Fate/Zero 第3話  「冬木の地」 感想

この私に勝利を!

ais.jpg

前回無謀にも英雄王を苛立たせてしまい
無残にも『ゲート・オブ・バビロン』の餌食になってしまったハサン

もはやギルガメッシュの独壇場。時臣もご満悦かた思いきや…。
さすがは、慢心王。性格に問題おおあり!

アーチャーの「単独行動スキル」を行使してやりたい放題。
赤い方のアーチャーは一応指示に従ってましたが、こっちは散策と称してひまつぶしてるらしいです。
さすがギル様。

そしてハサンを失った言峰綺礼は教会に向かいクルクルおじさんその1に匿われている…
フリをして暗躍を始めやがりました。

!?

asao.jpg

!!!?

asasa.jpg

ハサンがいっぱいや!!ハサン祭りだ!!!
さすが言峰!やることが汚い!!

ハサンA「ハサンがやられたようだな…」

ハサンB「フフフ…奴は100人のハサンの中でも最弱…」

ハサンC「英雄王ごときにやられるとは、ハサンの面汚しよ」

っていうか多すぎだろ!!!

そして、煎餅しか食ってないニート見てえな大塚ライダー

rais.jpg

ウェイバーがアサシンが無残にボロクズみたいにヤムチャみたいに殺されたことを伝えても無関心。
むしろミリオタ化してた。
ライダーがあんな戦闘機手に入れたらアメリカも終わりだよ…。こいつスネークじゃね?

むしろアーチャーのほうを教えろよ。生き残ったほうだろ?戦うのは?ということで
超豪快なデコピンをくらい大ダメージを負うウェイバー。俺なら死んでます。

そして、hollowで赤い二人がポーズしてた橋の上で待機中。

「帰りたい…イギリスに帰りたい……」

まだまだへたれているウェイバーと酒飲んで傍観してるライダーの視線の先には…。

rai.jpg

そして、近代兵器を構え、相方(嫁じゃない)と戦闘準備を進める衛宮切嗣
久宇舞弥にワルサーよりも体重が軽いイリヤについて嘆く切嗣。
イリヤ…。

!?

ki.jpg

おい!!!!
う、う、浮気や!!ハ、ハレンチな!!許せぬッ!!
なんか舞弥を呼ぶときの切嗣が「まぁいいや」って言ってるみたいでシュールでした。

小説でここまでやってたっけ?

切嗣が浮気している中、その使役しているはずのセイバーは、
アイリと入国しました。スーツセイバー!キタ━(゚∀゚)━!

s.jpg

一度も外に出たことがないというアイリに対し、
完全に観光モードになる二人。
そういえばイリヤもおなじこと言ってたな…。
俺なんて家から出たくないのに。

海が見たいというアイリを連れていくセイバー。

「セイバー、今日のあなたはとっても素敵なナイトだったわよ」

「光栄です。姫」

実に絵になる二人です。
なんかセイバーの声が変わったような気がしたけど、これはアイリを内心認めてるからなんでしょうね。
声優さんすげえ!
初見は、
「アイリ」>「士郎」>>>>>>>>>>セロハンテープ>>>>>「切嗣」
くらいの印象度合いだったみたいだし。

そして、ついに姿を表す最後のサーヴァント「ランサー」

ran.jpg

二本の槍を構えるランサーに不可視の剣「風王結界(インビジブル・エア)」を構えるセイバー。

eas.jpg

ついに次週から初戦が始まる!!
※ハサン(笑)を除く

今回から小説購読後の視聴となったわけですが…。
心情を知った上での視聴なので、見方はかわるもののやはり面白い。
いくつか今季アニメを見ましたがダントツですわ。

展開を知ってしまっているだけに、次週と次次週が楽しみすぎる…!
特に次次週の展開はこの作画のクォリティで映像化したら絶対やばいのではないだろうか…。

来週は予告的にウェイバーの「連れて行けばか」に期待w

Fate&TYPE-MOON作品感想の最新記事