リラックマから学ぶ格言

リラックマ生活9を買いました。

ストレスだらけのこの糞みてえな社会にはこのような癒やしは必要不可欠です。
この本はリラックマとほか二疋の生活からひとりごとという名の名言が収められています。
このリラックマとかいう生物ですが、ニート王の名を冠しているだけあり、なかなかの名言ぞろいです。

DSC_0221[1]

なにもしない日がないと
毎日なにしてるかわからなくなりますよ

ドラえもんで野比のび太君が、”昼寝は時間を無駄にしているんじゃない全力でのんびりしているんだ”
と言っていましたが、これも似たような感じ。
たしかに何もしない日は大事ですよ。
僕は毎日何もしたくないのですが。寝たきりになりたい。
近くの未来が見えなくても
遠くの未来なら見えるかも

今の仕事とか収縮する気配がまったくないので先が見えない。死ねばいいのにと思うのですが
大学職員とか公務員とかまったり職種にツイてる未来を想像するとニヤニヤできます。
立っているこの場所は
だれのものでもなく自分の場所

私だ。
逃げるんじゃないんです
まわりみちするだけです

大切なのは、『真実に向かおうとする意志』だと思っている。
向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、
いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな。
でも俺は自然と近道を選んでしまう。ダメな男さ…。
見なかったことにしちゃいます?

もう全部見なかったことにしたい。

こんな感じで適当にページ開いただけでもなかなか深いことを言っているので
けっこうおすすめ本です。
※横にスライドできます