恥知らずのパープルヘイズ

人が敗北する原因は…『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。
あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。
『恥』のために人は弱り果て敗北していく。

ジョジョ6部のラスボス。「プッチ神父」の名言なのですが。
5部の「彼」はまさに…。仮に彼が、5部終了時の状況を知ったとしたならば、
まさにこんな感じの気持ちだったのではないだろうか。
あのとき裏切らねばよかった。あのとき何故自分は…ナランチャに続いて泳いでいかなかったのかと。

だが本当に恥知らずなのか?確かにあの状況では…。
彼は恥ではないのではないだろうか。
偉大なるボス(実はへたれ)を敵にまわす状況下になれば…俺だって彼と同じ行動を取った。
誰だってそうする。俺もそうする。

だが、この漫画は「ジョジョ」である。
受身のモブキャラはジョジョの奇妙な冒険に必要なしッ!
そう荒木飛呂彦先生に判断され、途中でフェードアウトしてしまった彼…。そう!

みんなの「パンナコッタ・フーゴ」が帰ってくるッ!!

それも小説でだッ!!!

「ジョジョ」ノベライズバトル 第1弾

“上遠野浩平 VS GIOGIO”!
『恥知らずのパープルヘイズ』
9月16日発売決定!

恥知らずのパープルヘイズ

マジでかッ!!
本当にフーゴでいいのか!?フーゴですよ!!?

なぜだ…正気じゃあないぜッ!どういう物の考え方してるんだ!?
5部でイルーゾォ相手に、戦闘もろくすっぽした事のない
スタンドも全然使えなかったフーゴなんかのために!
ブチャラティチームに無関係と言ってもいい男なんだぞッ!

オレたちは、フーゴがスパゲッティを食べさせようとすることしか知らないんだぞッ!

そんなフーゴさんを起用するとは…!
おもしろくなってきた……

最悪であまり売れないという犠牲は必要だが…
このフーゴと上遠野浩平の「責任」は!「覚悟」が道を切り開く!

上遠野浩平ッ! おまえの命がけの行動ッ! ぼくは敬意を表するッ!

え?そもそもフーゴって誰だって?
そんな奴5部にいねーぞこの腐れ脳みそが?

「腐れ脳みそ」…。その文庫本専用の暴言を吐いたのが、殺人ウイルススタンドを持つフーゴさんですよ!

思い出させてあげるッ!!

初登場シーンはナランチャに算数を教えていた。
なんて立派な奴なんだ。あんな馬鹿そうな奴に教えてあげるなんて。
しかもルックスもイケメンだ。

16×55=28

フーゴ
「何これ……?」

ナランチャ
「へへへ♥ 当たってる?」

フーゴ

ナランチャ
「あぎゃアアアーーーッ。」

フーゴ
「このチンピラが、オレをナメてんのかッ!
何回教えりゃあ、理解できんだコラァ!
ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ、この……
ド低能がァーーッ

ドグシャアッ

なんだこいつはッ!!
キチガイすぎるッ!!とんでもねー部だぜ!5部!
当時の僕は初めてフーゴさんを見たときそう思った。

だけど、そのあとの『漫画史上最強の新人いびり』「アバ茶」のインパクトが強すぎたことにより完全に忘れ去られたのだった。

ちなみに文庫本版は「ド低能がァーーッ」から「腐れ脳みそがァーーッ」に変更されました。
理由は低能とか差別用語だから。ひどい言葉ですからね。
どう見ても腐れ脳みそのほうがひどいけど。

そして、数々の名台詞を残していくフーゴ。

落ちぶれたナランチャをブチャラティのところへ連れて行った回想シーンで一言。

「こいつにスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」

さすがイタリア。スパゲッティが食事のデフォルトだぜ。
明日の昼食はスパゲッティを食おうと思いますがかまいませんね!!

そして、アバッキオ⇒ミスタ⇒ナランチャときてついにフーゴの見せ場がやってきた!!

VSイルーゾォ!!

イルーゾォと対峙して一言。

「違うね! ……死ぬのは、ぼくの能力を見るおまえの方だな。」

なんてかっこいい男なんだ!!
イルーゾォの能力でスタンドが使えなくてフルボッコにされなければかっこよすぎる!!
かっこわりー!!
ちなみにフーゴ自慢のスタンドはひたすらヨダレ拭いてた。ヨダレを拭く能力かよ(笑)

とか思ってたら、殺人ウイルスを使うらしい。
強すぎる。こいつはやべーぜ!!
ボスも一撃だ!!だから消えた!!
ボスの娘のおっぱい揉んだり、ボスの娘に服をタオル扱いされたり、むしろ服に穴あいてたりして消えた!
荒木も使いづらかったんですねッ!!

思い出しましたか。フーゴ。
え?誰だこいつ?ペリーコロさんよりも影薄いんじゃねーかですって?
まあ、否定はしません。

ちなみに、僕のフーゴ関連で一番好きなシーンはここです。

フーゴ2

ミスタが車にダイブしたらたまたま乗ってたフーゴが大ダメージを追ってるシーンです。
とてもフーゴらしいシーンです。

さて長々と書いてしまい申し訳ありませんでした。
つい、フーゴのことになると熱くなってしまいます。

あ。そういえばちなみに、僕はフーゴが嫌いです。

ではまたの機会、恥知らずのパープルヘイズ購入後にまたフーゴについて書くその日まで…。
フーゴよ。アリーヴェデルチ(さよならだ)。

ジョジョの奇妙な冒険 恥知らずのパープルヘイズ
(2011/09/16)
上遠野 浩平、荒木 飛呂彦 他

商品詳細を見る

 

ジョジョ小説&関連本&スピンオフ感想の最新記事