを目指すことになったという「プロハンターを目指した人」である。

選挙編でハンター全員集合してるのにシーラの名前はなかった。
もし、ハンター試験に落ち続けてるならゴン達のハンター試験にいたはずである。
つまり、すでに死亡している可能性が高い。
もしくは、死亡した扱いになっており、暗黒大陸にいるのかもしれない。

この0巻ではシーラは外の世界と言っている。
これは暗黒大陸の意味なのかもしれない。

関連記事

ハンターハンター(HUNTER×HUNTER)396話の登場人物からの感想ヨークシン編でクラピカがパクノダへの交渉をしているとき、団長とゴンキルアの人質交換するときのことである。この時点でセンリツはパクノダの心音を聴いて心の中でこう[…]

ハンターハンター0巻の冨樫先生の質問への回答!「全員死にます」って今見るとガチなんじゃ?

  1. 「クラピカ追憶編」が生まれた経緯
    クラピカと旅団の因縁をお互いの側面から描いてみようとしたことから生まれたのがこのお話である。
    つまりクラピカ視点のA面がこの話。
    B面は原作で書かれるはず。
    B面は旅団視点なのだろう。
    つまり、真祖は原作で書かれるということなのである。…書かれるのか?
  2. 旅団で一番お気に入りなのは団長
    クロロは「決まったことだからがんばる」という性格の設定らしい。
    望んで団長になったわけではないし詳しく原作で話すらしい。
    元々は盗賊ではなく流星街を守ってる系組織だったのが闇落ちして今に至るとかかな?
  3. クラピカと旅団の今後について
    「全員死にます。」が初め見たときはギャグにしか見えなかったけど…。
    クラピカはエンペラータイム使いすぎで寿命なくなって過労死、旅団はヒソカに殺られる未来しか見えない。
    これ…ガチなんじゃねえのか?

関連リンク

ハンターハンター本誌感想

※横にスライドできます

ハンターハンター関連リンク

※横にスライドできます

ハンターハンターコミックス感想

※横にスライドできます

29巻30巻31巻32巻33巻34巻35巻36巻37巻38巻
39巻40巻41巻42巻43巻44巻45巻46巻47巻48巻

幽遊白書関連

※横にスライドできます