PlayStation VITA

  • 2011年6月8日
  • 2020年9月26日
  • ゲーム
  • view

じつは携帯ゲーム機を多数所有しています。

PSP3台
DS2台

PSPの一つ目はゲーム用。

二つ目は車についてます。
主に用途はテレビの視聴ですね。昔はMAPLASU2というナビを使ってましたが如何せん制度が悪い。
声優さんがナビしてくれるのは面白い発想だったのですが…。

三つ目は部屋で見るテレビ用。

A.jpg

どんだけテレビ見たいんだって感じですが、これがあると結構便利なものなのです。
どうせ2つはヤフオクで落としたし。

ちなみにDS2台はポケモンで過去作からデータとってくる用にもう一台をヤフオクで安くゲットしました。

そんな携帯ゲームフリークな僕の前に期待の新星が!!

★SCE、次世代携帯ゲーム機の名称を「PlayStation VITA(PS Vita)」に決定

・ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、6月7日、コードネーム「NGP」で
開発を表明していた次世代携帯型エンタテインメントシステムのプラットフォーム
名称を「PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ、PS Vita)」に決定し、
2011年の年末から順次発売すると発表した。

「PS Vita(PCH-1000シリーズ)」は、Wi-Fiモデルと、3G通信機能を備えた
3G/Wi-Fiモデルを用意する。価格は、Wi-Fiモデルが2万4980円/249USドル/
249ユーロ、3G/Wi-Fiモデルが2万9980円/299USドル/299ユーロ。

前面にマルチタッチに対応した5インチの有機ELディスプレイを搭載。背面のマルチ
タッチパッドと組み合わせ、「触る・つかむ・なぞる・押し出す・引っ張る」という立体的な
感覚でゲームを楽しめる。本体前面の左右には、2本のアナログスティックも装備する。

このほか、前面・背面カメラ、ステレオスピーカー、PlayStation Vitaカードスロット、
メモリカードスロット、マルチユース端子などを備える。ワイヤレス通信機能として、
IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 2.1+EDRに対応。さらに、3G/Wi-Fi
モデルはGPSを内蔵し、3G回線によるモバイルネットワーク通信に対応する。
サイズは幅約182.0×高さ18.6×奥行き83.5mm(予定)。

プラットフォーム名の「Vita」は、ラテン語で「Life」という意味。エンタテインメントと
現実の境界を越え、日々の生活そのものを遊びに変えていきたいという気持ちを
込め、次世代携帯型エンタテインメントシステムに相応しい名称として名付けた。

http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201106070012.html

安いッ!!

3DSとはなんだったのか…。
ソニーッ!おまえの命がけの行動ッ! ぼくは敬意を表するッ!

Wi-Fiモデルが2万4980円
3G/Wi-Fiモデルが2万9980円

とありますが、スマホを持っている僕としては、
外でスマホ、家でWi-FiモデルPS Vitaが一番捗るのではないかと。

PS2のゲームとかもできるようになるのかな?
オラわくわくすっぞ!!

特に注目すべきは2本のアナログスティックですね。
PSのコントローラに近づいた!

何はともあれ待ち遠しいですな。

ゲームの最新記事